daibass77の今日のみ言葉♪

神の支配

2014/01/25 20:25 投稿

  • タグ:
  • 教会
  • クリスチャン
  • 聖書
  • キリスト
  • 救い
  • 解放
  • 希望
  • 自由
神の霊があなたがたの内に宿っているかぎり、あなたがたは、肉ではなく霊の支配下にいます。キリストの霊を持たない者は、キリストに属していません。

ローマの信徒への手紙/ 08章 09節

神の国、天国とは、どういう所かというと・・・神の支配によりなりたっているところです。
この世は、悪の支配にあります。もちろん・・・神様の支配にあるのですが、罪により死がある以上・・・肉における人間、ひとりひとりは、死に支配されています。


支配という事を考えてみます。
たとえば・・・わたしが、何人かの人やグループを支配をしたとします。
どういう方法にしろ・・・支配権を及ばせるとします。。

・・・もしわたしが、人間を支配したら・・・それはわたしの愛で満たすということになります。その愛は、限りのある愛、人間の愛、自己を満足させる愛です・・・。

人は、まず自分を支配しています。
だからこそ、自己中心です。

その自己支配を他人まで及ばせれば・・・そこは、自分が支配した国となります。
限りのある愛、人間の愛、自己を満足させる愛であり・・・神様の愛とは真逆のサタンの心です。



神の国とは、イエス様の愛で支配されている国です。
その愛とは、十字架の死より勝利し神に愛され神を愛しているという愛です。


聖書を読むと、支配という言葉は、たくさん出てきます。

クリスチャンになるとは、つまり・・・世の支配、死の支配、悪魔の奴隷から解放されて・・・神の支配に入ることです。

それは、キリストのおさめる天のみ国・・・神の愛の世界です!


弟子たちは、われ先にと争いました。
しかし・・・イエス様は言われます・・・仕えなさいと・・・
イエス様の支配にあるならば・・・弟子たちは、みんなが仕えあうという関係です。
神の愛に支配されますように。

アーメン

ゼベダイの子ヤコブとヨハネが進み出て、イエスに言った。

「先生、お願いすることをかなえていただきたいのですが。」

イエスが、「何をしてほしいのか」と言われると、 二人は言った。

「栄光をお受けになるとき、わたしどもの一人をあなたの右に、もう一人を左に座らせてください。」

イエスは言われた。

「あなたがたは、自分が何を願っているか、分かっていない。このわたしが飲む杯を飲み、このわたしが受ける洗礼を受けることができるか。」

彼らが、「できます」と言うと、イエスは言われた。

「確かに、あなたがたはわたしが飲む杯を飲み、わたしが受ける洗礼を受けることになる。

しかし、わたしの右や左にだれが座るかは、わたしの決めることではない。それは、定められた人々に許されるのだ。」

ほかの十人の者はこれを聞いて、ヤコブとヨハネのことで腹を立て始めた。

そこで、イエスは一同を呼び寄せて言われた。

「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。

しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、 いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい。

人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」

マルコによる福音書/ 10章 35節~


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事