daibass77の今日のみ言葉♪

神はいのち

2013/09/11 13:16 投稿

  • タグ:
  • 教会
  • クリスチャン
  • 聖書
  • キリスト
  • 働く
  • イエス
  • パン
生きておられる父がわたしをお遣わしになり、またわたしが父によって生きるように、わたしを食べる者もわたしによって生きる。

ヨハネによる福音書 / 6章 57節


今日、示されたことを書きます。
ヨハネの福音書6章24-69で語られている永遠のいのちについてです。

イエス様の肉を食べイエス様の血をのむなら・・・永遠のいのちを持つとあります。
(ヨハネ6-53)

話を聞いたユダヤ人達は、つぶやいたり、議論をしたり・・・
また共にいた弟子達もこの話につまずきイエス様の元を離れました。
(ヨハネ6-61)

このイエス様のメッセージは、律法で血をのむことは禁じられているのに・・・ということを思い出させる物であったんだと思います。
(レビ記 / 17章 10節〜12節)

イエス様は、このあと天にのぼることと御霊のいのちを語られました。
12弟子の一人ペトロは、イエス様に問われて・・・信仰を告白しています。


イエス様が、このいのちのパンの話で伝えたかった事・・・
それは・・・神はいのちそのものであるというメッセージです。

そしてそのいのちを分け与えること、裁くことは、父なる神から・・・み子イエス様にすべて任されているということはっきりと語っています。

また天から降りてこられたイエス様しか・・・神のいのちを持っていなかったということになります。

十字架は、その神のいのちを流したという・・・贖いの業です。

イエス様の血が流されなければ・・・神様は、人を神のいのちで生きているものとは・・・認めておられないと言う事です。

しかし・・・神様は、神のいのちのないこの世を愛されて・・・神のいのちを分け与えるために・・・イエス様を送りました。


もう一つ大事なことは、イエス様と同じ様に御霊もいのちを与える神の霊だということです。
神の言葉を信じる、つまりイエス様を信じるならば・・・いのちを受けると・・・ここから学ぶ事が出来ます。(ヨハネ6-63)



人は、いのちを創造することは出来ません。
肉のいのち、つまり繁殖することは出来ますが・・・

神様、イエス様の与える霊のいのち、罪のないいのち、永遠のいのちに関しては、神から貰うしかありません。

永遠のいのちのために働きなさい・・・とイエス様はいわれます。
その様にしてください。


お読みくださりありがとうございます。
感謝します。

生き物の命は血の中にあるからである。わたしが血をあなたたちに与えたのは、祭壇の上であなたたちの命の贖いの儀式をするためである。血はその中の命によって贖いをするのである。
レビ記 / 17章 11節



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事