某-のブロマガ

横山緑と七原を比べて見た

2018/04/09 15:53 投稿

  • タグ:
  • 横山緑
  • 七原
  • 暗黒放送
横山緑がオワコンと言われてから大分経ちますが未だに生き残ってます。
生き残っては居るんですが、今年に入ってからの配信はほんと酷いですね。

立川市議への立候補の為に立川市への居住実績を作るために深夜の配信が
出来なくなってしまい、昼から夕方にかけての配信が増えました。
これは七原とのガチンコを避ける意味でも都合が良かったのですが、
七原も昼間の配信をすることがあるので、それをされると昼間に枠を開けられず
かつ居住実績の事もあるので夜中にも開けられないという悪循環になってます。

更に企画系の配信でも去年大盛況だった引っぺがし隊は完全に不発
カイジGPでもPCもって会場をうろつくだけの内容…
カイジGPでは野田が山本と一緒に写真に撮られたりしながら早々に予選通過したり
七原は一発予選敗退と言う配信として見れば面白い終わり方をしてました。

しかしそうは言っても枠を開ければそれなりに閲覧は取れちゃうわけで
そこがまだ胡坐をかいてる部分なんじゃないかとも思います。
そこで横山緑と七原の数字を比べて見ました。
ニコ生の来場者は基本的に総閲覧と言われるモノで枠を開けてから閉じるまでの人数で
リアルタイムの数字は基本的には分かりません。
これがある為に暗黒放送の来場者数はオワコンと言われてる今でも高いんですね。
来場者に関しては七原と比べても負けてはいますがまだ誇れる数字です。

ですがコメント数が段違いなんですね。
配信時間にもよるので単純には比較できないんですが、七原は来場者の数倍行きます。
多い時は2万人の来場で10万コメなんてザラにあります。
一方横山緑は良くても来場者の1.5倍、酷い時は来場者と同じなんて事もあります。

この数字を見ると単純に七原の方がコメを書くリスナーが多いんじゃないのか?
とも取れるんですが、実はそうではなく総閲覧と言うニコ生の仕組みによる
部分が多いんじゃないかとも取れます。
どうゆう事かと言うと、横山緑の放送はやってれば惰性で見に来る人が居るけれど
毎度ループの配信で速攻でブラバしちゃってるってのが実情なのかなと思います。

つまり見に来てる人はまだまだ居るのだから、内容のある配信をすれば
リスナーは戻ってくるって事だと思うんですよね。
それを理解せずに七原を当てつけに使ってるだけとか思ってるんでしょうね。
更には自分のPCの問題で配信出来ないのをドワンゴのせいにしてみたり
まったく配信機材に金を掛けないってのも問題ありますね。
野田ですらゲーム配信するためにPC買ったりカブ買ったり色々してるのに…

ではでは。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事