saitのブロマガ

【ブログネット】韓国がマレーシア、UAE等に戦略物資を密輸出か?

2019/07/10 16:35 投稿

  • タグ:
  • ブログネット
  • 政治
  • 国際
  • 韓国
  • ホワイト国
  • 密輸出

ブログネットです。


本日の話題です。


政治・国際です。

元ソース、FNNそしてブログネット独自の情報です。


韓国の輸出管理体制に疑問符がつく実態がうかがえる資料を、FNNが入手いたしました。


【独自】韓国から戦略物資の密輸出 4年で156件 韓国政府資料入手で“実態”判明

(FNN 2019年7月10日 午前11:45更新)

(https://www.fnn.jp/posts/00420563CX/201907101145_CX_CX)


FNNが入手した韓国政府作成のリストによりますと、

2015年から2019年3月にかけ、

戦略物資が韓国から流出した密輸出案件は、

156件にのぼることがわかりました。


北朝鮮金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺の際に使用された

神経剤「VX」の原料が

マレーシアなどに密輸出されたほか、

今回の日本の輸出優遇撤廃措置に含まれるフッ化水素も、

UAE(アラブ首長国連邦)などに密輸出されていました。


国連安保理北朝鮮制裁委員会のパネル委員だった

古川勝久氏は


「大量破壊兵器関連の規制品をめぐる

輸出規制違反事件が

これほど摘発されていたのに

韓国政府がこれまで公表していなかったことに驚いている」


「この情報を見るかぎり

韓国をホワイト国として扱うのは難しいのではないか」


とコメントしました。

日本政府の野上浩太郎官房副長官は、10日午前、

日本政府の方針について


「今回の措置は、WTO(世界貿易機関)で認められている

安全保障のための輸出管理制度の

適切な運用に必要な見直しだ」


とあらためて強調したうえで

韓国からの戦略物資の密輸出について


「韓国の輸出管理については

適切な輸出管理が行われていないと

懸念される事例があると承知しているが

個別の事例について答えることは差し控える」


と述べました。



【ANGLE】
VXガスと金正男氏暗殺とマレーシアの関係性



今回、FNNが入手した

韓国の軍事戦略物資の密輸出品リストのうち

北朝鮮の金正男氏暗殺の際に使用された

神経剤「VX」の原料レーシアに密輸出された件については

個人的にも衝撃的でした。


VXガスは、猛毒の神経剤の一種であり、

人類が作った化学物質の中

最も毒性の強い物質の一つといわれております。


平成6年(1994年)の10月から翌平成7年(1995年)1月まで

オウム真理教によるテロ事件や殺害事件

使用されたことでも知られております。


金正男氏暗殺事件は、

現地時間で2017年(平成29年)2月13日午前9時(日本時間の10時)頃に

発生した事件で、

金正男氏がマレーシアのクアラルンプール国際空港で、

マカオへの出国手続きの最中に、

ベトナム人とインドネシア人の女性2人が

金氏に突然襲いかかり、

VXガス入りのスプレー

金氏の顔面に吹き付け、タクシーで逃走。

金氏は病院へ収容する途中で亡くなりました。


この金氏が暗殺された場所

マレーシアのクアラルンプールであり、

また、韓国によって

マレーシアにVXガスの原料が密輸出された点

奇妙な一致あります。


更にこの暗殺事件

北朝鮮が何らかの形で関与しているのは濃厚であり

マレーシアに潜伏をしていた北朝鮮の関係者

VXガスの原料

韓国から手渡されていた可能性も否めません。


FNNの記事の内容の通り、

この点を踏まえてみても、

韓国に対して、軍事戦略物資、

また軍事転用の恐れのあるこれらの材料、部品を

包括・一括して輸出管理・認可ができる優遇措置

所謂「ホワイト国認定」を日本が許可をすることは難しく、

今回、日本政府が行った韓国に対する、

一連の貿易輸出の見直しについては

妥当性がある証明にも成っていると、

個人的には考えます。


本日は以上です。

有難がとうございました。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事