daibass77の今日のみ言葉♪

無罪の判決

2013/12/18 00:47 投稿

  • タグ:
  • クリスチャン
  • 教会
  • 聖書
  • 裁判
  • キリスト
  • 恵み
  • 十字架
この賜物は、罪を犯した一人によってもたらされたようなものではありません。裁きの場合は、一つの罪でも有罪の判決が下されますが、恵みが働くときには、いかに多くの罪があっても、無罪の判決が下されるからです。

一人の罪によって、その一人を通して死が支配するようになったとすれば、なおさら、神の恵みと義の賜物とを豊かに受けている人は、一人のイエス・キリストを通して生き、支配するようになるのです。

ローマの信徒への手紙/ 05章 16節〜


神の愛、十字架の愛の大きさ・・・それは、どんなに人が罪を犯してきても・・・
赦されるという大きさです。

また・・・キリストは、痛み、苦しみを受けています。
十字架刑を受けています。


しかし・・・キリストが受けた痛みは、恵みの愛として・・・罪人に降り注ぎます。

十字架という死刑が、キリストを通して救いのみ業となり・・・人を神の子供に変えます。



あまりに大きすぎる神の愛・・・この愛を受け取ってくださいますように。

祈っています。

しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対するを示されました。

ローマの信徒への手紙/ 05章 08節



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事