ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

ひろろのブロマガ 

大河ドラマ化してほしい、人物8選

2019/06/22 13:07 投稿

  • タグ:
  • 大河ドラマ
  • 歴史
  • 人物
  • 戦国

2019年夏 近年でも大作といえる大河ドラマ「いだてん」の視聴率が
10%を大きく割り込み、ついには6%台という非常事態に陥っている。

「近代モノの大河は苦戦する」というジンクスは昔からあったが、
ここまで散々たる結果になるとは誰も予想できなかったのではないだろうか。

 最近ではさらに間口が狭くなり「戦国・幕末意外は苦戦する」
という風潮になってきているらしい。

 しかし自分としては戦国&幕末の大河ドラマは過食気味な感じだ。
そろそろ違った時代の題材も見てみたいと思っていた矢先に決まったのが
「麒麟がくる」

 
明智光秀が主人公の大河ドラマだ・・・・。
正直自分としては本当に全く惹かれない。

 同じ戦国モノでも、軍師官兵衛・天地人・功名が辻などは
戦国物でもこれまで中心として扱われていない地域や人が登場するので
目新しさがあったが。

明智光秀ほどの人物は、どの戦国大河でもほぼ登場する上
戦国時代では避けては通れないイベント「本能寺の変」の説明する上で、
明智光秀、個人をり下げる機会も多い。主人公にした所で目ぼしい名シーンは
何度も既に映像化されているし。後半になればなるほど既視感の強い作品になるだろう。

        
「信長 KING OF ZIPANGU」の光秀。                  「軍師勘兵衛」の光秀。     
過労で天井から血が吹き出るの幻覚を観る。              天皇打倒を宣言した信長に驚く。


オープニングもCGの麒麟が草原や山河を走り回って、最後に人の形に輝いたと思ったらその中から長谷川博己がキリリと登場するんだろう。なんだか、本当にそんな感じになりそうで不安だ。

まあ、いまさらこんな事を言ったところで「是非もなし」である。
以前ここで黒田官兵衛の大河ドラマ化を願った所、内容はともあれ叶ったので
再び祈願しようと思う。



①上杉謙信
とは言っても戦国モノは人気であるし、自分も好きな題材だ。そこであえて王道な戦国時代大河を一つ挙げるならば「上杉謙信」がみてみたい。

 上杉謙信は過去にも大河ドラマ化されており「天と地と」などがあるのだが
映像が現存してないので再放送やビデオ化は絶望的だ。「天と地と」は
映画版もあるのだが、映像はたしかに凄いが映画サイズの尺はあまりに短い
謙信の父親、長尾為景の話や、勇猛で移り気な家臣、柿崎兄弟の話も無い。
もうこの際作り直してほしい。
川中島の戦いは他の大河や、正月時代劇でも結構、見ている気がするので、
序盤の兄弟との戦いや、小田原攻めなんかを、観てみたい。

②渋沢英一
大河ドラマは、戦国・幕末は安パイで近代モノ危険!ならばその両方を幕末と
近代を含んだ作品ならどうか?うってつけなのが渋沢英一だろう。



商人郷士から身を立て、勤皇志士時代には城の乗っ取りを計画、さらに幕府側
の一橋慶喜(徳川慶喜)に仕えるなど展開はめまぐるしい。維新後は、
大蔵官僚として活躍、退官後は現在も続く大企業の創立に携わるなど現代を
語る上でも良い人物。
(王子製紙・IHI・いすゞ自動車・清水建設・川崎重工業 等)

 そして次期1万円札の顔に決定している。
今回挙げる中ではおそらく大河化有望株NO1だろう。
ほっといても大河ドラマ化しそうだが、まあ一応推しておく。


この辺の時代は妙に「八重」や「篤姫」「花燃ゆ」など女大河が多い気がする
女大河がダメとは言わないが短期間しか活躍してないのに主人公にするのでうそ臭く、変に感情的に騒いでるだけの話が多い気がする。
ちゃんと江戸から明治・大正へと時代の移り変わりを描く事で、楽しめる作品の幅を広める良い題材の人物だと思う。


