daibass77の今日のみ言葉♪

鳥のことを考えてみなさい

2013/10/25 22:42 投稿

  • タグ:
  • 聖書
  • 教会
  • クリスチャン
  • 真理
  • 希望
  • カリスマ
  • 悩み
それから、イエスは弟子たちに言われた。

「だから、言っておく。命のことで何を食べようか、体のことで何を着ようかと思い悩むな。


命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切だ。

烏のことを考えてみなさい。

種も蒔かず、刈り入れもせず、納屋も倉も持たない。だが、神は烏を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりもどれほど価値があることか。


あなたがたのうちのだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。

こんなごく小さな事さえできないのに、なぜ、ほかの事まで思い悩むのか。
ルカによる福音書 / 12章 22節〜

聖書の有名な箇所です。

この世の事で思い煩うな!
とイエス・キリストのみ言葉の導入部分です。


イエス様は、人の行動、生活、また信仰に関して・・・的が外れている・・・ということを指摘されている。


思い煩う、求めるべき順序が、違う・・・ということです。

正しい順序とは・・・まず神を一番にする。

すべてのものを与えるのは、神である・・・とイエス様は教えています。

鳥のことを考えて見なさい・・・と言われます。

神が造られた秩序、そして神によって養われているということ・・・


ましてや人は、神の似姿に造られた。。

天の父が、養わないはずがない。

全知全能の神です。


人は、お金を見たり、この世の事を見て・・・その神の秩序を忘れていきます。

的外れとは、商売で例えればプラスとマイナスが逆になっている様なものです。
または、プラスを見すぎて、プラスにする為に人の命を失わせているという様な感覚です、ブラック企業というやつでしょうか。。。
人を生かす営みが、人を殺しているということです。



イエス様は、その罪(的外れ)を指摘されます。

食べ物よりも命が大事であり、衣服より体が大事だと・・・。


人は、サタンに騙されて本質的な部分を見る事が出来ません。
本質とは、中身であり・・・神様の栄光です。


イエス様は、このメッセージで、神の国と義を求めなさいと語ります。

そうすれば、与えられると・・・。

与え主は、神であること・・・感謝を捧げるべきお方は、創造主なる神お一人であること・・・

そして十字架で血を流されたキリストこそが・・・神であること。


わたしたちは、はっきりと知るべきです。


どんな人間も・・・このイエス様のメッセージ通り・・的を外しています。

その闇にある人の営みは・・・ただキリストによって・・・光がてらされ・・・正しい道へ導かれます。

イエス様に丸投げの人生、ただゆだねて歩めます様に

アーメン!


何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。

マタイによる福音書 / 6章 33節




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事