saitのブロマガ

【ブログネット】文化庁の「あいちトリエンナーレ」補助金の不交付の理由に「表現の自由」は関係性がない。

2019/09/27 14:51 投稿

コメント:32

  • タグ:
  • ブログネット
  • 社会
  • あいちトリエンナーレ
  • 補助金
  • 愛知県
  • 文化庁
  • 検閲
  • 表現の不自由展

ブログネットです。


本日の話題です。


社会です。

元ソース、産経新聞そしてブログネット独自の情報です。


文化庁があいちトリエンナーレへの補助金支給の中止を決めました。


あいちトリエンナーレへの補助金 文化庁が全額不交付決定 「申請手続きが不適当」

(産経新聞 2019.9.26 13:44 更新)

(https://www.sankei.com/life/news/190926/lif1909260023-n1.html)


愛知県で開催中の国際芸術祭

「あいちトリエンナーレ2019」の企画展

「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で

文化庁は26日、

約7800万円の補助金を

全額不交付とすることを決定しました。


愛知県が文化庁に対し

安全面に対する懸念などを事前に申告しないなど

交付申請の手続きが「不適当」であったと判断しました。


文化庁によりますと

あいちトリエンナーレは4月

同庁の「文化資源活用推進事業」に内定しましたが

愛知県は補助金交付申請の際

不自由展の一部作品をめぐり事業が

安全、円滑に運営できるかどうか

懸念していたにもかかわらず

文化庁に申告しておりませんでした。


このため文化庁では


(1)事業が実現可能な内容になっているか

(2)事業の継続が見込まれるか


の2点で


「適正な審査を行うことができなかった」


としています。


不自由展では

元慰安婦を象徴する像や

昭和天皇の肖像を燃やすような映像の展示に

批判や抗議が殺到。

テロ予告の犯罪行為などもあり

安全が確保できないとして

開幕3日で中止に追い込まれておりました。




【ANGLE】
今回の文化庁の補助金全額不交付に「表現の自由」の論争は関係しない。


今回の文化庁のあいちトリエンナーレでの

補助金全額不交付について


(1)事業が実現可能な内容になっているか

(2)事業の継続が見込まれるか


の2点で「適正な審査を行うことができなかった」

という理由を根拠とするならば、

そこには、「表現の自由」の論争も

「作品個々の内容」についての是非についての

関係性はないと言えます。


つまり、文化庁は


あいちトリエンナーレの事業の実施と運営が、

当初、主催者側が文化庁に提出した

実施計画書とは内容が異なり

尚且つ

開催後の実施報告書の提出や相談が

愛知県側や主催者側から為されなかったので

審査・確認ができず、

補助金の額の確定も決められないため

補助金の交付が出来なかった


ということになります。

即ち、今回の補助金中止の理由は


「表現の自由の侵害」

「国による検閲か否かの問題」


また、作品自体のプロパガンダや

差別蔑視表現の是非などとは関係がなく

ひとえに


「あいちトリエンナーレの運営の問題」


が主たる原因に当たると言えます。


この点について萩生田光一文部科学大臣も

26日の文科省内での記者会見の場で


「愛知県側では4月の段階で

会場が混乱するのではと警察当局と相談していたらしいが

文化庁にはその内容が来ていなかった

少なくとも各方面に相談した段階で

申請先の文化庁にも相談すべきだったのではないか


中身については文化庁は全く関与しておらず、検閲にはあたらない


と発言しており

あいちトリエンナーレの主催者と愛知県の

運営、対応の不味さが原因と指摘しております。


これらの点を踏まえ、個人的には、

今回の文化庁の補助金不交付を理由に

表現の自由の弾圧や

有りもしない政府による検閲への批判を

文化庁に対して行うのは

筋違いであります。



寧ろ、企画段階から、現在まで

適切な対応、運営を行っていなかった

愛知県と主催者側を批判すべきであり

9月26日夕方に文化庁前で行われたデモも

文化庁の前でデモを行うのではなく

愛知県庁やあいちトリエンナーレの会場で行うのが

筋であると思います。


このデモに参加した人たちや、

このデモを支持する人たちは

「検閲」とは何なのか、

また、文化庁が補助金不支給を決めた理由を理解していない

無知な人々であると、個人的には呆れてしまいました。


本日は以上です。

有り難うございました。



コメント

うさが
No.31 (2019/09/29 23:22)
やるなら自分で金集めりゃいいし、何一つ表現の自由とは関係ないね。「俺たちは迫害されてる!」ってうるさいやつ、皆殺しにしたら世の中もっとまともになるよ。
yu
No.32 (2019/09/29 23:33)
電凸されたりして予定していたように運営できなくなったのにこれだと中止に追い込んだ人たちにおめでとうご苦労様って言っているようなもの

あと内容については大まかなテーマを決める以外に役所が口出しするとそれこそ検閲に繋がるのでできるだけ関りを持たないようにするのはお互いに共有してるはず

まあ表現が不適切だからダメっていうのがさすがに不味いという認識が良くも悪くも国側も持ってるのはある意味救いなのかもしれない
☆みさちゅ☆
No.33 (2019/09/30 00:09)
うん、曲がりなりにも憲法で定められた象徴を汚すような行為はどうあっても国の事業として認めちゃいけないでしょ。
企業だけでやってるならともかく。どう考えても正当な理由です。
後、捏造の物的証拠がある偏った政治的表現とか論外。どこに芸術性があるのさ。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事