daibass77の今日のみ言葉♪

とこしえの賛美とタンバリン

2014/01/13 23:46 投稿

  • タグ:
  • 教会
  • 聖書
  • クリスチャン
  • 賛美
  • キリスト
  • 礼拝
  • ワーシップ
イスラエルの神、主をたたえよ/世々とこしえに。民は皆、アーメンと答えよ。主を賛美せよ。

歴代誌上/ 16章 36節

賛美をする・・・はじめて教会に行き始めて讃美歌を歌うと、、、賛美をしている・・・というよりなんか賛美の歌詞などで涙が出てきた、、、という事がよくありました。


今は、おもいっきり、自由な形で神様に救われたわたしを・・・表現します。
それが、賛美の心ではないのかなぁ、、、と思わされています。


音楽だけではなく、踊りでも賛美をします。
タンバリンでの賛美がよくあります。

とくに女性が、神様を賛美するのにタンバリンでダンスをするそうです。

モーセの姉であるミリアム(マリアのへブル読みです)は、タンバリンで神様を賛美していました。

アロンの姉である女預言者ミリアムが小太鼓を手に取ると、他の女たちも小太鼓を手に持ち、踊りながら彼女の後に続いた。
出エジプト記/ 15章 20節

ぼくは、クリスチャンになって心底、喜べる様になりました。
本当に感謝です。

もちろん、以前も喜びは、ありました。
しかしそれは、自分を誇る喜びです。
所属しているコミュニティを誇る、、、様なものですね。

何か競技で、自国を応援するのは、ぼくは、サタンの心につながるものがあると思います。
だからといって、他国を応援すれば、いいというわけではありません。

イエス様だけを喜び、そこにだけ心を預けます。

なぜでしょう?

それはこの世におかれる思い、、、この世の物にある心は、、、どんどんサタンに盗まれます。

自国を応援する。
悪いことではない様に感じます。

しかし・・・!

イエス様のみ言葉に覚えれば、この世に積んだ富は、盗人にとられるということです。
それは、サタンに利用されると、、、いう解釈でもいいと思います。

イエス様だけを賛美するのならば、、、、天に富を積みます。

心をイエス様に向けて、、、神様のみ心をさぐり、求めていきましょう!

アーメン!

あなたがたの中で苦しんでいる人は、祈りなさい。喜んでいる人は、賛美の歌をうたいなさい。
ヤコブの手紙/ 05章 13節


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事