ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

saitのブロマガ

「復刻版 初等科国史」の個人的感想

2019/10/20 16:27 投稿

  • タグ:
  • 国史
  • 歴史教科書
  • 初等科国史
  • 歴史
  • 日本



[復刻版]初等科国史 文部省 https://www.amazon.co.jp/dp/4802400845/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_QTaRDbQJTCPF4

復刻版 初等科国史読了しました。

現在の日本の歴史教科書や日本史の教科書とは明らかに異なる視点で書かれた歴史教科書であり、非常に読みやすい。

日本国民だったら必読の書だと思う。


◎現在の歴史教科書と明らかに違う点。


①「神話」を元にしているので、天孫降臨→天照大神→神武天皇からの皇祖皇宗の歴史→飛鳥時代以降~昭和時代までの歴史の順番に書かれている。
即ち、旧石器時代、新石器時代、縄文時代、弥生時代の記述がない。

②飽くまで日本の国の視点で書かれているので、中国の歴史書や中国の歴代王朝の地誌、国史を元にしていない。
即ち、魏志倭人伝や後漢書東夷伝などの記述がなく、邪馬台国や卑弥呼がでてこない。

③歴代天皇、皇祖皇宗の視点・主観で書かれている為、主に歴代天皇の御事績を中心に描かれている。

④③の点から、皇祖皇宗や皇室、臣民(国民)や日本の国家に対して良い政治、政策、政(まつりごと)を行った「為政者の行い」に対しては、評価をしているが、皇室や日本国家、臣民(国民)に対してデメリットの有る政治、政策、政(まつりごと)を行った「為政者の行い」や、自身の奢りが出ている「為政者の行い」に対しては容赦なく断罪している。
一例を上げれば「摂関政治」や「平家」などの政策や政全体や「室町時代」などの歴史区分全体を賛否の対象としておらず、明らかにその時代の「摂政・関白・将軍・藩主・武将・政治家」などの実績、政策、政(まつりごと)をその評価の対象としている。

⑤西暦を採用していない。元号と皇紀を採用している。

⑥日本の周辺国やその時代の世界について、日本の国防上、また、日本から見た「国際関係史」の視点で描かれており、「地政学」の基礎が学べる。

⑦「鎖国」に対して比較的評価をしておらず「海洋進出」や「貿易」を奨励しているスタンス。
即ち「『島国』日本」という立場ではなく「『海国(海洋国家)』日本」というスタンスにたっている。

⑧最終章である第15章「昭和の大御代」の部分は、些か「恣意的」「我田引水的」「偏向・歪曲的」な部分が多々あり、よほど注意深く読まなければならないと思う。

現在の既存の中学の歴史教科書や高校の日本史の教科書と併せて読んでもいいかと思う。

兎に角読んで損はない。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事