咲厨だけど麻雀やってみた

本には書いてないちょっと卑怯な麻雀講座 part1

2015/10/09 11:08 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 麻雀
  • 麻雀講座
  • 天鳳
タイトル通り麻雀講座やります。

Q:お前にそんな雀力あるの?
A:調子乗ってすんません。でもこれ見てちょっとでも戦績があがってくれる人がいたらいいなって思ったんですすんません



第一回ではネット麻雀で立直を受けた時の戦術をやります



立直を受けた時ってどうしようもないですよね。大抵の場合は降りたり回したり。
そんなときですが和了率を少しだけ上げる戦術です


とっても重要そうでしょう?
実は紹介する戦術はそんなに使う期会はありません


例えばこんな手牌

東1南家6順目 ドラ南
345m34p66s チー123mポン南南南 ツモ5m

リーチしている親の捨て牌 
西北中2p9m5m(←立直)

さてあなたなら何を打ちますか?

下に答えを書きますね 考えてから見てください










答えは当然 5m です。
問題を間違えたわけではありません
お前は何を当たり前のこと言ってるんだと思って戻るボタンに手をかけた方、ちょっと待ってください最後まで聞いて><



この場面、わざと持ち時間を使い切りましょう 。
そしてギリギリくらいに手出しで5mを切ります。


こうした時相手からはどう見えますか?
めっちゃ悩んで・・・めっちゃ悩んで結局現物の5mを打ち出したようにしか見えません
まるで僕が降りたように見えてしまうのです。

つまり他家は自分からの警戒が少しだけ薄れるんですよ!

そうなると何が起こると思います?

もしかしたらドラを鳴いてる自分の捨て牌を無視して立直の現物の2pを打ってくれるかもしれません

こうすることで若干の和了率が高まり、失点することも減るでしょう!!!!


ネット麻雀では時間制限があります。
制限があるってことはつまりこの時間は自分が自由に使っていいのです。
これを有効活用しない手はないでしょう。

前に描いたラス確記事と同じことです。
我々は少しでも戦績を上げる努力をしてるんです。


ほぼ三味線みたいなものですけどね 
天鳳のようにキック機能などがない麻雀でやるのがベストかな?

第一回 本には書いてないちょっと卑怯な麻雀講座でした。

コメント

キョン中佐@天竜寺龍雀士
No.1 (2015/10/09 11:32)
発想力の天才
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事