某-のブロマガ

チャンネラーの考察・・・

2016/07/04 23:48 投稿

  • タグ:
  • 雑談系配信者
  • チャンネル
  • 横山緑
  • 石川典行
  • よっさん
  • 野田草履
  • 金バエ
  • まりにゃん
  • なないろ
  • あさのひかり

今回はチャンネル配信者個々の分析をして行きます。
と言っても全員を書くのは大変なので良く見てる配信者に絞りますね。

まずは横山緑から。
会員費は雑談系では異例の1080円。せんぱち会員と言われる所以です。
会員数は500人前後を行ったり来たりしてますが、会員費が540円だったら
どれくらい増えるんですかね?恐らくそれほど変わらないと思います。
払う奴は1080円でも540円も払うと思うので540円にしたら
今の収入は得られないでしょうね。
公約にもあるので有料配信は一切しませんが、会員特典は微細ながら付けてるので
一応は会員と非会員で差は付けてますね。

野田草履。
今の企業チャンネル乱立の初めの人ですね。
会員費は540円ですが、野田草履の手元に入るのは以前のブログの通り210円ほど・・・
会員数はチャンネル開設時200人ほど居たみたいですが、今はどれくらい居るんですかね?
開設初日に予想を超える入会数により、ヘラってカメラに向けて放尿をしてしまうと言う
とんでもない事件を起してしまいます。チャンネルのプレッシャーがもの凄い事が解ります。

よっさん。
自分が取締役を勤める企業チャンネル第一号で会員費は540円。
釈放と重なって初月の会員は600人くらい居たみたいですが7月に入り160人が退会したとか?
しかも月またぎでBANになってるので更に減ってる可能性もありますね。
有料配信もしっかりしてるようですが、アクティブが0になると言う汚点も残しました。
基本的にdis芸で持ってる配信者なので誹謗中傷が煩いチャンネルで何をするんでしょう?

ここからは今後取得する配信者と最近取った配信者で会員数等の情報がまったく解りません。

やみん。
ぶっちゃけ見てませんが、最新のユーザーチャンネル取得者なので一応書いてます。
まとめとかツイッター情報では有料で風呂配信をしたとかしないとか?
ぶっ飛びキャラのイメージが強かったんですが、やはりこれもチャンネルのプレッシャーで
そうゆう配信をしてしまってると言うことなんでしょうか・・・

金バエ。
割と囲いが多い配信者だと思うので以外にも会員数を伸ばせるのではないかと・・・
ツイキャスにも根強いリスナーが居るのでその人たちを連れてこれるかどうかですかね。
チャンネル取得のタイミングで引っ越してPCでの配信もままならない状態な上に
禁酒してる状態なのでどんな配信をするのでしょうか?
チャンネルBAN基準を考えても基地外配信は難しいでしょうし・・・

まりにゃん。
チャンネル開設から3日音沙汰がなくプレッシャーで配信が出来なかったとか?
筆者も暗黒と野田草履を見つつ横目で見てましたが、思ったほどアンチコメなかったですね。
つまりどうゆう事かと言うと、入会者が少ないって事なんだと思います。
囲い以外で入会してたら3日も配信しなかったらキレまくりのはずですからね。
本人もこれから何をやって行こうか完全に迷走状態みたいですが、この子がこけたら
恐らくこれから増えるであろう女性チャンネラーは難しくなるでしょうね。

ことか。
あまり見てない配信者ですが垂れ流しメインですかね。ゲームとかもやるのかな?
ちら見してる感じではアンチコメも殆ど無いし囲いしか見てない感じですかね。
となるとその囲い連中がこぞって入会すれば割と数稼げちゃうんですかね?
でも会員向けに何か特別な事をしないと直ぐに退会されちゃうでしょうね。

あさのひかり。
この人の配信もあまり見たことないですが、囲いは多そうなイメージです。
とは言えFC2で結構過激な事をしてる印象もあるので、会員になったところで
何か特別なものを見れるかと言うと難しいのではないかと思いますね。
そもそもFC2の稼ぎをチャンネルでは絶対に越えられませんしね。

なないろ。
恐らくこの子が企業チャンネル乱立で起りうる事の象徴みたいな感じですね。
どうゆう事かと言うと、ユーザーチャンネルは非常に敷居の高いものでした。
それを企業チャンネルと言う裏技で誰でも取れるのを証明した最たる例だと思います。
そしてこの子は恐らくプレッシャーに弱いと思うので有料でヘタする可能性が高い・・・

最後に石川典行。
チャンネル無いだろ!って話しですが、最近のニコ生回帰と相まって巷では
ユーザーチャンネル復活するのではないかと言う憶測が流れてます。
チャンネル剥奪前は会員数が1800人居たといわれていますので、横山緑と比較しても
雑談系ではぶっちぎりの会員数ですね。チャンネル運営は横山緑と真逆の方法で
有料配信を定期的に行い会員と非会員の差をはっきりと付けてました。
更には会員証を発行しレア感を出す辺り、一番チャンネル運営を上手くしてたんじゃないかと
筆者は思います。

と大まかにはこんな感じですかね。

上記にあげた中では横山緑と石川典行の2人には強烈な囲いが居て、それでチャンネルが
成り立ってるのが解りますね。よっさんにもひまわりと言う囲いが居ますが、
ひまわりの本質は他配信者のアンチで成り立っててよっさん本人に魅力を感じてるリスナーは
割と少ないんではないかと思います。

特に石川典行に関しては信者と言える程の囲いが多数居る上に、
会員にはそれに見合うだけの有料配信をすると言い切ってましたので
あれだけの人数を集められたんでしょうね。
横山緑もそれくらい強気で行けば会員数は伸ばせるんでしょうけど、
完全に暗黒ルールが邪魔をしてる感じですね。

と言う事で今回のブログはここまでです。
次回は今後チャンネル取得が予想される配信者を考えて見ます。

ではでは。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事