saitのブロマガ

【ブログネット】 米トランプ大統領 国連総会演説で北朝鮮拉致問題に言及

2017/09/21 23:20 投稿

  • タグ:
  • 政治
  • アメリカ
  • トランプ大統領
  • 国連
  • 国連総会
  • ブログネット
  • 北朝鮮
  • 北朝鮮拉致問題

アメリカトランプ大統領の国連総会での演説について、動画を作成しようと思いましたが、他の方の動画やマスコミでの報道の方が詳しかったので、今回はお蔵入りにします。
台本だけ掲載しておきます。

⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊


9月21日(木)のブログネットです。

本日の話題です。

政治・国際です。

 

元ソース、産経新聞そしてブログネット独自の情報です。

国連総会で北朝鮮による核ミサイル開発 そして拉致問題を激しく批難です。

トランプ米大統領は19日、国連総会で初の一般討論演説を行い、

外交分野に関する政権の理念と戦略について表明しました。

トランプ氏は持論である「米国第一」を掲げる一方、

北朝鮮の核・ミサイル開発問題を「世界全体の脅威だ」と指摘し、

国連が一体となって北朝鮮に核放棄を迫っていくべきだと訴えました。

トランプ氏は北朝鮮やイランを「ならずもの体制だ」と指摘。

北朝鮮の金正恩体制について

「ロケットマンが自殺行為の任務を進めている」

と述べ、北朝鮮の核・弾道ミサイルはキム体制の崩壊につながると警告。

「米国はあらゆる手段を講じて自国と同盟国を防衛する」

と言明するとともに、

もし軍事攻撃に踏み切る事態となれば

「北朝鮮は完全に破壊される」

と強調しました。

また、加盟各国に対し

国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議の確実な履行などを通じた

締め付け強化を要請するとともに、

先の安保理決議で

賛成に回った中国とロシアに対して謝意を表明しました。

 一方、日本の横田めぐみさんを念頭に、

「日本人の13歳の少女が拉致された。彼女はスパイの養成に利用された」

と述べるとともに

「北朝鮮はすさまじい人権侵害を行っている」と非難しました。




【アングル・ANGLE】

今回の国連総会での、トランプ大統領の北朝鮮拉致問題の言及について

拉致被害者の家族からは歓迎の声が上がっております。

拉致被害者 横田めぐみさんの母である横田早紀江さんは、

このトランプ大統領の異例の言及に対し

「初めて大きな世界的な、皆さんいらっしゃる中で

この問題を取り上げて言葉にしてくださったことは本当にびっくりもしましたし、

良かったし、ありがたいと思います。

このことがチャンスになると思うし、

北朝鮮にどう伝えていくかが大事、

めぐみには『あきらめずに頑張って』と伝えたい」

と話しました。

また9月11日から15日にかけて訪米をしていた

めぐみさんの弟 拓也さんは

「安倍首相の力添えや、日米同盟の力が発揮されたと思う。

訪米に手応えを感じていたが、ひとつの形になったのでは」

と 安倍首相や関係者の外交努力や働きかけに対して

謝意を述べました。

日本政府も、このトランプ大統領の演説を高く評価しております。

菅義偉官房長官は20日の記者会見で、

「横田めぐみさんと思われる日本人の女の子に言及しつつ、

拉致問題を含む北朝鮮をめぐる諸懸案の解決に向け、

取り組む姿勢を改めて示したことを高く評価したい」

と述べ、

 「今後は、日本人拉致被害者らの再調査を約束した

平成26年のストックホルム合意の履行を北朝鮮に引き続き求め

一日も早い全ての拉致被害者の帰国を実現すべく、あらゆる努力をする決意だ」

と強調しました。

個人的には、今回の内容について

国連総会での一般討論演説という点を踏まえると、

日米同盟の堅持を再確認出来ただけではなく、

今後の北朝鮮拉致被害者の全員奪還、

並びに、核やミサイル攻撃による北朝鮮からの脅威に対して、

世界共通の重大問題として、

大部分の国連加盟国と共有できた

重要な出来事であったと思います。

これは、日本の外交方針である

「自由と繁栄の弧」を基にした「価値観外交」

の成果の一つであるとも感じました。

今回のトランプ大統領の演説は

安倍政権の外交努力の賜物でもあるとも言え、

改めて外交能力の高さを示したとも感じました。

本日は以上です。

有難うございました。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事