ブロマガ的なアレ

900人記念枠クリア感想

2016/05/26 23:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 記念枠
  • レトロゲーム
2016年5月5日をもちまして、無事に900人記念枠の終わりを迎えました。
この記念枠が開始されたのが2013年9月9日ですので、
実に2年と8ヶ月やっていたことになりますね。どんだけかかっとんねん(´・_・`)

最後の放送が777枠目だったので、
狙ったでしょというコメントもありましたがこれは本当に偶然です。
縁起の良い数字でなによりでしたね。
(まぁその放送で2時間半消費したので、最終的にかかった合計数は782枠となりますが)

900人記念枠ではロマサガ→マザー→メガテンの順番で配信していきました。
せっかくですので、覚えている限りでプレイ感想でも書き綴っていこうと思います。
ゲームのネタバレも含みますので、未プレイの方はご注意くださいm(_ _)m)

                  *
【ロマサガ編】
実は900人記念枠を挑戦するにあたって一番不安なゲームでした。
というのも、子供の頃に一度プレイしたことはあるのですが、
ロマサガ1はアイスソードを奪ったあたりで何をしたらいいのか分からずに詰み、
ロマサガ2はダンターグにぶちかまされて詰み、
ロマサガ3は親に買ってもらえずに詰みました。つまりどのシリーズも詰んでいるのです。

個人的に初見でプレイするゲームより、
過去にクリア出来ずに詰んだゲームに再挑戦するほうが敷居は高い気がします。
放送でも詰んだら恐らくこの記念枠は企画倒れになるだろうと内心ビクビクで。

そんな気持ちで始まったロマサガシリーズですが、
意外にも手こずる場面がそれほどなく、コメントの手助けもあってクリア出来ました。
長年培ってきたRPG経験がノウハウとして活きて進めていけたんでしょうね。(自賛)
とは言っても目的地を見失ったり、ダンジョンで盛大に迷ったり、初見ボスではまず1回は死んだりと、それなりに時間をかけたところも結構ありましたが。

当コミュでの放送ルールとして「(初見・未クリアのゲームでは)攻略本・攻略サイトは無し」という方針を取っていますので、難しいゲームではコメントでのアドバイスが重要なファクターとなります。正直、コメントで助言を頂けなければロマサガ2は自力でクリア出来なかったと思います。それはつまりゲームで四苦八苦している主を見たければ助言コメントはしないで、早く次のゲームが見たければ助言コメントをしてあげる。簡単だね♪ 



                                                   



ラスボス戦では1,2,3すべてにおいて一度は敗北しました。
やはりサガシリーズのラスボスは強いという伝統を思い知らされることに。

ロマサガシリーズを遊び通して一番気に入ったのはロマサガ3です。
これはシステムが洗練されていて本当に夢中になれるほど面白かったです。
でも世界観や敵(七英雄)の設定は前作である2のほうが好きです。
しかしラスボスの形状(フォルム)は断トツで1です。大剣を携えるサル―インが秀逸!




つまりどのシリーズも魅力的で面白かったということになりますね。
RPGとして遊びやすかったのは3ですが、2も1もそれぞれに良さがありました。
BGMは甲乙つけられるものではなく全シリーズ通して最高でした。イトケンは偉大!

                  *
【マザー編】
初代はちょっと触れた程度でほぼ未プレイ。
2も3も全く情報を知らないまま未プレイ。
ロマサガ以上に「MOTHER」という作品を知りません。
なのでこの企画をやる上に当たって一番楽しみにしているゲームでした。
(ちなみにハードは1,2,3すべてゲームボーイアドバンスを利用しました)

初代は元々ファミコンのゲームだけあって難易度は高かったです。
というより難易度の高さの7割はエンカウント率の高さによるものでした。
特にホーリーローリーマウンテンはこのゲーム屈指の難関所。敵出過ぎぃ。強すぎぃ。
でも当時80年代でこれだけのクオリティを誇るゲームが誕生したことは驚嘆に値します。

2は元々がスーパーファミコン。
流石にファミコン時代の初代と比べると全体的に遊びやすくなっていました。
噂に聞いていたドラムロールシステムにも触れ、中々新鮮な戦闘が楽しめました。

物語の中盤を越えたあたりで、
プレイヤーの名前を教えてほしいみたいなイベントが発生します。
そのとき自分は昔のハンドルネームだった「しっこくのやみ」と入力しました。

これはおそらくエンディングを迎えるときのクレジットに、
入力した名前が表示されるものだと予想し(thanks player and..○○みたいなね)、
ちょっとしたおふざけのつもりでした。

