daibass77の今日のみ言葉♪

苦難の後に

2014/03/14 20:57 投稿

  • タグ:
  • クリスチャン
  • 感謝
  • 教会
  • 世の終わり
  • 聖書
  • キリスト
  • 福音
  • 十字架
「それらの日には、このような苦難の後、/太陽は暗くなり、/月は光を放たず、星は空から落ち、/天体は揺り動かされる。そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る。

そのとき、人の子は天使たちを遣わし、地の果てから天の果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める。」

マルコによる福音書/ 13章 24節〜


キリストの再臨が近づくと前兆があらわれると聖書にあります。


ダニエル書にあるエルサレムに定められた70周年の預言とあわせると・・・・残された7年というのがあり・・・
それは、世の終わりの最期の7年、患難、大患難期と呼ばれるものです。

その7年に到達する前の苦難が聖書には記されています。

今日は、マルコから一つの聖句を取り上げていきます。

兄弟は兄弟を、父は子を死に追いやり、子は親に反抗して殺すだろう。
マルコによる福音書/ 13章 12節

肉親が、肉親を殺し合うあう世の中になる・・・それが前兆の時である産みの苦しみの苦難に含まれています。

人が、平和な時に維持していた倫理観が崩壊する事がここで分かります。

ある条件がそろえば、人は、誰でも罪を犯してしまう・・・わたしはそう思います。

中学生ぐらいの頃、TVに出ていた人の話しで覚えている事があるのですが・・・

人は、一人では出来ない悪さも・・・二人集まれば、出来てしまうと・・・実体験として語っていました。

またこれは、キリスト教に関心がある大学の先生が言っていたのですが・・・

人は、暇になるとロクな事をしないと・・・聞いたことがあります。


世の中の営みでは、納得出来る様な話しですし・・・自分を見つめると思わされます。



が、聖書を読むと・・・違う世界も見えてきます。


また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。
二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」
マタイによる福音書/ 18章 19節〜

この聖句は、クリスチャンの祈りについて語られています。

無理矢理ではありますが・・・未信者に適用してみると・・・二人の人が集まった時、二人心を揃えて同じ罪を願う事は、まずないのではと思います。
未信者であるならば・・・悪さでも同じ悪さを祈る一致は出来ないと思われるので・・・・。

クリスチャンは、主の祈りを教えられているので、罪から離れられるように祈ります御霊が祈りをとりなすのでそこには、同じ願いと求めとしての主のみ心があります。

イエス様が、おられるとは、そこに神様のみ心があると・・・言ってもいいと思います。


こう比べてみるとイエス様のみ言葉と人の有り様から出てくる言葉が、その視点、大きさはびっくりするほど違うと・・・・私は、思います。




昨夜も地震があったそうです。
産みの苦しみとは、陣痛ですが・・・その痛みは、どんどん早まるそうです。

イエス様は、言われます。

あなたがたに言うことは、すべての人に言うのだ。目を覚ましていなさい。」
マルコによる福音書/ 13章 37節

私も御霊に思わされている事をこうして伝えていきたいと思っています。

5774年ニサンの月15日 皆既月食 過越しの祭初日

これは、2014年、4月15日です、教会では20日がイースター礼拝です。
2014年15年とイスラエルの祭事に合わせる様に日食、月食があります。


過去、こうした時は、大きな出来事が起こって来たそうです。



又、、、日々、日常を営みます。
この世的な問題は、世界中が抱えています。

しかし・・・肉的な事をして肉的な休みの中にいると・・・平和だなぁ・・・と感じるんです。

聖書は、そういう肉における感覚も語っています。

人に惑わされないようにしなさいとは・・・自分の肉の感覚、人の肉における感覚・・・両方とも指し示しています。


愛の冷える世界には・・・神様の憐れみを待ち望むしかありません。
神様は、優しいお方です。

期間を縮めて下さいます。

神がその期間を縮めてくださらなければ、だれ一人救われない。しかし、神は選ばれた人たちのために、その期間を縮めてくださるであろう。
マタイによる福音書/ 24章 22節


今、一度、十字架の愛、そして神がおられるんだ・・・そういった事に心を向けてください。

苦難の後、患難の後には・・・神の国がいよいよ到来します。
冷える事のない、永遠の愛が永遠に続く世界です。

キリスト受け入れ聖霊を受けるならば・・・神の子供として天の住人とされます。


いつもお読みくださり、感謝致します。

互いに励ましを受け、祈りを共にしていけますように。

ありがとうございます。。


だから、あなたがたも用意していなさい。人の子は思いがけない時に来るからである。」
マタイによる福音書/ 24章 44節

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事