saitのブロマガ

【ブログネット】大村愛知県知事が表現の自由について「ダブルスタンダード」か?

2019/10/30 02:18 投稿

  • タグ:
  • ブログネット
  • あいちトリエンナーレ
  • あいちトリカエナハーレ
  • 表現の不自由展
  • 表現の自由展
  • 社会
  • 地方行政
  • 文化
  • 芸術

ブログネットです。


本日の話題です。


社会・地方行政です。

元ソース、朝日新聞そしてブログネット独自の情報です。


明らかなダブルスタンダード・二重基準です。


反移民の催し「明確にヘイト」 大村知事、法的措置も

(朝日新聞 2019年10月29日19時13分 更新)

(https://www.asahi.com/articles/ASMBY3PTMMBYOIPE009.html)


「反移民」などを掲げる政治団体が

愛知県名古屋市東区に有る施設

「ウィルあいち」で開いた催しに対し

差別扇動表現(ヘイトスピーチ)に反対してきた

市民団体などが抗議した問題で

愛知県の大村秀章知事は29日の記者会見で

催しでの展示内容はヘイトスピーチに当たるとして

当日に施設側が催しを中止させなかった対応を


「不適切だった」


と述べました。


催しを見た人によります

展示作品には「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタの読み札など

在日コリアンへの憎悪をあおる内容のものがあり

ウィルあいち側も展示内容を確認しました。

会見で大村氏は


「内容からして明確にヘイトに当たると言わざるを得ない」


と指摘しました。


ウィルあいちを含む県の各施設の利用要領には


「不当な差別的言動が行われるおそれ」


がある場合には利用を不許可とする条項があります。

市民団体などが当日、

施設側に中止を申し入れたが、施設側は


「中止を判断できない」


として応じませんでした。

大村氏はこの対応について


「(展示内容が)分かった時点で中止を指示すべきだった」


と述べました。


政治団体側は施設側の事前の確認に対し


「ヘイトスピーチは行わない」


と答えたため、県は施設使用を許可しておりました。


大村氏は


「法的手段が講じられるのかも含めて検討するよう指示した」


とも話しており、

催しを開いた政治団体への法的措置も視野に

対応を考える方針も明らかにしました。


【ANGLE】
「表現の不自由展」が表現の自由に基づき愛知県が展示を認めるならば
当然「表現の自由展」も展示を認めるべき。


この催しは、保守系政党である日本第一党愛知県本部が主催した


【芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019「表現の自由展」】


で、10月27日にウィルあいちにて行われたものです。

日本第一党愛知県本部によりますと

その開催の意義について


「この機会に是非ともご来場頂き

あいちトリエンナーレ2019でも議論となった

表現の自由につきまして

改めて私共から問題提起を致し

皆様に考えて頂きたいと思っております。」


としており

未だに、その責任の所在や事実の検証、

展示の再開について侃々諤々の議論が噴出している

あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展その後」

に対する問題提起として行うものであるとしております。


その内容については、

朝日新聞の記事にもありますように


①「犯罪はいつも朝鮮人」「ルンルン楽しい日韓断交」「論より抗議あとは暴力」

「濡れ衣差別といつもの言い草」などが書かれた朝鮮人かるた

②黒電話に銃口を突きつける写真

③「大村知事に捧ぐ4首」として、大村愛知県知事を皮肉った狂歌4首

④ベトナム戦争で韓国人兵士が起こしたとされる強姦事件の悲劇を表現した

「ライダイハン像」のミニチュア

⑤所謂「慰安婦少女像(平和の少女像)」を皮肉り木の椅子2脚のみを展示した

「都合の良い椅子」


などが展示をされておりました。

この催しや展示品、ウィルあいちの対応に対して大村愛知県知事は


「内容からして明確にヘイトに当たると言わざるを得ない」

「不適切だった」

「法的手段が講じられるのかも含めて検討するよう指示した」


と発言しましたが、

では、表現の不自由展で展示していた作品は


「ヘイト(差別扇動表現)」


ではないのでしょうか。


個人的には、表現の不自由展で展示された、

いわゆる慰安婦像(平和の少女像)や

昭和天皇の肖像を燃やして踏みにじった映像作品や

外国国章損壊罪にも問われかねないほど、星条旗を損壊させ

特攻隊や日本人、日本を侮辱した作品などは

明らかにヘイト(差別扇動)であります。

特に慰安婦少女像などは捏造の情報を元にし、

在韓米軍の起こした

「韓国人女子中学生轢死事件」

の抗議の為に作られた像の流用と言う時点で

かなり悪質でありますし、

昭和天皇の肖像を汚辱、破損する行為は、不敬であります。


大村知事は、この「表現の不自由展」に対しては、

その後再開をし

なおかつ、文化庁の補助金不支給に対して異議申し立てをする等、

公金や公共の場所を利用することを容認しました。


その点から鑑みれば、

「表現の自由展」に対しても同様に

公共の場所を利用することについて容認をしなければ


「ダブルスタンダード(二重基準)」


になると言わざるを得ません。


大村知事の言い分を正当化させるには


①「表現の不自由展」と「表現の自由展」の展示品やコンセプトに
 どの様な差異があるか、客観的かつ明確に説明し根拠を示す。

②「表現の不自由展」「表現の自由展」の展示品やコンセプト双方を容認する。

③「表現の不自由展」「表現の自由展」の展示品やコンセプト双方を否定する。

④「表現の不自由展」「表現の自由展」の展示品やコンセプト双方を否定するが
 公共の地方自治体として「表現の自由」の観点から展示は認めざるを得ない。


という、選択肢しかないように思えます。


このどれにも当てはまらない選択をした大村知事の言動については

思想信条関係なく

すべての人々が納得をしないのではないかと感じております。


本日は以上です。

有り難うございました。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事