daibass77の今日のみ言葉♪

遣わされた救い主

2014/04/07 00:27 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
イエスの十字架のそばには、その母と母の姉妹、クロパの妻マリアとマグダラのマリアとが立っていた。

ヨハネによる福音書/ 19章 25節

いわゆるキリスト教の絵画はたくさんあります。
さきほど、Youtubeでおそらく挙げた聖句の所を描いている画がありました。

しばらく見続けていました。

こんな人がメシアなのか?

なんの力もなく、十字架につけられて・・・いばらの冠をかぶらせれて・・・
敗北した様にしか見えない・・・。

だとしたら・・・クリスチャンが伝える福音ってなんだ?!

という思いがこみ上げてきました。


が・・・またしばらく見続けていると・・・

手と足を釘付けにされている・・・これは・・・自分の姿だと・・・。
わたしの罪のための身代わりに十字架にかけられている姿・・・・

そんな思いに導かれました。

聖書にある律法とか、罪の事とか・・・そういった事を知らなくても・・・
ただ十字架を見上げる時・・・自分の心にフィードバックされる思いがあります。

その時、十字架にかけられたキリストに何を見るのか?

ただの敗北した一人の男か・・・それとも・・・わたしの身代わりとなったキリストか・・・。


イエス・キリストは、道であり真理であり命だ・・・と聖書に書かれています。

なぜなのでしょうか。


お一人お一人が、ぜひこの機会に考え心に覚えてください。

神が遣わされた救い主キリストの事を。

短い映像ですので、よろしければ下記をご覧下さい。

YouTubeで聖書! イエスキリストの生涯


キリストは、弱さのゆえに十字架につけられましたが、神の力によって生きておられるのです。わたしたちもキリストに結ばれた者として弱い者ですが、しかし、あなたがたに対しては、神の力によってキリストと共に生きています。

コリントの信徒への手紙二/ 13章 04節

コメント

ラキシス
No.1 (2014/04/07 02:37)
十字架にかかるシーンは
謂わば新訳のクライマックスですよね。
十字架は司祭も牧師も信仰深きクリスチャンも、
主イエスの自己犠牲による愛と救いを説きます。
もちろんその通りのシーンであり真理てす。
ただ自分の様に信仰薄い者だと毎回思ってしまいます。
『もしタイムマシーンがあったらムチ打ち拷問に遭う前にイエス様を暗殺する!拳銃でも弓矢でもいいから1回で心臓撃ち抜いて!』
無実で拷問され礫刑なんてあまりに残酷も極まりない!
そんな御心と正反対の考えが浮かんでしまいます。

そしてこの十字架の礫刑が消えない復讐心となって
現代まで世界中に影響を及ぼしています。

でも十字架でイエス様が仰ったのは
『愛と赦し』
それだけでしたね。

世界中がそれに気付いて悔い改めたとき、
きっと全ての憎しみと争いが無くなると思いました。

今夜もdaiさんに多くの祝福がありますように
父と子と聖霊のみ名によってアーメン╋
(著者)
No.2 (2014/04/07 21:40)
>>1
ラキシス様、コメントメッセージ感謝します。

神様が、十字架を用いられたのは、その神様の心が神ご自身により証される為だったのでは・・・とそう今、感じます。

罪の問題が解決すればこの地上は楽園です。

イエス様が、再び来られる時にその事が目に見える形で行われます。

わたしが地上を歩む間にイエス様が、来られるのか、それはわかりませんが・・・
ただいつも十字架に対して目をさまして心を開いて歩んでいけたらと思います。

弱いわたしです、神様、助けてください。。

ラキシス様の上に主イエス様の平安がとどまります様に。

アーメン♪
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事