daibass77の今日のみ言葉♪

安息日の実態

2014/03/29 00:01 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 休日
  • キリスト
  • 聖書
  • 十字架
  • 希望
  • 生活
  • 仕事
そして更に言われた。

「安息日は、人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない。だから、人の子は安息日の主でもある。」

マルコによる福音書/ 02章 27節

マルコによる福音書からです。
わたしは、この福音書が好きです。

新約聖書の冒頭は、マタイによる福音書からです。
マタイはユダヤ人向けと言われていて旧約と律法に対して説明されるように書かれています。1章1節からの系図を読んで、聖書ってなんだ?と躓いた方もいるかもしれません。

ユダヤ人やイスラエルの歴史、旧約に馴染みがあると・・・系図を見てイエスが、キリストであるとわかるようになっているそうです。


二番目にこのマルコによる福音書があり、はじめに書かれた福音書は、マルコと言われています。

なぜこのマルコが好きなのかと言えば・・・・それぞれの奇跡など一つ一つの行動が箇条書きされている様な・・・イエス様の心がストレートに伝わって来る、そんな風に読めてなぜか、シンプルで読みやすいんです。


さて、挙げた聖句は・・・イエス様が言われた事です。

弟子たちが、穂をつみ、安息日に禁止されている労働を、パリサイ人に咎められます。

対してダビデ王の事をあげて、イエス様は、答えます。

イエスは言われた。
「ダビデが、自分も供の者たちも、食べ物がなくて空腹だったときに何をしたか、一度も読んだことがないのか。
アビアタルが大祭司であったとき、ダビデは神の家に入り、祭司のほかにはだれも食べてはならない供えのパンを食べ、一緒にいた者たちにも与えたではないか。」
マルコによる福音書/ 02章 25節~


ここで思うのは、安息日は、人のためにある・・・そして神様は、人の事を心配し必要を与える事をされる・・・というの学びます。

実は、安息日に穂をつみ食べる事は、ゆるされていました。

隣人のぶどう畑に入るときは、思う存分満足するまでぶどうを食べてもよいが、籠に入れてはならない。
申命記/ 23章 25節

が、パリサイ人は、きっと律法を知らない弟子たちで、そしてイエス様がちゃんと教えているのか??というのを確かめるために・・・また陥れようと・・・

何か禁止の労働をしたのではないか?皮肉めいた咎めと問答をしかけたのでは、と思います。
この律法学者、パリサイ人、サドカイ派といった専門家たちが、イエス様を試されたことは、福音書の中にいくつか記されているます。



さて・・・この律法の問答とイエス様が指摘される安息の中身から学ぶ事ですが・・・

この世の生活でもいつのまにか、効率や合理化を求めて・・・人の営みが苦痛に変わっていないでしょうか?

パソコンなどで便利になり楽になりました。

しかしながら・・・良い面だけをうまく用いているつもりが・・・便利になる事により過度な競争や精神を追い詰める状況になっていませんか?よりいっそう競争社会になっていませんか?

人が、造った価値観、物の上に人が支配されていませんか?

いや、そうした事を通して、世の中は、良くなっていく・・何かするのに少しぐらいの人の痛みや行き過ぎは、しょうがない・・・と思うかもしれません。

しかし・・・神は、そうは言われません。

全ての良きことは、神から来ます、そしてイエス・キリストの十字架を通して罪が赦され心も肉体もまた霊的に清く歩めるようになります。

これが、安息の実態であり、キリストです。


イエス様は、ここで・・・人の子は安息日の主でもあると言われました。

神の国は、永遠の安息として神を礼拝し続けるところです。

ただ罪を赦すイエス様の権威と、その安息日に神様の愛が行われていない・・・ということを教えているイエス様のメッセージを受け取ります。

疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。
マタイによる福音書/ 11章 28節

この世の重荷をイエス様のみ前に降ろしてイエス様の与えてくる本当の安息に入りましょう♪


お読みくださり、いつもありがとうございます。

感謝いたします。


みなさまの上に、イエス様の恵みと平安が豊にありますように。

アーメン。

肉に割礼を受けず、罪の中にいて死んでいたあなたがたを、神はキリストと共に生かしてくださったのです。
神は、わたしたちの一切の罪を赦し、 規則によってわたしたちを訴えて不利に陥れていた証書を破棄し、これを十字架に釘付けにして取り除いてくださいました。

そして、もろもろの支配と権威の武装を解除し、キリストの勝利の列に従えて、公然とさらしものになさいました。

だから、あなたがたは食べ物や飲み物のこと、また、祭りや新月や安息日のことでだれにも批評されてはなりません。

これらは、やがて来るものの影にすぎず、実体はキリストにあります。

コロサイの信徒への手紙/ 02章 13節~



コメント

ラキシス
No.1 (2014/03/29 02:37)
初心者には聖書はまだまだ難しい事が多く、
信仰の先輩達からの解説はとっても助かります。

元々信仰に入る前から
安息日や他の戒律も良くできてるな~と思ってました。
働いたら休め、みたいに。
(イスラムの豚禁止も当時の衛生面から出来たのでは?)

もちろん聖書は奥深く読み解かなければいけない面もありますけど、
単純に解釈しても良い部分も多いのでは?
みたいに感じてます。

今夜もdaiさんに多くの祝福がありますように。
父と子と聖霊のみ名によってアーメン╋
(著者)
No.2 (2014/03/29 22:34)
>>1
ラキシス様 
コメントありがとうございます。

わたしが、教会に行き始めたころは、ほとんどまったくといっていいほど、聖書知識はありませんでした。
天地創造の七日目に神様が休まれたから安息日・・・というのは、どこかで聞いたことあったかもです。

聖書に個人的に熱心になりはじめたのは、洗礼をうけて一年後ぐらいでしょうか。
信仰の飢え渇きがあって・・・ネットで色々調べて聖書に書きこんでいきました。

はじめに使っていた新共同訳に色々書き込んであります。

イエス様に救われて、聖書を土台にした歩みを与えられたこと、本当に感謝です。

必要なことは、聖霊様が、その時その時に備えてくださっていると思います。

イエス様の愛にただ感謝して。

いつもコメントをありがとうございます。

ハレルヤ♪
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事