daibass77の今日のみ言葉♪

垣根の夢

2014/03/28 05:23 投稿

  • タグ:
  • クリスチャン
  • 聖書
  • キリスト
  • 政治
  • 会計
  • 終わり
わたしはそちらに三度目の訪問をしようと準備しているのですが、あなたがたに負担はかけません。
わたしが求めているのは、あなたがたの持ち物ではなく、あなたがた自身だからです。

は親のために財産を蓄える必要はなく、親がのために蓄えなければならないのです。


コリントの信徒への手紙二/ 12章 14節

パウロが教会に宛てた書簡です。
ここで一つ、信仰の学びとして受け止める箇所があります。

は親のために財産を蓄える必要はなく、親がのために蓄えなければならないのです。

親は、神様をあらわします。
パウロは、使徒として教会を建て上げています、そして親の様に教会を見つめ奉仕しています。

ですので子である教会から援助はいらない・・・として・・・子であるあなた方が成長して欲しい・・・そんな思いが伝わってきます。

これは、父である神様の心もあらわしています。
すべてを神様が用意してくださって・・・キリストの花嫁として成長することを神様は、見守り、また養って下さっています。

感謝です。


夢を見ました。
18時頃から23時過ぎまで・・・どうやら寝てしまいました。

英語のメッセージを聞きながら・・・自分では寝るまい・・と思っていたのですが・・・
目覚めたら・・・あら・・・こんな時間か・・・と(汗)


夢の内容です。
覚えている部分だけでも意味ありそうなのですが、なんだかもっとたくさん見せられていたような・・・おぼろげな記憶もあります。


わたしは、夢の中でうつらうつらと寝ていました。
おそらくここの場面は、起きている時、寝ない様に辛抱していた感覚を引き継いでいます。

夢の中で、祖母の家らしき所にいました。
客人がいて僕は、送っていかなくてはいけませんでしたが、夢の中でも結局寝てしまっていました。

夢の中でおきました。

母親と子供二人を車に乗せて送るために玄関から出ました。

その玄関から出て・・・なぜか垣根を飛び越える必要がありました。

また、母親は以前、会ったことがある方でした。

夢の中で寝ている時、パソコンで事務の作業を半分寝ながらしていました。
夢の中でメールが届いていたのを見ました。会計報告のバックアップデータです。

と・・・この辺りで目がさめました。

ぼんやりと覚えている部分は、書き出していないですが、もっともっと見せられていた様に思います。


ここからは、起きてからの現実です。
久しぶりにクリスチャンの友人から電話がかかってきました。

少しお話をしました。


なんというか、過去もそうだったのですが・・・僕の場合、霊的な夢は、預言的な意味があり、起きることを見せられています。必ず、すぐ動きがあり、現実でも起こります。

が・・・その後に大きく変化があると言うことではなく・・・ただ見せられているだけなのですが、神様が、働きかけて下さっていることが分かります。


本当に感謝です。


今日は、夢の話しでした。

いつもお読みくださり感謝します。

アーメン!

主は天から人のらを見渡し、探される/目覚めた人、神を求める人はいないか、と。
詩編/ 014編 002節







コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事