それから数週間後、、、
そんなプレイヤー名をつけたこともすっかり忘れてしまったとある枠。
ついにMOTHER2はラスボス戦までたどり着きました。

このラスボス戦、実はこちらがある行動を起こさないと倒せない仕組みとなっており、
その行動とは「味方にいるポーラの専用コマンド"いのる"を使い続け、
それまで出逢った世界中の人々の祈りも届いてラスボスを撃破する
」という流れ。


誤算だったのは、世界中の人々の祈りとやらにプレイヤーも含まれていたことです。



そうなるとつまりこういうことになります。

















やめてくれ、その名はオレに効く(精神的な意味で)











しかも倒しちゃったしね。

なんかもういろいろと酷かったです。
ゲームには時として中二病な名前を付けてみたくなる時もありますが、
この作品にはやっちゃいけないことを学びました。感動が全部消えました。


MOTHER3は前作までと比べると異色なゲームです。
暗鬱で重苦しいストーリーが苦手な人には中々シビアな内容でした。
章仕立てでボリュームも前作よりか少なめですが、エンディングは感動。



あと、1と2の影に隠れてあまり語られませんが、
3も良曲多しですので是非聴いてみてくださいな。VCも出てます。


                  *
【真・女神転生】
本記念枠最後のシリーズであるメガテンです。
このゲームも手を出したことがなかったのですが、
ロマサガもクリア出来た主ならまぁ余裕やろと高を括っていました。

           しかしそれがいけなかった。


まずこのゲーム、非常にバグが多いことで問題です。
覚えてる限りで3回データやり直してます。(進行不可能になり詰んだ為)

それ以外にも

戦闘中にバフをかけるとバグり、
戦闘中にデバフをかけるとバグり、
防具の耐性効果がバグで無効化され、
アイテム欄の所持数が一杯だとバグり、
おまけにテキストメッセージもバグる。
              
…と、放送中だけでもこれだけのバグに見舞われました。


幸い、セーブ箇所は2つあるのでセーブデータは交互に使っていく推奨。
最悪バグが起きても片方(前のデータ)からやり直せます。(上書きしたら詰むけど)

そしてMAPの難解さが地味に苦労させられました。
MAPの表示画面は常に北を軸にしているわけではないので、
方位を変えるとMAPの表示位置まで変わってしまうという事態に。
この仕様を理解するまでの5,6時間はワケが分からずMAPを見ながら迷ってました。
(新しい階層にきた際に、出入り口(階段)がオートマッピングされないのも辛かった…)

あとバグではありませんが、
サマリカーム(対象を生き返らせる魔法)を唱えたら仲魔が消えました。

コメントの情報によると、どうやらサマリカームには失敗判定があるようで、
1/128の確率で仲魔が消滅するそうです。(ちなみに消えた悪魔は一番の主力だった)

放送を見に来てくれたリスナーさんたちも実際に見たのは初めてだったようで、
「貴重なものを見せてくれてありがとう^^」とお礼を言われました。やかましいわ


と、いろいろ苦労させられる場面も多かったメガテンシリーズですが、
1,2、ifどれも楽しく遊ぶことが出来ました。(特にボス戦はBGMも相まって白熱)
個人的に世界観は1、戦闘のやり応えは2、バランス回りはifが一番という印象です。











                   







                  *

そして残す記念枠は1000人記念枠のみとなりました。
(1000人記念枠の詳細は別途に記事がありますのでそちらをご参考に)


開始日は6月予定です。
細かい日時は決まり次第、コミュニティのお知らせに記載しておきます。
ではまたお逢いできる日まで。アディオスv(・ω・)v








































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に、放送中にリスナーさんから頂いたマザー(+メガテン)画像です。
900人記念枠中にコミュサムネとして使わせていただきました。
ありがとうなのだよ(´ω`)




















コメント

れもん/れむ
No.1 (2016/05/27 01:42)
お疲れ様です!漆黒の闇ネさんの放送が全然見れなくて悲しかったですが;;
今度は見れるといいなぁ。
クロネ (著者)
No.2 (2016/05/27 05:06)
>>1
ありがとうございます。
なんだかんだれもんさんは挨拶だけでも来てくれていたので印象に残っているんですけどね(´ω`)
夏には放送頻度が増え、見られる機会も増すことができると思いますのでよろしくお願いします。
あとそのハンドルネームはやめなさい。5925のダメージ受けるから。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事