ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

saitのブロマガ

【ブログネット】漫画のキャラクターに政治的発言をさせた点以外の問題に気付いていない漫画家。

2019/07/16 15:49 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ブログネット
  • 政治
  • 社会
  • 高橋和希
  • 遊戯王
  • 政治的発言
  • 遊☆戯☆王

ブログネットです。


本日の話題です。


社会・政治です。

元ソース、ライブドアニュースそしてブログネット独自の情報です。


自身のキャラクターに発言させる点の他にも、別の点で問題があります。


「遊☆戯☆王」のキャラクターを使用して政治的発言 作者が謝罪

(ライブドアニュース 2019年7月16日 13時13分更新)

(https://news.livedoor.com/article/detail/16780318/)


漫画家の高橋和希氏(55)が16日、

自身のインスタグラムを更新。

漫画「遊☆戯☆王」の登場キャラクターを使用し、

政治的発言を行ったことについて謝罪しました。


15日の投稿で高橋氏は


「7月21日に選挙があるので

投票している王様イラストにアレンジしました!」


と、キャラクターのイラストに


「ホント…日本て住みづらくなっちゃった…」

「独裁政権=未来は暗黒次元!」


と吹き出しを付け加えた画像をアップしておりました。
(https://www.instagram.com/p/Bz7uNluH-Vk/?utm_source=ig_web_copy_link)


しかし、ネット上では


「今回の内容、ただただ非常に残念です。

貴方のキャラクターは

政治思想で人々の心に残ってきたのではありません」


「勿論、国の未来を左右する一票はとても重いですし

先生がどのような思想をお持ちでも

それは尊重されるべきものですが

それをキャラに言わせるような発信は

何か違うよなあと思いました」


「さすが先生!よくぞ言ってくださいました!

くにの未来のために選挙行きます!

できるかぎりのことをします!

てきとうな候補者ではなくよく考えて投票します!」


など、賛否両論の声が挙がっていました。




【ANGLE】

キャラクターに政治的発言をさせた事だけが、問題ではない。



個人的には、今回の高橋和希氏のインスタグラムでの発言は、

自身の漫画のキャラクターに

政治的発言をさせた事については勿論ですが、

それ以外の点の方がかなり重大な問題であると思います


今回の投稿では

遊戯王のキャラクターに政治的発言をさせたほか、

インスタグラムのコメントにも


「本当に今の売国政権で日本の未来は大丈夫かと思うわ!ヤバイ〜〜!!」


という高橋氏自身の政治的な発言が

記されております。


この2点の双方に共通するのは、


何故、現在の安倍政権が、独裁政権なのか、また何故、売国政権なのか

『論拠』『根拠』が示されていない


点であります。


論拠もなしに、政権批判や政治批判をしたのであるのならば、

まさに根拠のない


「ブラックプロパガンダ」


であると思いますし

況してや、人気漫画家という著名人

論拠・根拠もなしに、情報を拡散、流布することは

あまりにも危険な行為であり、

その影響を考えずに発言したのであるのならば、

あまりにも御粗末すぎると思います。


他方、一部インターネット上では


「漫画家という著名人が、政治的発言をするな」


とか


「芸能人や有名人が政治的発言をすべきでない」


という、意見が散見されておりますが、

この意見は、明らかな「職業差別」に当たると思います。


先程も申し上げましたが、論拠・根拠が確りしていれば、

自身の持論を展開してもいいですし、

インターネットやSNSを通じて

政治的発言をしても構わないと思います。

それが、言論の自由であり、表現の自由ともいえます。


しかし、論拠・根拠もなく情報を流布拡散するということは

自身の発言に責任を持っていない証明でもあり

これでは、言論や表現の自由を主張する権限がないとも思います。


今回の件は、高橋氏に


「漫画家という、表現や情報を世界に発信する職業を生業とする

資質があるのか否か」


という点にも関わってくる、重大な問題であると

個人的には感じております。


本日は以上です。

有難がとうございました。


コメント

ようこそ
No.1 (2019/07/17 02:07)
>先程も申し上げましたが、論拠・根拠が確りしていれば、自身の持論を展開してもいいですし、インターネットやSNSを通じて政治的発言をしても構わないと思います。それが、言論の自由であり、表現の自由ともいえます。

本人そんなこと考えてもいないでしょうね。
たぶん、いっぱい反論とかが来たことにたいして「うわーコレ言論統制だわー日本住みにくいわー」とか言いだすんじゃないでしょうかね。

「言論の自由」とは「私が何をいっても世間は許さないといけない、という意味!」とおもいこんでる典型でしょう。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事