③北条政子
女大河は好きではないと先ほど書いたが。なにも女性を主人公にした大河ドラマがダメなワケではない。女性主人公を活躍させるために無理に史実を
捻じ曲げたり「強い女」を描こうと、変に強気の女性や、超能力を発揮する女性
主人公などが嫌なのだ。「強さ」とはそんな物ではないはずだ。
「春日局」などは多面的な女性の強さを表したが最近はどうも男性にヒステリーを起すと強い女だと思っている風がある。そんなのは強さではない、情緒不安定なだけにしか見えない。

強い女とは??「じゃあ北条政子やろうよ!」とすごく思う。



源頼朝との駆け落ちラブロマンスから始まり、源平大乱戦、
突然の夫の事故死、息子を謀殺、最後は一族を率いて天皇も倒し
「武家の世」時代そのものを作ったと言っていい。


昭和54年大河「草燃える」で頼朝と並んで政子も主人公だったが女性の強
くなった今の世で作り直す意義はあると思う。より強く強烈で苛烈な女性像を
描けばいい。

 北条政子にはそれを許容できる史実が慄然とあるからだ。
北条政子は桁はずれて強い存在だった。比べるのも難しいが存在感としては
「織田信長」よりはるかに強い存在だったろう。強い女の作例として
良い大河ドラマになるはずだ。

④島津三代 九州戦記
私自身が、黒田官兵衛の大河化よりも願望してきたのがこの題材
九州を舞台にした戦国モノである。東北・近畿・中国地方の戦国大河は
あるものの九州はほぼ手付かず。


勇猛な島津、老齢強盛な竜造寺・キリシタン大名の大友・民を虐げる伊東など。

どの大名も個性が強く魅力的だがあまり扱われない。「沖田畷の戦い」のような大逆転の大合戦もあれば。秀吉に一矢報いる「戸次川の戦い」も良い。
文禄・慶長の役も描きやすいし、さらに裾野を広げ島原の乱まで描いても
良いだろう。限定された地域だが、戦国期を象徴的に描けるよい地域である。
やはり島津を中心に描くと良いのだろうが、丁度良い原作があればよいのだが・・。


⑤後醍醐天皇
天皇は日本の中心人物一族なのに、大河ドラマで主人公になってないのは
なぜだろう?そこには政治的背景やなにかしらの「配慮」があるのだと
言うが本当だろうか?

だが主人公でなければ大河ドラマでも結構登場するし。
 昭和天皇辺りでなければそんなに、気を使う必要もないと思うのだが。
そんな歴代天皇の中でも主人公ぽいと言えるのが鎌倉幕府を倒した

「後醍醐天皇」だろう。


正中の変の失敗・元弘の変で流罪にされるもその後に脱出。神頼みと根性で
鎌倉幕府を打倒し建武の新政を果たす。だが失政から離反者を出し京を追われ。晩年まで吉野の山奥に篭もり戦い続けその生涯を終える・・。

敗れても挫けても、死に際まで望みを捨てなかった姿は、多くの人を感動させるだろう。イロイロと人でなしの部分もあるが、そうした部分をどう扱うかも含めて面白い人物だと思う。

⑥大化の改新~壬申の乱 天武天皇 

 「大河ドラマが描いた一番古い時代っていつ?」と考えると平安時代の
平将門の乱(931年~947年)を描いた「風と雲と虹と」のようだ。

回想シーンなどを含めれば私の記憶では「炎立つ」の冒頭で平安初期の
800年頃の坂上田村麻呂とアテルイの戦いが最も古いと思われる。
こうして見ると意外に古い時代の話はあまりやっていない。

