saitのブロマガ

【ブログネット】 河野外相 外相専用機『おねだり』報道に怒り露わ。

2017/12/20 01:53 投稿

  • タグ:
  • 政治
  • ブログネット
  • 河野太郎
  • 外相専用機
  • 外務大臣

取り敢えず台本だけ。
編集するかは未定です。

⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊

12月21日(木)のブログネットです。

本日の話題です。

政治です。
元ソース、産経新聞、そしてブログネット独自の情報です。

怒られて当然です。

産経新聞は、12月18日の夜

「河野太郎外相は18日の自民党外交部会で、
平成31年度予算での外相専用機の導入に意欲を示した。
候補機種に米ガルフストリーム社の『650ER』の名前を挙げ
『20人乗りだが、アメリカ東海岸まで給油なしで行ける』と
“おねだり”した。」

と伝えました。

更に産経新聞は、外相専用機導入の理由として。

「皇族や首相の外遊には政府専用機が使用されるが、外相は民間機が使われている。
河野氏は海外で会談相手から食事に誘われても、
飛行機の搭乗時間を理由に断っているエピソードを紹介し

『小さくて良いし、中古でもかまわない』

と切実に訴えた。」

と伝えました。

この報道に対し河野外務大臣は、
翌19日の閣議後のぶら下がり会見で、この記事の内容に対し

「『おねだり』などという、ふざけた言葉をメディアが報道に使うのは、
私にはちょっと信じられない」

と批判しました。

また、河野氏は

「経費を削減しながら訪問国や(海外要人との)会談の数を1つでも増やそうと、
外務省一丸となって努力している。
理解をして(記事を)書いているなら倫理にもとるし、
理解しないで書いているなら能力に問題があるといわざるを得ない」

とも述べました。


【ANGLE アングル】


個人的には、この河野外務大臣の怒りは当然であると思います。

まず、日本の政府専用機ですが、
平成4年(1992年)よりボーイング747-400を2機所有し、
日本航空に整備を任せておりますが、
同社の経営再建の為、同社のボーイング747はすべて退役の予定で、
平成31年(2019年)以降は、政府専用機を整備できず、
政府専用機も来年度(2018年)を最後に引退。
そして、後継機としてボーイング777-300ER2機を導入し、
全日本空輸に整備を委託するとの事です。

また、政府専用機などの要人輸送機は
最低でも「主務機」、「副務機」、「予備」の
3機以上の体制で運用されるのが望ましいといわれており、
もし1機が故障した場合、
稼働できる機体が、1機のみになり
予備機がなくなってしまうほか、
国外寄港地で正・副の2機とも故障した場合は代替機がなくなり、
危機管理上の問題を呈すとみなされております。

更に、世界各国では2000年以降、
短い滑走路を持つ地方の空港からでも容易に離着陸できるなどの理由から、
政府専用機の導入の際、
大型機では無く、航続距離の長い、中型小型のジェット機や、
所謂ビジネスジェットに見直す傾向が強くなっております。

つまり、河野外務大臣の発言を含め
今後、北朝鮮などの諸外国からの脅威を防ぐ為にも
外交交渉が、益々重要になるともいえ
また政府専用機の運用は3機以上が理想であるという点
そして、政府専用機の切り替えのタイミングから鑑みても
外相専用機を購入する点については、理に適っていると言えます。

更に、個人的な意見を述べますと、
戦後70年以上、世界規模の大戦が起こらなかった理由の一つとして、
飛行機の発達、航空航路の発達が言えるのではないでしょうか?

戦前までの、首脳会談、巨頭会談、頂上会談などの
二国間の政府の最高責任者の会談や
また、多国間の首脳を交えた国際会議は、
各国の内政を疎かにする事が出来ない点から、
長期に首脳が外遊する事が中々できず、開催も稀でありました。


日本に於いても、
大東亜戦争前の国際会議には、
ヨーロッパやアメリカから非常に遠い為、
全権団を結成し、首相、外相の権限を委譲して交渉をしておりました。

また、外相が長期外遊に出た場合は、
外遊期間中に外相代理を立てるなど
首脳会談を行ったケースは殆ど皆無であったと言えます。

その為、大東亜戦争前の日米交渉、
特に松岡洋右がヨーロッパを歴訪していた
1941年(昭和16年)3月以降
日本の外務省本省と
アメリカのワシントンの日本の外務省の実働部隊の間で
齟齬があったケースも多々あり、
それによって、アメリカの不興を買ったという事実もあります。

しかし、前の大戦後、
国連総会やサミットなどの先進国首脳会談、G7、G20などの国際規模の会談の開催、
また、遠く離れた国との交流や二国間外交交渉や首脳会談を容易にしたのは
飛行機の発達と航空航路の確立があったからではないでしょうか?

この様な、世界各国の首脳会談が頻繁に行われた故に、
戦争に発展せずに、未然に危機を回避した事例もかなりあると、
個人的には思っておりますが、
ご覧の皆さんはどう思いますでしょうか?

本日は以上です

ありがとうございました。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事