saitのブロマガ

【ブログネット】共同通信が昭和天皇の思召しを「見出し詐欺」? それを他メディアが引用し拡散。

2018/08/23 13:31 投稿

コメント:36

  • タグ:
  • ブログネット
  • 歴史
  • 皇室
  • マスコミ
  • 共同通信
  • 戦争責任
  • 大東亜戦争
  • 歪曲
  • 偏向

取り敢えず台本だけです。
動画編集をするかは未定です。

⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊


8月24日(金)のブログネットです。


本日の話題です。


歴史・皇室・マスコミです。

元ソース、共同通信そしてブログネット独自の情報です。


先帝陛下の思召しを歪曲して報道。それが、各報道機関に拡散した可能性があります。


昭和天皇、戦争責任「つらい」 故小林忍侍従の日記

(共同通信 2018/8/23 02:04更新)

(https://this.kiji.is/405044604695348321?c=0)


昭和天皇が85歳だった1987(昭和62)年4月に

戦争責任を巡る苦悩を漏らしたと

元侍従の故小林忍氏の日記に

記されていることが分かりました。


共同通信が22日までに日記を入手して確認したところ、

昭和天皇の発言として


「仕事を楽にして細く長く生きても仕方がない。

辛いことをみたりきいたりすることが多くなるばかり。

兄弟など近親者の不幸にあい、

戦争責任のことをいわれる」


と記述しています。


日中戦争や太平洋戦争を経験した昭和天皇が

晩年まで戦争責任について気に掛けていた心情が

改めて浮き彫りになりました。


小林氏は昭和天皇の側近として長く務め、

日記は昭和後半の重要史料といえます。



【ANGLE】

この小林氏の日記の当該部分を改めて確認しますと、


「共同通信による見出し詐欺ではないか?」


と個人的に思いました。


【仕事を楽にして細く長く生きても仕方がない。

辛いことをみたりきいたりすることが多くなるばかり。

兄弟など近親者の不幸にあい、

戦争責任のことをいわれる】


との事ですが、

この文章を額面通り見ますと

『辛いこと』と言うのは、『戦争責任』には直接かかっておらず

『兄弟などの近親者の不幸』にかかっている言葉であると思われます。

つまり、先帝陛下の思召しでは


【『兄弟などの近親者の不幸』が『辛い事』】


であって


【『兄弟などの近親者の不幸』の場で『戦争責任の事を言われる』】


という事だけでは、

『戦争責任』に関しての先帝陛下の思召しは

この日記の文章だけでは、判断付きかねると

言わざるを得ないのではないでしょうか?


即ち、この共同通信による当該記事の見出しである


【昭和天皇、戦争責任「つらい」】


と言う表現は、共同通信の主観の入った

些か、偏向、歪曲的な表現であると解釈せざるを得ません。


この当該記事をうけて、毎日新聞や産経新聞

また、海外のロイター通信などが引用をして伝えております。

今回の共同通信の報道の内容は、

日本のみならず、

海外でも誤解を生む可能性がある伝え方であり、

また、これを引用した各メディアにしても、

そのメディア個々の主観により、

更なる歪曲的表現に置き換えられる可能性も否めません。


各メディアは、この点について留意して

適宜、訂正謝罪をして伝えるべきではないかと

個人的には感じております。


本日は以上でございます。

有難うございました。


コメント

リドル
No.37 (2018/08/25 23:05)
まあ、この件に限らずマスコミなんて見出し詐欺、タイトルと内容との乖離が酷過ぎる記事とか普通に存在するからな。
前からちょっと疑問なんだが、あれって景品表示法違反とかにならんのかね?
ゲスト
No.39 (2018/08/25 23:14)
著者がダブスタで説得力が無い
都合の悪いところを伏せるのが「伝えない自由」 この共同記事の場合、見出しの補強になるんだからあてはまらん
「判断を突きかねる」「おりませんか」とか、ところどころ日本語がおかしいのが気になる

私の主観です
myomyo
No.40 (2018/08/27 11:13)
>>37
法律的な問題にはし辛いだろうね。

あくまで各報道機関は公正中立である事が望ましいというモラルはあるけども、それを咎める法律みたいなのは無いし、仮に公正中立でなかった結果誤解などが発生した(=誤報)としても、その結果報道機関が信用を失うといういわば「自業自得」でもってケリはついたと考える仕組みに今現在はなってる。名誉毀損にあたる事例のような例外案件はあるけどね。
実際今の報道機関はマスゴミなんて通称を見ればわかる通り、自らの信用を完全に失っている状態ではあるんだけど、問題はそれに対応した”信用できる情報媒体”が生まれていない事なんだよねぇ。だから、信用が地に落ちていても、情報拡散能力や正確性などで勝る(と未だに一部には認識されている)各種報道機関が未だに生き残る事ができちゃってるという構図になってる。信用はできないが他の個人ニュースとかよりはマシって感じに思われてるわけだね。

法的責任を取らせようと情報発信の正確性を法的に要求するようになると、その法律は報道機関よりも先に一般市民からの情報発信を縛る事になってしまうんじゃないかな、と個人的には思うんで、多分そういう仕組は今後も作られないんじゃないかなぁ。

https://biz-journal.jp/2014/09/post_6024.html
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事