そこで!思い切って飛鳥時代辺りを挑戦してもよいのではないだろうか?
この時代の定番である、大化の改新辺りから始める。

大化の改新の時代もさほど資料はないだろうが、その後に作られた物語も
多数あるので話題には事欠かないはずだ。

その後 天智天皇と大海人皇子が額田王を奪い合うメロドラマを挟んで
白村江の戦い(朝鮮に攻め込む)で盛り上がりをつけて。天智天皇の死去と
混乱があり、壬申の乱が勃発!大海人皇子が勝利しラブ(額田王)&ピース(天皇の位)ゲット!で大団円。すごい良くまとまりそうだ。
まあ原作は井上靖の「額田王」路線で膨らませれば余裕で1年できるだろう。
なんかこの辺時代の少女マンガもあったはず。

⑥足利義満

自分の世代では足利義満というと、一休さんと頓知をして負けてる
イメージしかないがかなりの大人物足利義満。南北朝期の混乱を一応鎮め
室町幕府の最盛期を作り上げた実績はかなりのものである。
あまり戦をしているイメージは無いが、じつは戦いも多く。
土岐康行の乱・山名が起した明徳の乱・大内が起した応永の乱の
全てに勝利。
 文化面でも東山文化を起し、現代の日本家屋に与えた影響も大きい。
 
 
あと幼少期も、幼くして将軍を継ぐなど序盤から見所は多そうだ。
原作となる物語はあるのだろうか?


⑥源為朝 椿説弓張月
源平モノの中でも人気のある源為朝などを主人公にすれば面白いだろう。
まあ判りやすく言えば日本版の「呂布」である。

背は2mを超え、放つ弓矢は船を沈めるほどだったという。
 源為朝は乱暴者で九州に追放されるが、追放先の九州を平定してしまう。
その後九州の強者を引き連れ保元の乱に参加するも敗れ、流罪とるが
流罪先の伊豆大島でも反乱を起こし伊豆諸島を占拠。
 その後、加藤景廉に討たれると史実ではなってるが、伝説では落ち延び
琉球に渡り琉球王朝を開いたという話もある。

ちなみに琉球王家では源為朝を始祖とした伝承が正史として伝わっている。
一部で、沖縄独立論などが騒がれる中、日本と沖縄のルーツを再確認する上でも良い題材ではないだろうか?

⑦上杉憲実
超挑戦枠!多くの人が興味のなさそうな時代の興味の無さそうな人物で
大河主人公を考えると・・・。
上杉憲実などはどうだろう。室町時代中頃で、世の中が乱れ応仁の乱に突入する少し前までの人物。応仁の乱でさえなんかイマイチ認識されてないのに、
その前日譚である。だが意外と新鮮味があって良いかもしれない。

当時、室町幕府と、鎌倉公方が対立する中それを取り持ちつつ戦う上杉憲実
の話である。

イマイチ、ピンとこないかもしれないが戦国時代で例えると豊臣秀頼と徳川家康が対立してた時代が100年くらい続いて、その間で両者のご機嫌とりつつ戦ってハラハラする話である。それで結局戦乱は収まらず家康を倒すけど、秀頼も暗殺されてもうメチャクチャになってウンザリみたいな話になるだろう。
たまにはBADENDの大河もいいかも。

⑧三国志 劉備
超超挑戦枠で海外作品!三国志!。兎に角みんな三国志が大好きだからだ!。
吉川三国志・横山三国志・光栄三国志・三国無双・一騎当千・蒼天航路
SDガンダム三国伝・龍狼伝・三国志戦姫までもういろいろである。
挙げたらキリが無い。そしてもう普通の三国志がよくわからない人も
多そうだ。

これだけ日本人に親しまれた「三国志」やらない手はない。
映画キングダムで古代中華風を描けるのだから頑張ればできるだろう。
キングダム以前にも徳間の映画「敦煌」であそこまで立派な合戦が描けたのだから技術的には問題無いはず・・・だ。


まあ当時はバブル期でお金があったとかはあるが。

       (張飛ぽい西田敏行)
原作が長いだけにいっそ大長編2年の作品でやるなどはどうだろう。
長い分セット代や衣裳も節約もできる。出来が悪くても題材だけで
視聴率10%は固そうだ。






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事