saitのブロマガ

【ブログネット】グリンピース フランス原発に対するドローンを利用したテロ攻撃を公表?

2018/07/04 14:53 投稿

  • タグ:
  • ブログネット
  • 社会
  • 国際
  • 原発
  • 原子力発電所
  • グリンピース
  • テロ
  • フランス
  • テロ行為

取り敢えず台本だけです。
動画を編集するかは未定です。

⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊


7月5日(木)のブログネットです。


本日の話題です。


社会・国際です。

元ソース、AFP、そしてブログネット独自の情報です。


グリンピースによるテロ行為です。


仏原発にスーパーマンを模したドローンぶつける、グリーンピース

(AFP  2018年7月4日 11:08 配信)

http://www.afpbb.com/articles/-/3181119


環境保護団体グリーンピースは3日朝

フランスの原子力発電所がテロ攻撃に弱いことを示すため

フランス南東部の原発に

空飛ぶスーパーマンを模したドローンを激突させたと発表しました。


グリーンピースが公開した動画には

南東部リヨン郊外の約25キロに位置するビュジェ原発上空の

飛行制限区域を飛行し

建屋にぶつかるドローンが映っておりました。


グリーンピースによると

ドローンは原子炉のそばの

使用済み核燃料貯蔵プールの建屋にぶつかったとの事です。

使用済み核燃料貯蔵プールは原発内でも特に線量が高い場所です。


グリーンピース・フランスの原子力反対運動部門を率いる

ヤニク・ルスレ氏は


「これは極めて象徴的な行動だ。

今回はいとも簡単に空から使用済み核燃料貯蔵プールに到達できることを示した。

つまり攻撃に対して極めて弱いということだ」



と述べました。


フランス電力(EDF)は

使用済み燃料プールの建屋は

自然災害や事故などの衝撃に耐えられるように設計されている

と説明するとともに

グリーンピースが飛ばしたドローン2機のうち1機を警察が押収したと発表しました。


【ANGLE】

今回グリンピースが行った、

原子力発電所へのドローン激突行為は、

明らかに、フランス電力に対する、威力業務妨害

並びに、この原子力発電所によって供給された電力を利用する

フランスに在住する人々と周辺諸国へのテロ行為であると言え、

グリンピースの原子力反対運動部門のルスレ氏の発言は詭弁であります。


一方、

今回の様な、ドローンによる原子力発電所への侵入、並びに攻撃が

実質可能と映像で証明されたことは

様々な懸念を露見したという事にもなります。


第一に、ドローンによる原子力発電所内の情報収集が容易に行える点。

第二に、ドローン以上の大きさの機体を持つ飛行物、

例えば、無人小型ヘリや無人飛行機などに激突や、

爆発物を積んだドローンによる自爆攻撃に対しての

原子力発電所の脆弱性を指摘される可能性も否めません。


これは、フランスのみならず、

日本を含めた世界各国の発電所にも共通する問題点であるとも言え、

日本でも早急に、原子力だけでなく、全ての発電所や

ガス、水道などのライフラインの供給源に対する

テロ対策を進めるべきであり、

今回の出来事は、対岸の火事ではないと、個人的には感じております。


本日は以上でございます。

有難うございました。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事