daibass77の今日のみ言葉♪

父なる神の愛

2014/03/23 23:47 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 聖書
  • キリスト
  • 生きる
  • 目的
  • 十字架
  • 創造
イエスはお答えになった。

「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。

肉から生まれたものは肉である。霊から生まれたものは霊である。

『あなたがたは新たに生まれねばならない』とあなたに言ったことに、驚いてはならない。

風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も皆そのとおりである。」
ヨハネによる福音書/ 03章 05節~


ニコデモというユダヤ人の議員、イスラエル(ユダヤの律法の)の教師とのやり取りの場面です。
このニコデモは、イエス様のみ業を見て神様から来られた方だと信じていた様です。
おそらく・・・神の国の教えを受けようと会いにきたのだと思います。


そこでイエス様は、言われました。

新たに生まれる・・・という事を。


霊によって新たに生まれる。

この神様のみ業は、罪に苦しむ人の身代わりキリストが死に・・・
神の御霊、聖霊によって新たに生まれるということを指しています。

この事をボーンアゲイン、新生と言います。


聖霊により新生したクリスチャンは、まさにこのみ言葉が成就し霊に生まれた者です。
肉体という神の宮に聖霊が住まわれ霊的に地上を歩む様になります。。

挙げた所、イエス様のメッセージの終わり部分、霊がどこからくるのかわからない、という意味なのか・・・霊によって生まれた人が、肉の人には、理解されない・・・という説明なのか、またもっと深い意味なのか・・・色々、思わされますが・・・この後に続く聖句で・・・有名な箇所があります。

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

ヨハネによる福音書/ 03章 16節


神様が、世を愛された・・・それは、み子による永遠の命の付与ということで分かる。。
そう理解できるみ言葉でもあります、聖霊による新生は、まさに父なる神の愛、そのものだと・・・覚えさせられます。


今日は、20時ごろに帰宅でした。
一度、両親の所に行って明日の予定などを確認して・・・祖母の所へ移動しました。

その車中で・・・命を与える神の愛が、心に迫ってきて・・・涙でぼろぼろになりました。

わたしは、この神の命、神の霊をただ与えらえて・・・もしかしたら理解されないかもしれないけど・・・

神が、わたしに命を与えて・・・・地上を生かされていると・・・

創造主の愛が・・・なんと偉大なものかと・・・そう覚えさせられたのです。



あなたは、なんで生きているのですか?命は、どこから来て誰のものですか?


そんな事を質問したら・・・どれくらいの人が答えてくれるだろう。

公的な所では、宗教ががった話だから・・・NGな質問かもしれない。


ただ、わたしは、答えを与えられています。

命は神から来て、神の物、霊である神ご自身です。

そのためにキリストが、わたしたちのために十字架にかかった。

身代わりに肉の裁きを受けてくださり・・・人は、罪赦され、永遠の命を受ける・・・神の霊を受ける・・・・。



全ては、神の愛の故に・・・と・・・。

アーメン。

いつもお読みくださり感謝します。

ハレルヤ!

御父は御子を愛して、その手にすべてをゆだねられた。
御子を信じる人は永遠の命を得ているが、御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまる。」
ヨハネによる福音書/ 03章 35節~


コメント

ラキシス
No.1 (2014/03/24 01:37)
神はアブラハムが息子を生け贄に捧げた時は
間一髪で阻止しました。
自分の息子イエスには一切の躊躇なく
十字架で絶命させました。
全人類の命と引き替えに。
ならば私達が人として取るべき行動は1つですよね。

神に感謝

今夜もdaiさんに神の祝福がありますように。
父と子と聖霊のみ名によってアーメン╋

(著者)
No.2 (2014/03/25 00:08)
>>1
ラキシス様

コメントどうもありがとうございます。

神様は、どこまでも人を愛されて・・・イエス様を十字架にかけるほどに人を惜しまれています。
アブラハムからの祝福がキリストの福音により成就して今、それに従って歩める事を感謝します。

ラキシス様の上に主イエスの限りない愛と恩恵が注がれます様に。

アーメン♪
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事