saitのブロマガ

【ブログネット】 天皇陛下の御譲位の日程が決定。その決定理由と過去の譲位の事例。

2017/12/02 00:48 投稿

  • タグ:
  • 政治
  • 皇室
  • 譲位
  • 天皇陛下
  • 平成
  • ブログネット

一応台本だけ。
編集するかは未定です。

⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊

12月2日(土)のブログネットです。

本日の話題です。


皇室です。

元ソース、産経新聞、そしてブログネット独自の情報です


再来年で平成時代は終焉します。


天皇陛下の譲位の日程等を決める皇室会議が1日午前、宮内庁で開かれ

平成31年4月30日に譲位して5月1日に改元することが決まりました。

政府は5日の閣議で結果を報告し

8日の閣議で譲位日を定める政令を決定する方針です。

天皇の譲位は、江戸後期の119代光格天皇(1771~1840)以来

約200年ぶりとなります。


【ANGLE アングル】


譲位とは、君主が生きている間に、その地位を後継者へ譲り渡す行為を指します。


日本においては

645年に行われた皇極天皇から孝徳天皇への譲位が最初の事例とされており、

過去の皇位継承のうち57代の皇位継承が譲位によって行われております。


過去の天皇の譲位の理由は様々です。

一番多いのは、天皇としての徳が無かったというもので、

続いて病気、高齢などの身体的な理由、

その他、院政を敷く、時の権力者による意向や要請、

南北朝の統一、江戸幕府との不和などの皇室と政治の問題。

また、大化の改新や、阿倍仲麻呂の乱、鎌倉幕府の討幕画策や、承久の乱など、

戦争や政争、クーデターの画策などで譲位をしたケースも多数存在します。


また、災害や、天変地異を鎮めるために、譲位を行うケースもあり、

変わったところでは、第85代の四条天皇は「彗星に祟られたため」に

第86代の後堀河天皇へ譲位したという記述も残っております。


今回の天皇陛下の御譲位は、

平成28年(2016年)8月8日の「おことば」を受けて行われるものであり、

産経新聞の記事でも触れておりますが、江戸後期の119代光格天皇以来、

202年ぶりとなります。


200年以上、天皇の譲位が行われなかった理由として

1889年(明治22年)に制定された大日本帝国憲法及び旧皇室典範

また1947年(昭和22年)に施行された日本国憲法及び皇室典範において

天皇の譲位を認めないことが明文化された点にあります。

これにより、日本における権威と権力の分立が確立している理由の

一つとも言われております。


今回、皇室会議を経て、

平成31年4月30日譲位、5月1日改元に決定をして理由として

菅義偉官房長官は記者会見で、

①同年1月7日に天皇陛下の在位30年目を迎える

②4月前半は全国的に人の移動が激しく、各種行事も盛んに行われる

③4月に統一地方選挙が実施される

④4月29日が昭和の日である

という点を挙げました。


譲位後、天皇陛下の称号は「上皇」、

皇后陛下は「上皇后」となり、

皇太子殿下の即位により、

皇位継承順位1位となる秋篠宮殿下の呼称は「秋篠宮皇嗣殿下」となる模様です。


本日は以上です。

有難うございました。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事