ダンボール建築の人のブロマガ

遠方組は観光もセットで!ダンボール建築の人がおすすめする町会議の楽しみ方

2015/08/26 20:09 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ニコニコ町会議
  • 町会議
  • 石川
  • 石川県
  • ダンボール建築の人
  • 鼓門
  • ござれ祭り
  • 能登町
ハイサイみなさん、うぷあざ棟梁です。

 ニコニコ町会議in石川に行ってきました!能登町ですよ能登町!会場へは車で向かいましたが、富山を経由して、地元の人も通らないような能登半島の奥地にある細道をひたすらと走った結果、10時間以上かかりました…(のと里山海道を使いなさいよ!)

 皆さんはニコニコ町会議をどのように楽しみますか?ゲーム実況で笑ったり歌で盛り上がったり、アフレコを楽しんだり謎解きで頭を使ったり…私もそんな感じで満喫してきました。ニコニコのリアルイベントは楽しいです。


【会場着:開場前は小雨が降ったりやんだり】

 さて本題。町会議の楽しさは他の方も解説されているので、私はちょっと違う視点で書いてみたいと思います。

 町会議…町会議です。町でやっているのです。今回の私のように遠方からお邪魔する人にとっては、ニコニコだけで完結させてしまうのはもったいないと思います。せっかくなので、町を見てみましょう。どうせ日帰りできない時間と距離なのです。ゆっくりしていきましょう。

 会場に向かう途中に能登半島の奥地を車で彷徨った末に盆地に出ますと、田んぼや民家が広がる人里に出ました。ダンボール建築の人らしく、その土地の建物には自然と目が行きます。
 「なんか切妻屋根が多いな~」
早々にこれですよ。一人しか乗っていない車で唐突に声を出して建物について語り始めます。
 「屋根のそりがない。」
手間をかけずにコストを抑えた造りがこの地域の家・・・なのか?

 「それにしても、小屋組みがしっかりしている。屋根がとても頑丈そうに見える。」
コストを抑えるにしては矛盾している…
 「って、よく見ると垂木が多い!多すぎ!」
民家にしては多すぎではありませんかね…普通の民家の2~3倍、神社仏閣並の柱の多さですよ!豪勢すぎる!



 私は今回が初日本海側で、当然日本海側の建築については詳しくなく、これは後で調べる必要があるかなと思っていました。初の日本海を横目にドライブを続行していると…日本海側?雪だ!!雪かきしやすい反りのない切妻屋根に、雪の重みに耐えるための頑丈な小屋組みと垂木の多さ!なるほど!(会場に着く前にから既にテンションMAXの私…)

【能登の民家:まっすぐで頑丈な屋根は雪対策!(雑な絵で申し訳ない…)】

 会場に到着して地元の人に話を聞いてみると、「このあたりは雪が重いからね~」とのこと。雪にも重さの違いがあるのか…!(沖縄の私困惑) 建物を見ると、その地域の気候の違いが分かって楽しいです。町社会科見学ですね~

 町会議が終わり、繚乱たこ焼きが消化されて心地のよい空腹が襲ってきたので、お隣のござれ祭りを楽しむことにしました。イカご飯やサザエご飯、地鶏の唐揚げ、人気のジェラートなどを食べました。どれもおいしい!
 現在ニコニコ町会議では食べ物系の販売をしていませんが、今後もこれで良いと思います。町会議を楽しんだ後は地元の食を…という流れは、絶対おすすめですよ!


【幻想的なござれ祭りの夜景:キリコは数メートル!】

 ござれ祭りとは、石川県能登半島各地で行われているお祭りの一つで、キリコと呼ばれる灯籠がたくさん並びます。竹や木で作られた装飾が光で照らされ、風鈴の音と共に涼しみながらお祭りの夜景を楽しめます。ブルーシートなどを敷いてごろんと寝ころびながら、キリコと花火を見てゆっくりするのが地元流の楽しみ方のようです。


【キリコ:地区によって大きさや装飾が事なります】

 木材でしっかりと組まれた重厚な造りのように見えますが、意外としなやかでよくねじれます。このあたりが一般的なお神輿とは違い、少し揺らすと木材の軋み音が聞こえてくるくらい華奢です。ただ、人が担ぐ下の部分はとても太い木材で、かなりの重量がありそうでした。下側を重く上側を軽くすることで、担いで歩いた時に安定しやすくしているのでしょう(構造に目が行ってしまうのはもはや仕様です…)。


 翌日は金沢駅の例の門へ。


鼓門(つづみもん)という金沢駅の大きな門。こんな動画を上げておりますが、実物を見るのはこれが初めてだったりします。やはり実物は曲線が凄い!

 最後は金沢カレーとひっぱり餅をお土産に帰って参りました。カレーは濃厚なお味、餅は絵に描いたように伸びておいしいです。


【石川土産:ひっぱり餅の撮影前に食べちゃったことは気にしない】

 町会議も大いに盛り上がっており、ニコニコのコンテンツのまとめは大変充実していますが、開催地である地元に関するまとめが少ないように感じた次第で、今回は少ない語彙力を振り絞って記事を書いてみました。

 これから、特に県外など遠方から町会議に参加される方は、ぜひその地域の観光とセットで訪れてみてはいかがでしょうか?どのみちその日には帰れないのです(笑)  無理して帰らず、ゆっくり観光していくのが良いでしょう。


うぷあざ棟梁



↓ダンボール作品も宜しくです↓



2015年8月26日20:52 追記:
「雪かきしやすい」というより「雪が落下しやすい」の感覚が正しいとの指摘を受けました。
屋根に登ることはあまりしないそうです。


コメント

Ryou
No.1 (2015/09/02 00:57)
いいっすなぁ。昼間は町会議、夜は地元。
この繋がりが上手く機能すると結構贅沢ですね。
じっぱー
No.2 (2015/10/11 09:12)
うぷあざさん、ダンボールはどこで入手してますか?
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事