daibass77の今日のみ言葉♪

み言葉の理解

2014/03/25 00:06 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • クリスチャン
  • 希望
  • 教会
  • 信仰
  • 生活
  • 人生
  • 意味
  • 聖書
あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。
神は真実な方です。
あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。


コリントの信徒への手紙一/ 10章 13節

神と全く切り離された人生を歩み・・・ある時、絶望の中に神の憐れみ、イエス様の愛により導かれて・・・なぜか・・・それまでの人生とは全く違う神と共に歩むという人生へと変わりました。


教会に行き始めた頃・・・毎週、日曜日ほぼ欠かさず教会に行きました。
聖書の学びにもよく出ていました。

交わりがあり、また教会学校の奉仕も少しばかりさせていただいたりと・・・
とにかく今ままでとは、違う感覚との出会いが続きました。

おそらく教派や個々の教会によって雰囲気はだいぶ違うと思いますが・・・
僕の場合は、それぞれが必要な事であったと思います。


挙げた聖句は、聖書を読み始めた頃、有名なみ言葉の一つとして覚えていた箇所です。
この節だけでの理解をし励ましを覚えていました。


今、思い出すとわたしに住まわれた聖霊様は、このみ言葉の深い理解をもちろんご存知で・・・なんというかこのみ言葉の言いたい事、意味を教えたくてうずうずされていた様な・・・

そんな聖霊様の働きかけを覚えます。


この箇所、前後をよく読んでみると・・・偶像崇拝をさける、捧げられた肉をさける・・・
肉のおけるイスラエルの神殿祭儀から学ぶ等等、・・・挙げられています。


後には、こう続きます。

わたしの愛する人たち、こういうわけですから、偶像礼拝を避けなさい。
コリントの信徒への手紙一/ 10章 14節


今わたしがこのみ言葉を理解したことの分かち合いですが・・・・

わたしたちの人生では、トラブルや試練があります。
そんな時にこそ・・・偶像礼拝、肉の喜びをさける必要があるという事です。

もちろん、普段から偶像、つまりキリスト以外に頼る事はさけるべきです。
どんな信仰的に思える理由をつけたとしてもさけるべきである・・・聖書は、そう語っているように感じます。


神様を信じること・・・その事をわたしの全てとし・・・キリストのみ心を理解して委ねきって歩めます様に。

今日は、その祈ります。


いつもお読みくださり感謝します。

みなさまのお祈りと献身に励まされています。

主イエス様が、共におられます。

アーメン♪


しかし、あなたがたは、起ころうとしているこれらすべてのことから逃れて、人の子の前に立つことができるように、いつも目を覚まして祈りなさい。」

ルカによる福音書/ 21章 36節

コメント

ラキシス
No.1 (2014/03/25 03:35)
『神は乗り越えられない試練は与え無い』
キリスト教を知らない人でも誰もが知る1節ですね。
人気があり、よく教育の場面で使われてます。

聖書は宗派の数だけ、
信者の数だけ解釈があるそうですが、
三位に辿り着くならどれも正しいと思うようにしてます。
最近は仏教でさえ主の御業と思うくらいにエキュメってたりして(晴佐久神父の影響ですが)

今夜daiさんに祝福がありますように
父と子と聖霊のみ名によってアーメン╋
(著者)
No.2 (2014/03/25 23:03)
>>1
ラキシス様

コメントありがとうございます、わたしが洗礼を受けた教会は、リベラル、エキュメニカル系でした。
今は、聖書主義、聖霊派、カリスマ信仰が土台です。

救われていくつかの教会に通ってきましたが、クリスチャンとして僕が変わらない土台は、いつもキリストの愛が最も偉大だという事です。

お分かちをありがとうございます。

ラキシス様の上に、いつも新しい油の注ぎがありますように。

アーメン♪
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事