daibass77の今日のみ言葉♪

信仰と希望の働き

2014/04/09 00:05 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • クリスチャン
  • 地震
  • 飢饉
  • 戦争
  • 聖書
  • 十字架
  • キリスト
  • 救い
  • 恵み
それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。

コリントの信徒への手紙一/ 13章 13節

有名な聖書箇所です。
このブロマガでも何度か書いているかと思います。


2.3日前でしたでしょうか。
わたしが幼少期育った町(祖母の家)の駅前を車で通りました。

まぁいつも通る場所です。

商店街がまだ生きている町で人通りがあります。
(30年ぐらい前は、人がごったがえしていたそうです)

最近は、高齢化でお年を召した方が多いです。

ふと、思いました。
わたしは、運転しながらイエス様、終末、天国の事ばかりを考えています。

わたしが、今、考えている様な事、、、同じ様に思っている方はこの町にいるのかな・・・・。

と・・・世の中の様子は、間違えなくキリストが語られた預言の通りに導かれています。

聖書が売られている本屋さんもこの町にはおそらくありません。
本屋さん自体が、一店舗です。

教会は、徒歩15分圏内に2.3つあるようです。
しばらく行くと、米軍の基地があるのでその近辺は、教会がいくつかあります。


わたしは、どうしても愛について語る必要があると・・・そう神様に召されている様に感じます。

神の愛は、わたしたちの罪を赦し、覆い・・・信仰がある所に働きます。
その実は、神様が喜ばれるたしかな御霊の実です。


救われるには、どうしても自分の罪、アダムとエバによる原罪を認めてキリストを受け入れる必要があります。

ご自身の良心に問いかけて、また世の有様をみて・・・聖書のみ言葉を読み・・・十字架を見上げて・・・

わたしたちが、神に対してまた隣人に対して犯してしまう罪、その原因である原罪を認めてください。


原罪とは、神と人が切り離されていることです。

神様は、その切り離された人を再び神様のもとへ戻らせるためにイエス・キリストにその刑罰を受けさせました。


聖霊により新しく生まれる事が出来ます。


時計は、人が想像もしない様な大患難に向かっています。

今、まだ間に合います。


誰が救い主ですか?

神が遣わした一人子、イエス・キリストです。


そう告白してお祈りください。

どうか自分の口で神に心を向けて祈ってください。



いつまでも残るのは、信仰と希望と愛です、愛は最も偉大です。

この世が、苦しむ時、クリスチャンは愛を行えます。
それは、信仰と希望、御霊の働きがあるからです。

愛は最も偉大、それは、地上で行いと御霊の実を伴う神の働きだからです。

アーメン。

いつもお読みくださり感謝いたします。

みなさまにイエス様の祝福が豊にありますように。

イエス・キリストのみ名で祈ります、アーメン。。

あなたがたは、終わりの時に現されるように準備されている救いを受けるために、神の力により、信仰によって守られています。
ペトロの手紙一/ 01章 05節


コメント

ラキシス
No.1 (2014/04/09 01:22)
多忙の中、いつもみ言葉有難う御座います!

洗礼を授かったクリスチャンとの
圧倒的な差を感じました。
同じく運転していると、
『イエス様 罪 地獄』
ばかり考えてしまいます。
信仰の深さ、理解の差ですね、、、。

地獄に関しては仏教が情報量多いので、
仏教徒だった自分には
天国以上に鮮明に様子が浮かんで来てしまいます。

そう、今は地獄が怖くてイエス様に
すがってるのが本音です。

「見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる。あなたたちは、『自分は見える』と言っているから、あなたたちの罪は残る」

イエス様を知って今までの自分は
『見えているつもり』だったこと(仏教の教えで)
盲目だった事に気付きました。

未だ洗礼志願する教会が定まらない自分にとって
このblogは本当に勉強になり油が注がれます。
聖霊の働きを受けたdaiさんが
主の声を伝えているのを感じます。

感謝します。

daiさんに主の平和がありますように
多くの祝福がありますように
父と子と聖霊のみ名によってアーメン╋

追伸
いつも返信下さって有難う御座います。
本文と同じくとっても勉強になります!
教会(宗派)が決まらない自分には
『daiさんblog Q牧師&パウロさん伝道放送 ローマ教皇ツイート 晴佐久神父著書 片柳 神父blog』が信仰の大切な道標になっています。

シャローム╋
(著者)
No.2 (2014/04/09 21:49)
>>1
ラキシス様、コメントどうもありがとうございます。

地獄が、怖い、アーメンです。

キリストを知り、聖書を読んで行くならば、天国と地獄というその両極端な場所を信仰を通して感じる様になるんだと思います。

神様の時が、きっと備えられていると思います。
わたしもはじめて教会に行った時、思えば色々と不思議な導きで・・・
その扉を開けたのを覚えています。

また洗礼までの導きも・・・あれは・・聖書の学びの時、自分の歩みから証する機会があり・・・
なんといのか、まったく聖書の事とかイスラエルのこと、知らない時でした。

話しをしたら牧師さんが、すぐに洗礼を受けましょう・・・善は急げです。

と言われて数ヶ月後のイースターに合わせていたのですが・・・またこれも導きでペンテコステの日になりました。

きっと神様は、わたしに聖霊を与えてくださってイエス様を告白させてくださったので・・・
イースターよりもペンテコステがふさわしいと選び備えてくださったんだと感じます。


洗礼は、新しい誕生日です。
その日は、聖霊で生まれる日になるかもしれません。

神様が、備えてくれる新しい誕生日をお迎えする事を祈っていますね。

いつもコメントを下さり、どうもありがとうございます♪

ハレルヤ♪
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事