daibass77の今日のみ言葉♪

心を知る神

2014/03/15 10:25 投稿

  • タグ:
  • クリスチャン
  • 夫婦
  • 聖書
  • キリスト
  • 恵み
  • 救い
  • 信仰
  • 教会
そこで、イエスは言われた。「あなたたちは人に自分の正しさを見せびらかすが、神はあなたたちのをご存じである。人に尊ばれるものは、神には忌み嫌われるものだ。

ルカによる福音書/ 16章 15節

神様に知られている・・・こういうメッセージは何か恐れを抱く事があります。

が・・・今、わたしは例え自分が罪や間違えをしたとしても・・・

神様に知られている・・・だからこそ・・・安心出来る、そんな安心感、平安があります。
不思議な神様のあたたかさを感じています。

神様への恐れが、畏れとして神に愛され神様を愛するそんな風な信仰が与えられたのかもしれません。

わたしは、全く無学ですがギリシャ語を少し調べてみました。
単語を調べただけの知識なので文法で意味も違ってくるのかもしれませんが。

そこで、イエスは言われた。

と訳されていますが、ギリシャ語聖書は、イエス・・・という単語はありません。
そこには、彼らに・・・という単語があります。

口語訳だとこうなっています。

そこで彼らにむかって言われた、

です。同じ事を伝えていますが、訳した方で人の感じた方も変わるかもしれません。

ちなみKJMという英語訳だと・・・

And he said unto them, Ye are they which justify yourselves before men; but God knoweth your hearts: for that which is highly esteemed among men is abomination in the sight of God.
ルカによる福音書/ 16章 15節

となっていて・・口語訳に近い感じがします。

新共同訳が原語に近い箇所もあり・・・翻訳も様々にあっておもしろいです。

とこんな風に聖書研究に時間をとることも大切で楽しいですが・・・
クリスチャン信仰の本質は、神と共に働く事です。

神様と交わりを深めるならば・・・み言葉も下さいます。
その時々に聖霊様が導いてくださった事を感謝して歩める様に・・・。


そう、もう一つ、原語で気に留めたのが・・・

・・・と訳されている単語です。

καρδιαςーカルディア


調べて見ると心、決心、判断・・・という様に聖書では訳されています。
女性名詞の様ですが、対象が男性でもそのまま使われている単語に感じます。


神様から見たら・・・人の心は、女性の心・・・なのかも・・・・。

そんな事を思いながら。


いつもお読みくださり、感謝します。


捨てられて、苦悩するを呼ぶように/主はあなたを呼ばれる。若いときのを見放せようかと/あなたの神は言われる。

イザヤ書/ 54章 06節

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事