daibass77の今日のみ言葉♪

誘惑と思い煩い

2014/01/10 00:01 投稿

  • タグ:
  • 聖書
  • 教会
  • クリスチャン
  • キリスト
  • 永遠
  • 仕事
  • 信仰
茨の中に蒔かれたものとは、御言葉を聞くが、世の思い煩いやの誘惑が御言葉を覆いふさいで、実らない人である。

マタイによる福音書/ 13章 22節


種まきの例えというのがあります。

種は、神の言葉です。
そして道ばた、石(土の少ない所)、いばら、良い土地の4種類の土地にみ言葉の種をまき落とします。

その結果がどうなるのか・・・という事をイエス様が語られました。

たとえ話ですので・・・それぞれの土地は、人の事です。

あげた聖句は、その中でいばらに例えられた人の事を語っています。

この世の思い煩い、そして富の誘惑により実がならない。。

を考えてみます。
お財布に1000円、余計に使えるお金があるとします。

その1000円で・・・何を食べようか、何をのもうか・・・貯金しておこうか・・・
はたまた寄付でもしようか・・・

そんな事を思いめぐらしてしまうのが・・・とりわけ僕にとっての誘惑です。

また・・・その1000円がある事によって・・・肉的な安心感が出て来て・・・
神様の平安ではない・・・お金の平安を覚えてしまいます。

・・・その結果・・・み言葉を読まない、祈らない、礼拝しない・・・

というそういう方向に導かれてしまいます。

油注ぎで成長します。
その成長の過程は、はっきりと人に分かるものではありません。

が、それと同じ様に・・・ちょっとした肉的な思いが・・・み言葉を覆い実りをなくさせます。


実際の植物でも・・・本当にちょっとした事で枯れてしまったり、腐ってしまったり・・・するものです。


イエス様は、全てを捨ててついてきなさい・・・と言われます。

これを聞いて、イエスは言われた。
「あなたに欠けているものがまだ一つある。持っている物をすべて売り払い、貧しい人々に分けてやりなさい。そうすれば、天にを積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」

ルカによる福音書/ 18章 22節


また神の国と地上の富とは、全く相容れないものであることが・・・聖書から分かります。


「だれも、二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなたがたは、神ととに仕えることはできない。」
マタイによる福音書/ 06章 24節



地上に富を積むのは・・・イエス様のみ心ではないと・・・そう学びます。

天に富を積む・・・信仰の飢え渇きをいつも覚えていられますように。

イエス様の与える水は・・・値なしにのむ事が出来るのだから。

アーメン!

主に従う人が持っている物は僅かでも主に逆らう者、権力ある者のにまさる。
詩編/ 037編 016節


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事