daibass77の今日のみ言葉♪

プライドが取り除かれる

2013/11/15 16:38 投稿

  • タグ:
  • 教会
  • キリスト
  • 希望
  • 癒し
  • 救い
  • 怒り
  • クリスチャン
では、人の誇りはどこにあるのか。それは取り除かれました。どんな法則によってか。行いの法則によるのか。そうではない。信仰の法則によってです。

ローマの信徒への手紙 / 3章 27節


ハレルヤ!
僕の住む町には、雨が降っています。

みなさまのお天気状況はどうでしょうか。

今日は、午後から目医者さんに行って検診しコンタクトレンズを購入しようと思っていたのですが・・・思いのほか、時間がなくなり・・・家にいる事にしました。
目医者さんは、明日行きます・・・実は、高速道路に乗るので土曜日の方が安くと思ったり・・・。

何通か手紙や案内が来ていたので・・・ずっとしょうと思っていた手紙の返事など書いて・・・・郵便局に行き・・・そのまま100円SHOPでいくつかの雑貨を購入しました。

相変わらず・・・の多い文書ですが、ご容赦ください・・・考えながら書いていますので・・・・。


あげた聖句によると・・・人の誇りは、十字架によって取り払われました。
聖書には、アッと驚くべき事がいくつかあります。

この聖句もその中の一つです。

誇りが取り払われる?!

うーむ・・・すごいです。


人が、歩むのに・・・神様の目から見たら誇りは必要ないと言う事です。


僕は、人間関係において・・・嫉妬の心を持っていました。

善意に対しても敵意や競争心などにでも・・・なにかしら関係性において嫉妬したりするものです。

異性関係、家族関係、交友関係・・・本当に不思議な物で・・・
そのねたみや嫉妬に共感してくれる人なんかも出て来て仲が良くなったりもします。




しかし・・・クリスチャンになったら・・・そのねたみ、嫉妬がなくなりました。
教会に行き始めた頃は・・・逆に今まで以上の嫉妬やねたみの心が湧く事がありました。

顔を赤らめてしまう様な思いです。

神様は、導きの中で僕を訓練し・・・ついには、嫉妬、ねたみ、競争心をなくしてくれました。

だから・・・ものすごく平安です。


もし世の中でこの価値観が通用しなかったとしても・・・それでいいんです。


今までの生きて来た嫉妬の世界にくらべたら天国と地獄の様な差があります。


イエス様は、神の国とその義を第一に求めなさいと言われました。

神の国、その義には、一体なにがあるのでしょう?

争いがなく、いつまでも生き、神の愛、神の栄光でてらされている世界・・・
どんな関係性においても嫉妬も恨みもない世界です。

イエス様を礼拝して・・・もっともっと神様の心を覚えたいです。


イエス様、いつもありあがとうございます。

お読みくださり、感謝します。

アーメン!


しかし、このわたしには、わたしたちの主イエス・キリストの十字架のほかに、誇るものが決してあってはなりません。この十字架によって、世はわたしに対し、わたしは世に対してはりつけにされているのです。

ガラテヤの信徒への手紙 / 6章 14節



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事