がちゃ(D)のいいたいことを言うブログ

艦これ 夏イベ ~またあの夏がやってくる~

2016/08/02 20:50 投稿

  • タグ:
  • 艦これ
  • 夏イベ
  • 陸奥
  • 大型芸人
※注意
このブログは完全に気持ち悪い自己語りブログとなっております。

それでもいいという方のみスクロールをお願いします。

また、ブログ内で自分の丙クリアをフルボッコにたたきますが、これはあくまで自分の問題です。

他の方の丙クリアを非難するつもりは一切ありません。

艦これは提督の数だけ楽しみ方があるんですから。






















1年前、艦これの2015年夏イベは文字通り地獄となって提督たちの目の前に現れた。

2015年春イベE6甲よりも難しいといわれたE3

アイアンボトムサウンドで提督たちのトラウマを掘り返したE4

道中大破率のおかしいE6

そして、

装甲値333

対空値390

零時迷子

ギミック

数々の伝説を残した「防空棲姫」を旗艦としたE7





かわいい




ちがうこんなことを言いたかったわけではない。今回のブログはまじめに語るんだ脱線するな私。

さて、説明した通り2015夏イベの甲は多くの提督たちを苦しめたと「思われます」

ここで「思われます」といったのにはわけがあります。

はやい話が、これらの海域を私は「甲」でクリアしていません。

私は2015年冬に着任した提督でして、この時点でまだ半年ちょいの新参物でした。

そのときの練度がこちらです。どん





最高レベルは秘書官であり嫁である陸奥の89

最高が90に届いておらず、戦艦と空母以外の層も薄い。

この程度では甲でクリアするには程遠い練度だということが分かります。

それは私も重々承知で、できれば「乙」で、無理だと思ったら「丙」で完走を目指そうと考えていました。

そして挑んだ2015夏イベ。難易度は甲でなくとも、自分の練度では苦戦の連続でした。

それでも、周りの先輩方から助言をいただいたり、先行組の情報から自分の艦隊ならどう組めばいいか考えたり、足りない艦娘を育てたりとやりくりして

甲甲乙乙乙

とE1からE5まではクリアすることができました。

しかし、次のE6(乙)が強敵でした。

以下に当時の状況をメモしたものを載せます


削りはよかったんですが、ラスダンではまってしまいました。

ラスダン時ボス到達率17.6%

ラスダン中はほんとに地獄をみていた感覚でした。

特に9連続大破撤退の時は疲労抜きもしていたので時間的には3時間くらいでしょうか。永遠のように感じられました。

そして1番心が折れたのが一番練度が高かった陸奥のボス前大破二回

鮮明に覚えています。やったのはヲ級です。それも小破してないところからのワンパン大破。

なんとか意地でE6は乙でクリアしましたが、E7は初めから丙で挑み、無事完走。なんとか照月を獲得することができました。

クリアした当時は達成感のみでしたね。丙とはいえあの夏イベを完走したんだ。照月を獲得できたんだと。




























ひと月もすれば、それはやがて後悔となり、悔しさしか残っていませんでした。

それは1年経った今でも変わりません。むしろ悔しさは増しています。

後悔は一つ。なぜあそこで自分の限界に挑まなかったのかと。

今考えれば削りを含めE6はたった30回はまっただけです。陸奥も当時90程度。ワンパン大破はよくあることでしょう。

なぜそこで心が折れた。なぜ1回でも乙で挑まなかった。試しに甲を見に行ってもよかったじゃないか。

なぜ丙で初めから妥協した

しかし、この悔しい思いをしたからこそ、自分の艦これの楽しみ方に気付けた気がします。

やっぱり、下の難易度でクリアしても、達成感は少ない。悔しさが残る。

運営が用意したのなら用意してくれた中でも最高の難易度に挑みたい。そこをクリアしたい。

つまりは、あれです。


ALL甲でドヤ顔したいよな!!

こういうことです。

これが自分の楽しみ方!!人が何と言おうと私の楽しみ方はこれです。

ここからほんとうに艦これにはまりました。

そして、

夏の悔しさをぶつけ、初めてALL甲できた2015秋イベ(グラ―フは完全敗北)




重巡棲姫?なにそれ食えんの?と笑いながら踏み倒した2016冬イベ(グラ―フリベンジ達成)






慢心でイベ前日に大型をした

Bismarckは出なかった

資材は途中なんど0になったかわからない

E6はギミックが分からず跳ね返された

E5にギミックを置こうと考えたやつは今でも許してない

E7は6姫に跳ね返され続けた

見知らぬ人にばかにもされた

甲勲章を割ることも考えた

それでも、あきらめることはなかった、心も折れなかった

思考をとめず、たどり着いたE7ラストダンスS勝利

艦隊に本当の強さを感じた2016春イベ



























次は夏だ。

大和型はそろえたぞ。

Bismarckとの1年戦争も終えたぞ。

ケッコン艦は1年前の0隻から19隻に増やしたぞ。

90以上の娘も1年前の0隻から54隻に増やしたぞ。

主砲も魚雷も徹甲弾もダイハツも改修した。WGだってUちゃんを掘って増やした。

艦載機だってあのころとは別物だ。あの春だって超えてきた。

そして、1年前道中大破した嫁はこの1年一度も道中大破してないぞ。





ラストダンスで踊るのはうちじゃないお前らだ深海ども。

俺の掌で踊りやがれ。

1年間。うちの艦隊が黙っていたと思うなよ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事