saitのブロマガ

【ブログネット】朝日新聞が尖閣諸島に領土問題が有ると示唆?

2018/03/22 21:54 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ブログネット
  • 政治
  • 朝日新聞
  • 尖閣諸島
  • 学習指導要領
※動画を作成いたしました。




1か月間ブロマガのペナルティーの為、更新が出来ませんでした。
そこで、この1か月間に作った、過去の台本のストックをまとめて挙げておきます。

⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊

2月18日(日)のブログネットです。


本日の話題です。


政治、教育です。

元ソース、朝日新聞、そして、ブログネット独自の情報です。


朝日新聞が社説で尖閣諸島に領土問題が有ると示唆しました。


(社説)高校指導要領 木に竹を接ぐおかしさ

(朝日新聞デジタル 2018/02/15-05:00配信)

https://www.asahi.com/articles/DA3S13359788.html


朝日新聞は2月15日の社説


「高校指導要領 木に竹を接ぐおかしさ」


の中で、

2022年度から実施される

高校の学習指導要領の改訂案について触れ

社説の中で尖閣諸島についての政府見解に対し

「知識の一つ」と言及しました。


朝日新聞は、学習指導要領の改定案について

領土問題の指導の仕方について疑義を述べており、

その例として尖閣諸島の項目について取り上げ


「『尖閣諸島は我が国の固有の領土であり、

領土問題は存在しないことも扱うこと』

などとなっている。

政府見解を知識として生徒に伝えることは大切だ。

だが『これを正解として教え込め』という趣旨なら賛成できない。

相手の主張やその根拠を知らなければ、

対話も論争も成り立たない。

他者と対話・協働して課題を解決する。

それが新指導要領の理念ではなかったか。」

と言及。

日本固有の領土である、尖閣諸島に対し

恰も、日本の政府見解とは、別の解釈もあるという旨を

表明いたしました。



【ANGLE】

外務省による基本見解によりますと、


「尖閣諸島が日本固有の領土であることは,

歴史的にも国際法上も疑いのないところであり,

現にわが国はこれを有効に支配しています。

したがって,尖閣諸島をめぐり解決すべき領有権の問題はそもそも存在していません。」


としております。

その理由として


第二次世界大戦後

日本の領土を法的に確定した

1952年4月発効のサンフランシスコ平和条約において

尖閣諸島は、わが国が放棄した領土のうちには含まれず,

南西諸島の一部としてアメリカ合衆国の施政下に置かれ,

1972年5月発効の沖縄返還協定により

わが国に施政権が返還された地域の中に含まれている点


また1885年以降、日本政府が再三にわたり、

尖閣諸島の現地調査を行ない,

当時の中国大陸の王朝であった清の支配が及んでいる痕跡がないことを確認。

1895年1月14日、

現地に日本の領土を示す杭を建設する旨の閣議決定をうけて

正式にわが国の領土に編入する事となった点が挙げられます。


中国政府及び台湾当局が尖閣諸島に関する独自の主張を始めたのは,

1968年秋に行われた

国連機関による調査の結果

東シナ海に石油埋蔵の可能性があるとの指摘を受けて

尖閣諸島に注目が集まった1970年代以降からであり、

従来中華人民共和国政府及び台湾当局が

いわゆる歴史的,地理的ないし地質的根拠等として挙げている諸点は,

いずれも尖閣諸島に対する

中国の領有権の主張を裏付けるに足る国際法上有効な論拠とはいえない、

としております。

即ち、尖閣諸島は日本固有の領土であることは明白であり、

その点については、沖縄返還後のアメリカも認めております。


翻って、今回の朝日新聞の社説の内容についてですが、

社説(しゃせつ)とは、全国紙、地方紙を含めた新聞に掲載されている

解説記事のことであり、一般には社としての立場・意見の表明でもあります。


つまり、朝日新聞は、今回の社説の内容である


「尖閣諸島は我が国の固有の領土であり、領土問題は存在しない」


という日本の政府見解を『単なる知識』として捉えた事は、

朝日新聞社として


「尖閣諸島に領土問題が有る」


というスタンスを世間一般に広めたと言っても過言では無く、

この記事の内容だけでも、

日本に対して、売国、反日行為を行っていると

朝日新聞社自らが示したとも言えます。


個人的には、

大東亜戦争前に、日本国内の世論を日米開戦に向けて煽動した件

慰安婦問題や、南京大虐殺の捏造

天皇皇后両陛下並びに皇室、内閣総理大臣の靖国神社参拝の問題化

また、昨今話題になっている

過去に記事として伝えた、様々なフェイクニュースの件も併せ、

最早、朝日新聞は、新聞社としての体を成しておらず

新聞として、読む価値は一ミリも無い様に思えます。


本日は以上でございます。

有難うございました。


コメント

komomu
No.1 (2018/03/22 22:49)
わかりやすい
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事