daibass77の今日のみ言葉♪

ニサンの月15日

2014/04/14 08:22 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • 教会
  • 月食
  • 聖書
  • 子供
  • クリスチャン
  • キリスト
  • 福音
  • 十字架
二人が行ってみると、イエスが言われたとおりだったので、過越の食事を準備した。

時刻になったので、イエスは食事の席に着かれたが、使徒たちも一緒だった。

イエスは言われた。

「苦しみを受ける前に、あなたがたと共にこの過越の食事をしたいと、わたしは切に願っていた。


言っておくが、神の国で過越が成し遂げられるまで、わたしは決してこの過越の食事をとることはない。」

ルカによる福音書/ 22章 13節~

過ぎ越しの祭の初日が近づいています。

過ぎ越しの祭については、ネットで調べてみてください。

今年、来年と天のしるしと思われることが、ユダヤのお祭りと重なります。

その第一弾が、今日になります。

2014年 4月15日 57774年ニサンの月15日 皆既月食

月食については、下記のサイトで調べてみてください、日本でも明日観測できそうです。

http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2014/04/15/index-j.shtml

また赤い月をみなさまも見られたことがあると思いますが・・・他サイトによると・・・
今日14日の日付が変わる頃、観測できるようです。

日本では、うっすら赤く見えるだけもしれませんが・・・。


そしてこられの天体の動きが、続く現象は、過去500年で3回しか起きてなくて・・・
それぞれイスラエルに関して動きがありました。


日々のニュース、自分が感じる霊的なこと・・・それらを思い合せてみると・・・
神様の時計が、動き始めていると感じます。
神様の時計とは、聖書の成就、ダニエル70週年の預言、そしてキリストが来られるその日に向けて。。

産みの苦しみ後、月が満ちた時、子が産まれサタンが天から落とされます。

また、天に大きなしるしが現れた。一人の女が身に太陽をまとい、月を足の下にし、頭には十二の星の冠をかぶっていた。
女は身ごもっていたが、子を産む痛みと苦しみのため叫んでいた。
また、もう一つのしるしが天に現れた。見よ、火のように赤い大きな竜である。これには七つの頭と十本の角があって、その頭に七つの冠をかぶっていた。

竜の尾は、天の星の三分の一を掃き寄せて、地上に投げつけた。そして、竜は子を産もうとしている女の前に立ちはだかり、産んだら、その子を食べてしまおうとしていた。
女は男の子を産んだ。この子は、鉄の杖ですべての国民を治めることになっていた。子は神のもとへ、その玉座へ引き上げられた。

女は荒れ野へ逃げ込んだ。そこには、この女が千二百六十日の間養われるように、神の用意された場所があった。
ヨハネの黙示録/ 12章 01節~

ここの聖句は、イエスさまの事ではなくて・・・ユダヤ人か、患難期に生まれるクリスチャン事かなぁ、と解釈しています。


今日は、朝の更新になり、ちょっと急いで書きました。。

みなさまの上に神様の恵みがゆたかにありますように。



が満ちて出産の時が来ると、胎内にはまさしく双子がいた。
創世記/ 25章 24節


コメント

(著者)
No.2 (2014/04/14 21:02)
>>1
ラキシス様、コメント感謝です。

わたしは、黙示録とかは、まったく読まなかったのですが・・・イスラエルに対することが分かり始めてから読むようになり・・・

キリストの救いを神様が、ずっと啓示されてきたこと・・・また黙示録+ダニエル書という終末に関するメッセージを自分なりに学んでいます。

中でもローマ11章のユダヤ人と異邦人の完成という所は、神様のご計画のそのあまりの大きさに驚嘆しました。

ぜひ、お読みください。

ちなみに教会は、ローマ11をイスラエル国家がないために、置換して読んでいました。

ラキシス
No.3 (2014/04/14 21:21)
導き有難う御座います。
ローマ読みました!
む、難しいー(^_^;)
ですが「どこどこ読んで」の導きは
ホントとっても有り難いです!
何せ聖書は内容膨大で 、
一人で読んでると迷宮に迷い混んでしまいますから(^^;
(著者)
No.4 (2014/04/15 20:38)
>>3
ラキシス様、お読みになりましたか♪
その後のローマ12は、クリスチャンとしての霊的な歩みのエッセンスがたくさんありますので、おすすめです♪
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事