ひろろのブロマガ 

「なぜ日本の若者はセックスをやめた?」英誌コラムを読んで感想。

2013/10/24 01:00 投稿

コメント:200

  • タグ:
  • ニュース
  • 言論
  • 社会
  • 哲学

20日に英ガーディアン紙に掲載されたコラム「なぜ日本の若者はセックスをやめた?」が大人気だ。すでに、facebookのシェアは3万近くに達しており、ネット上では様々な議論を呼んでいる。コラムの内容は、セックスそれ自体というよりも出生率や独身男女の問題などに関心があるようだが、こうした“独 身症候群”が国家の大惨事へとつながるかもしれないと示唆している。以下略(本文は英語でちょっと長い)
 http://newclassic.jp/archives/2181



日本人はSEXをしていないのだろうか?そんな風には思えない、若年層をターゲットにしたアンケートでは未成年で性行為を体験した比率は一昔まえと比べればずいぶん上がっているし、成人にしたって日本人はそこそこSEXしているように感じます、しかし子作りを意識したSEXとなると話しは別ではないでしょうか。

少子化の一因として、西欧諸国との違いでは、避妊の習慣が一般化している事や、中絶に強い抵抗感のない国柄などが、先進諸外国なかでとりわけ少子化が進む原因の一つになっているように感じる。

そして少子化の大きな要因に、若年層の収入の少なさも大きいでしょう、子供を作ろうと、 ある程度の住まいを構え、収入の目星がついた頃には三十過ぎ、子供を作るには遅い年齢だ

もっと大枠の男女観・結婚観・家族のあり方といった所まで考えを広めれば、
妻の役割は限りなく外部委託出来る物になってしまった、本文でも書かれているように、食事はコンビニや外食で事足りるようになったし、一昔まえなら女の心得だった縫製・洋裁はユニクロで十分。

掃除・洗濯も機械化が進み、結婚で得られるメリットは半世紀前より限りなく薄くなってきている。それでも一人ぼっちは寂しい・・といった場合でも、現在はネット環境やスマホの発達から、家にいながら絶えず不特定多数とコミニケーションをとっている状況も作れ、寂しさもそこそこ紛れる。

子供にしても、出生率の高い発展途上国や新興国では、労働力として重宝される存在ですが、 現在の日本では家を支える人手・労働力としての魅力は無く、親や家族を手助けをする存在から、育て可愛がる犬やネコのような愛玩物のような側面が強くなってきてる。

そして自身の老後は、金銭面に余裕のある方は高級老人ホームに入り、愛玩物たる子供の迷惑をかけないようにと・・ひっそりと消えていく・・・。

全てが合理化と効率化、個人主義といった、資本主義先進国が目指す、個別的目標を達成した結果、こうした国になったのだろう、なんとも寂しい社会のように思えるが、単に前時代的価値観を、懐かしく思ってるだけなのだと思いたい。

結論としては、セックスはコミニケーションや、文化的な交流としては盛んだが、子作りとしてのセックスは、日本社会とはそぐわない面が、大きくなってきてるという事だろう。



コメント

flaw96
No.214 (2014/01/05 11:16)
現実の女性に魅力がないからです。
Sui
No.215 (2014/01/05 11:25)
>>212
あのアニメ触れてる内容としては相当考えさせられるものはあるよな
だから人気も出たってところはあるのかもな
hghgf
No.216 (2014/01/05 16:11)
今の世の中は共産主義への移行過程
→共産主義は家族や宗教などを重んじない
やっぱりマルクスは偉大だね(ニッコリ)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事