daibass77の今日のみ言葉♪

一人の天の父

2014/04/11 00:01 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • クリスチャン
  • 救い
  • キリスト
  • 恵み
  • 成長
  • 信仰
  • 聖書

そこで、イエスは一人の子供を呼び寄せ、彼らの中に立たせて、 言われた。

「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。

自分を低くして、この子供のようになる人が、天の国でいちばん偉いのだ。

わたしの名のためにこのような一人の子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。」

マタイによる福音書/ 18章 02節〜

イエス様が、弟子の質問に答えて語られた所です。


質問とはこうでした。

そのとき、弟子たちがイエスのところに来て、「いったいだれが、天の国でいちばん偉いのでしょうか」と言った。

マタイによる福音書/ 18章 01節

誰が、一番偉いのか?という問いかけです。

このやり取りから、躓きに対して語り(信仰の歩みに躓くということ)そして100匹の
羊の例えが語られています。

わたしは、この一連のお話の中で・・・

一人の天の父について考えさせられました。

天の父とは、神様の事です。

人は、どんなに罪を犯したとしてもキリストの十字架によって赦され、神様の元へ行く事が出来ます。

神様が、一人の天の父、創造主であり真の父であることは・・・この救いのみ業によって確かにされているのではないかと・・・

ここでイエス様が教えてくれた天の父のみ心が・・・小さい者の一人でも滅びる事ではない・・・と・・・。

そういう方が、わたしたちを造られた創造主なる神様です。

そのように、これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない。」
マタイによる福音書/ 18章 14節

イエス様が、こうして天の父のことや、神の国を語る時・・・
そこには、罪人である人的外れな質問を用いて答えられている様に感じます。

それは、全ての事が、十字架を示唆しているかの様です。


人が、神様に罪、赦されて神の国に入るには・・・どうしてもこのキリストの血が必要です。

たった一度、流されたその血潮によって・・・赦される、だれでもどんな人でも・・・キリストを受け入れるならば。


を書きたいと思います。

わたしは、クリスチャンになりました。
イエス様を告白して聖霊を受けたんです。

そうしてなんだかんだといくつかの教会に通い今のわたしがあります。

キリストによる神様との和解を受け入れてなければ、知らなかった事が、たくさんあります。
世の中でそのまま歩んでいても・・・わたしが今、知らされている事は何一つ学べなかったでしょう。


その中で、わたしが一番、感謝する事があります。

それが・・・今日、取り上げた聖書箇所、天の父のみ心です。

旧約聖書にヨナ書というのがあります。
預言者ヨナが、ニネベという悪い行いの町に遣わされるのですが、ヨナは、神様の召し拒みます。

しかし・・・ある出来事があり、ニネベに入ります。
詳しくは、聖書をお読みください、ヨナ章は短めですので。

神様は、ニネベの人たちが、ヨナのメッセージを聞き、悪い事をやめる努力をしたので、町は滅ばされませんでした。

ヨナは、その神様の態度に不愉快になり怒りを祈りでぶつけます。

そして神様とのやりとりがあります。

神様の結論はこうでした。

それならば、どうしてわたしが、この大いなる都ニネベを惜しまずにいられるだろうか。そこには、十二万人以上の右も左もわきまえぬ人間と、無数の家畜がいるのだから。」


ヨナ書/ 04章 11節

わたしが、クリスチャンになって一番、感謝している事は・・・こうした人に対する
神様の心を覚えさせられる度に・・・自分が何かに向かって成長させられている感じがします。

イエス様は、ヨナのしるしという事を語りました。

また、ニネベの人々は裁きの時、今の時代の者たちと一緒に立ち上がり、彼らを罪に定めるであろう。ニネベの人々は、ヨナの説教を聞いて悔い改めたからである。ここに、ヨナにまさるものがある。」

ルカによる福音書/ 11章 32節

神様が、どこまでも人を救いたい、人を惜しむ、心を砕いておられるたった一人の父だと・・・それが、神の心です、アーメン。。。

わたしは、どこまで神様に感謝したらよいのでしょうか?

イエス様、ありがとう!

ハレルヤ!

息絶えようとするときわたしは主の御名を唱えた。

わたしの祈りがあなたに届き聖なる神殿に達した。

偽りの神々に従う者たちが忠節を捨て去ろうとも わたしは感謝の声をあげいけにえをささげて、誓ったことを果たそう。

救いは、主にこそある。


ヨナ書/ 02章 08節〜


コメント

未来記
No.2 (2014/04/11 01:42)

慎み深いダイさんが健康でありますように、お祈りします。アーメン
(著者)
No.3 (2014/04/11 20:34)
>>1
ラキシス様、お祈り、励まし、そして分かち合いをありがとうございます。

神の怒りの日が来る・・・聖書にはそう書かれていますね。

一人でも多くの方を救いたい・・・その思いは、神様が一番、思われている事です。

そんな神様のみ心と共に仕えていく事が出来ますように、blogを通して神様のみ心が広がっていきますように。

ありがとうございます。。。

ハレルヤ♪
(著者)
No.4 (2014/04/11 20:36)
>>2
未来記様

ブログのご訪問とお祈りコメントを感謝いたします。

わたしもお祈りさせていただきます。

イエス様、未来記さんの歩みにあなたが働いてすべてを満たしてくださいますように。
地上での問題にあなたが答えを備えてくださいますように。

キリストの愛により兄弟姉妹としてイエス様に向かって成長していけますように。

愛するイエス・キリストのみ名前でお祈りいたします。

アーメン♪
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事