とあるでーだらの極秘事項

【歌詞】鬼の糸-Rika's song-【初音ミク】

2018/09/09 11:11 投稿

  • タグ:
  • 初音ミク
  • ひぐらしのなく頃に
  • 古手梨花
  • オリジナル


強く固結びされた 無数の紅色の運命(ひも) どれをとっても解けやしない
僕が望んだ 些細な笑顔までも捻じ曲げてく 結末はいつも同じ

抗いもがき苦しむ程に 深みに手招きされて
明日 仏を掻き毟るのは誰 鬼さん僕も連れてって...

僕が過ごした この夏を全部 無駄になんてしやしない
何度も何度でもやり直すから おいで 手の鳴る方へ

抗う事にも疲れた 打つ手立てはもう無い 空虚で無意味な脳 痺れる
僕は刃を突き刺し 息もできず慟哭する 罵り事切れてく

命の重みなんて忘れてた 果てしない輪廻の渦の中
この世界の君の瞳に僕は どんな風に映ってた?

僕一人じゃ敵わない 叶わない  巡り来る夏の記憶の君が呟いた  
その手で全て変えられると 信じて 願って

僕らが過ごしたあの夏は全部 君の胸にも刻み込まれていたんだね
無駄な命(ひび)など ひとつも無かったよ 鬼の糸 断ち切れる

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事