COJ浪漫紀行

個人的 ver.1 最終戦績の記録

2016/05/24 21:30 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • COJ
2016年5月21日が自分のCOJ ver.1のプレイ最終日でした。
ver.2こと『CODE OF JOKER S』は自分が体験した中ではシリーズ中最大級のバージョンアップ。なのでここは一つの大きな区切りだということで忘備録として自分もver.1の最終戦績を残しておこうという記事です。
自分がCOJver.1を本格的にプレイしていた期間は2014年6月~2016年5月。

戦績



全国対戦 1000戦 471勝 529敗
最大8連勝

バージョンアップ日が迫る中、ちょうどプレイ出来る範囲内で1000試合に届くことに気付いてしまったのでぴったり合わせました。おかげで計算しやすい。
勝率は47.1%。
自分はジプシー(流行のデッキを常に採用するタイプのプレイヤー)ではないし、作るデッキは大体B以上なので、プレイスタイルの割にこの戦績は悪くないのかなと思います。

TCGの経験こそあれ、いやむしろ下手に他TCGの経験があったが故にCOJならではのプレイングやデッキの構築方法が中々体得できず、プレイ始めたばかりの頃はかなりボロボロでした。その頃の負けが結構トータルに響いてますね。
じゃあ今は体得出来てるのかっていうと怪しいんですけども。

ランク



最終ランクは JⅢ でした。
APは 60601

結構みなさんJランク到達は簡単だろうって言いますが、いやいや楽ではなかったですね。SSランクあたりからもう気を抜けないプレイングが要求され作りこみが甘いデッキは容赦なく叩きのめされる。査定緩和があったので最終的にJIIIにいますが、緩和してなかったら今でも良くてJIVくらいだと思います。

流行デッキとか使わずにこのランクまで来ましたけど、そのスタイルでどのランクまでいけたのかっていうのは試してみたかった気持ちはあります。とりあえずこのJIIIが自分の上限か?というとまだ上いけそうという感触はありましたが、まあ何はともあれ時間切れですね。

各エージェント戦績



画像の通りです。

愛用したエージェントは仁・時矢・綾花・沙夜
まりね・星・軍司はあんまり使う機会がなかったです。

まりねは最初に選んだエージェントがだったこともあってそこそこ使ってますが相当負けが込んでます。「TCGでドロー能力が弱いわけがない」という考えからまりねを選んだんですけど、この考え自体は間違ってなかったですが初期はやっぱりカード資産とか少ないのでその強力ドローを活かせなかった。2番目に選んだ仁はすごくわかりやすく強い能力(クリムゾンブレイク)だったので初期にかなり活躍してくれました。

評価獲得数



これ正直意味はないと思うんですけど一応残しておくということで。
わかりやすく半分で分けると

良い B+ ~ S  601
悪い D ~ B-  399

評価の良さだけで見れば戦績を上回る6割。でもだからなんだ、って話ですよね。
他の人の評価をあまり見たことないのでこれがいいのか悪いのかわからない。そもそもみんなこの部分を競ってないと思うし。勝利時ボーナスに少なからず寄与しているのでまったくの無駄というわけではないでしょうがプレイ中に評価を意識したことはないですね。

他の最終順位



5/23のもので正確にはver1最後の日(5/25)のものじゃないですけど、もうあんまり変わらないのでこれで。自分あんまり順位に思い入れないんですよね。
APランクで店舗10位以内、エリア50位内に入れたあたりで満足しちゃいました。

まとめ

全国対戦1000試合は結構やったなーという感じですが、実はイベントでの試合をこの2倍くらいやってます。なので有人対戦数は実際は3000試合くらい。
このゲーム好きじゃないとこの試合数はやらないですわ。
本当にCOJって最高に面白いです。

実は新バージョンで戦績はリセットされないって噂もありますが、そうだったとしても自分の場合はわかりやすいのでまあいいかなと。新バージョンでもよろしくお願いします。

(C)SEGA

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事