daibass77の今日のみ言葉♪

神に計画されている

2014/03/26 00:01 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • クリスチャン
  • 人生
  • 導き
  • 希望
  • 祈り
  • 教会
  • 聖書
  • 恵み
  • キリスト
キリストにおいてわたしたちは、御心のままにすべてのことを行われる方の御計画によって前もって定められ、約束されたものの相続者とされました。

エフェソの信徒への手紙/ 01章 11節

イエスとの出会い、神に委ねる、神の計画がある。
この三つの言葉は、家で一人、求道しているときに・・・導きの中で与えられたキーワードでした。


インターネットで検索すれば、様々な情報や論文、レポートなどが読めます。

イスラエルが、1948年に国家となるまでの経緯、、、近代の大きな戦争・・・

共産、ファシズム、民主主義の争い・・・・石油利権・・・ユダヤ人の歴史・・・
などなど興味があればいくらでも探していけます。


わたしは、そういった事を調べれば調べるほど・・・どの様な内容の物を読んでも・・・

神がおられて、そのみ心のままに歴史は、進められているということを信じざるえません。

また信じられる大きな理由は・・・わたしが聖霊を受けた・・・という事です。


聖霊を受けた時、こうした歴史の出来事、そこで起こっていること、神の計画で進められている時間とわたしの人生がリンクするからです。

これは、とても霊的な言い回しなので・・・理解されがたいかもしれませんが。

例えれば・・・今まで自分の時計で図っていた事がらが、神の時計になったと言えば分かりやすいでしょうか。

もう少し言えば、神の歴史の一部としてキリストのみ体に組み込まれたからなのでしょう。

わたしの地上での歩み、それは肉的に思えば、不安しかない様な・・・なんの資格もなく、ただ年をとるだけです。


が、この神の計画の一部である自分をたしかに体験させられているとき、なんの不安もなくなります。


わたしは、伝えたいです。

神は、一人一人に人生の計画を持っておられます。
もし知りたければキリストが、十字架の上で、父と呼んだ神に祈り、答えを貰ってください。

間違いなくいえる事は、最後の審判を受ける・・・という事です。
すべての人は、復活し神のみ前に羊とやぎとに分けられます。

そして、すべての国の民がその前に集められると、飼いがと山を分けるように、彼らをより分け、 を右に、山を左に置く。

マタイによる福音書/ 25章 32節~

これが、最後の審判です。
どんなに地上での生活が、一瞬だったとしても・・・すべての人は平等にこの審判を受けます。

わたしは、思います。
神が正しく裁かれる方ならば・・・わたしなどは、救われるはずがない・・・と。

しかし・・・羊としてキリストという羊飼いに飼われているのならば、養われて救われると・・・信じます。

キリストは、道であり、真理であり、命です。

十字架で行われた神様の救いのみ業は・・・すべての人を正しく裁くという救いの御業です。

キリストの十字架は、わたしの罪のためであった。


そう心に信じ、キリストの復活を信じるならば・・・・救われます。
今は、救いの時、恵みの時です。

受け入れてください、そしてキリストに飼われる羊として・・・

神の計画によるたしかな人生をお歩みください。

いつもお読みくださり、感謝します。


今日はこの証しでblogを閉じます。

わたしは、この神の計画によって救われました。


May GOD bless you.

父よ、わたしに与えてくださった人々を、わたしのいる所に、共におらせてください。それは、天地創造の前からわたしを愛して、与えてくださったわたしの栄光を、彼らに見せるためです。
ヨハネによる福音書/ 17章 24節




コメント

ラキシス
No.1 (2014/03/26 01:35)
神を信じる事とは時間の概念が無くなる事と思いました。
人間の寿命は長くて100年。
この世の感覚なら2000年前は遠い過去。
しかし『永遠の存在』からすれば、
この世の1万年も1秒くらいのことかも。

主イエスから見れば我々現代人も使徒達と何ら変わらない時を生きているのだと思います。

因みに仏教にもキリスト再臨伝説はあって、
キリストを訳すと弥勒となるそうです。
幼い頃より一番好きだった慈しみの佛、弥勒菩薩の話の出所が、イスラエルより東に伝わった主イエス再臨の福音と知り益々信仰が励まされてます。

そして主はずっと前からちゃんと導いて下さっていたんだと知り感激しています。

神に感謝╋

主イエスよ、今夜もdaiさんに多くの祝福をお与え下さい。
またdaiさんという菩薩を通して無知で愚かな我々にみ言葉を賜り下さい。

父と子と聖霊のみ名によってアーメン╋
(著者)
No.2 (2014/03/26 23:25)
>>1
ラキシス様、うれしいご訪問を感謝いたします。
記事をお読みくださり、労してコメントをいただけること、ありがとうございます。

聖書の神様は、アルファでありオメガであると、ご自身をあらわされてますから、時間は神様の造られた物だと分かります。


わたしは、一つ、思います。

いつも聖書の神が真実であり、その方のくださる物に勝るものはありません。
なぜかと言えば・・・わたしを見捨てないからです。

わたしを見捨てない神は、わたしを造られた神、以外には存在しません。

なんというのでしょうか・・・聖霊様がいつも語ってくださいます。


ラキシス様の上に救い主イエス様のみ心がなされますように。

いつもありがとうございます♪

主イエス様に栄光あれ!

ハレルヤ♪
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事