saitのブロマガ

【ブログネット】「組織的な選挙演説の妨害」は「公職選挙法違反」の犯罪行為。

2019/07/09 22:59 投稿

  • タグ:
  • ブログネット
  • 政治
  • 参議院選挙
  • 選挙妨害
  • 公職選挙法
  • 公選法違反

ブログネットです。


本日の話題です。


政治です。

元ソース、産経新聞そしてブログネット独自の情報です。


組織的選挙妨害は公職選挙法違反です。


自民・萩生田氏、総裁日程のHP事前公表なしは「組織的に妨害する人がいるから」

(産経新聞 2019.7.9 11:52更新)

(https://www.sankei.com/politics/news/190709/plt1907090018-n1.html)


自民党の萩生田光一幹事長代行は9日

7月21日投開票の今回の参議院議員選挙で

自民党総裁の安倍晋三首相の遊説日程を

ホームページで事前公表していない理由について


「残念だが、あらかじめ公表すると

組織的に演説を妨害する方がいて、

まじめに聞きたくて集まった人たちにご迷惑をかける」


と述べました。

自民党本部で記者団の取材に応えた萩生田氏は


「(安倍政権の反対派の人たちも)批判をする権利はある」


としつつ、


「演説会は候補者の政策を聞いてもらうためのもので、

選挙妨害と思われる行動は慎んでほしい


と苦言を呈しました。

また、首相の公務日程が直前まで決まらないことも理由の一つとし、

その上で


「このスタイルでしばらく続けてみたい」


と語り、今後も事前公表はしない考えを示しました。




ANGLE】

「組織的選挙妨害」は公職選挙法第230条違反。


自由民主党の萩生田幹事長代行が

今回、安倍首相の選挙演説に対する

組織的選挙妨害について言及をしましたが、

度々選挙演説中聴衆者の罵声やヤジ

自民党支持を反対する内容のプラカードを掲示するなどの

選挙妨害行われていた過去があります。


平成29年(2017年)7月1日の

東京都議会議員選挙中の秋葉原での自民党の演説では

安倍首相が演説中

「安倍やめろ」コール発生

安倍首相が


「こんな人たちに負けるわけにはいかないんです」


と応じたため、一部報道で有権者軽視だと批判されました。


また、平成30年(2018年)9月19日の

秋葉原での自民党総裁選の締めくくりを飾る街頭演説でも

聴衆の一部から「安倍やめろコール」が沸き起こり

更に、「安倍内閣は退陣を」や「独裁は辞めろ」

などと書かれたプラカードも林立いたしました。


これらの「安倍やめろ」コールなどのヤジや

反安倍政権へのプラカードの掲示は

安倍首相の演説のみならず、

登壇した演説者を妨害しているため

公職選挙法第225条選挙の自由妨害罪に当たり

4年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金となります。


また、この様な選挙演説に対し、

何らかの組織から動員がかかり、

上記のような選挙妨害が認められた場合

公職選挙法230条多衆の選挙妨害罪にあたります。


首謀者は、1年以上7年以下の懲役、若しくは禁錮

首謀者ではないものの、他人を指揮したもの、

また、他人に対し率先して扇動をしたもの

また、この選挙妨害を幇助したものについては

6ヶ月以上5年以下の懲役、若しくは禁錮。

更に、この妨害に同調し、選挙妨害をしただけであっても

20万円以下の罰金、過料になります。


元刑事で、北京語通訳捜査官であった坂東忠信氏は

この様な選挙妨害が始まった場合や見つけた場合

充分、公職選挙法違反に抵触する妥当性があるので、

速やかに110番通報をするよう呼びかけております。


また、坂東氏は


「選挙妨害による逮捕については、

妥当性と世論が必要とし

警察が選挙妨害者を逮捕した場合

マスコミは挙って『言論弾圧した!』

と言ってくると思われるが、有権者(国民)

『それは違う!』という声を上げれば民意になる!」


とも発言をしております。


この様な、明らかな演説を妨害するような

組織的な選挙妨害を見つけましたら

110番をし警察に速やかに連絡をしましょう。


本日は以上です。

有難がとうございました。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事