COJ浪漫紀行

COJ Championshipの感想など

2016/05/23 23:30 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • COJ
2016年5月22日 COJ Championship 決勝大会が行われました。
自分も配信でがっつり楽しみましたのでその感想など。



決勝大会に勝ち進んだのは(以下敬称略)
mondial、OGR、きゅーへー、Josha、あーさー、おぱん、vogel、ちょもすの8名。
COJをプレイしているなら知っている方々ばかり。まさにCOJ version 1 の集大成を飾るにふさわしい面々でした。そしてOGR氏の優勝。

やはりトッププレイヤーの動きは素晴らしく本当に熱い試合ばかりで大変満足しました。とはいえ気になった点もあります。

突き刺さるガンメタデッキ

今回のChampionshipのルールの主な点は
・デッキ条件:フリー(一戦ごとに変更可能)
・使用ジョーカー:制限なし(事前にジョーカー申請を行い、途中変更不可)
の2点。

この一戦ごとにデッキ変更可能のルール。自分も第3回アルカナカップの福岡予選に出たことがあってその時も同じルールだったので、どうやってこのルールで勝てばいいか、というのをその際に真剣に考えました。
これでいこうと決めた方針は

主流デッキを想定し徹底的なメタデッキを作る

というものです。
いかに強力なデッキであろうと対策カードをつぎ込めば勝てるだろうと。今回の大会ほど対戦相手がはっきり判明してるわけじゃなかったですがAgent-Laboを駆使すれば最低でも愛用のエージェントはわかるぞと。まあ実際の試合では自分はメタを外して瞬殺されたんですけども。
しかし今回トッププレイヤーの方たちはこのルールを最大限に活かしていました。いやそれどころかもっとえげつなかった

今回のChampionshipであった7つの試合の内に2つの試合は相手のデッキを読み完全に対策を施したデッキによって勝負が決まっていました。

1回戦 第2試合 mondial vs Josha
「侍でいく!」と宣言してしまったJosha氏に対してmondial氏が出したデッキは侍ガンメタの青レベルコントロールデッキ。


容赦なく2人の侍を吹っ飛ばすmondial氏の《幽世のイザナミ》。

Josha氏はどのデッキにも対抗できる《開眼のアヤメ》で【加護】を付与して対抗しますが、ユニットの質やBPアップが主である侍に対して、ユニットのレベル上げちゃえばそんなの関係ないがモットーのレベコンに勝てるわけがなく、mondial氏の一方的な展開で決着。

決勝戦 OGR vs ちょもす
ちょもす氏の舞姫アリアンデッキ。予選も含めてここまでこのデッキで勝ち上がってきており相当にこだわりがあるデッキなのは間違いないです。しかしOGR氏が用意したのが舞姫アリアンガンメタのトリガーロスト。


ちょもす氏の《追い風》にぶっ刺さるOGR氏の《死神のランプ

追い風》など普段とりあえずトリガーに挿しておくことも多いですが、それらの行動が出来ないちょもす氏。OGR氏のデッキには《三叉・トリシューラ》や《死神のランプ》までフル投入し舞姫アリアン絶対殺すデッキになってました。
自分の動きをまったくさせてもらえないちょもす氏は1点もダメージを取れずOGR氏に敗れるのでした。

この試合はありなのか?

一見物議を醸しそうなこれらの試合ですがルールの上ではまったく問題ないんですよね。むしろルールを最大限活用したOGR氏が優勝するべくして優勝したと言えます。そしてきっちりメタした相手に勝ちきれるデッキを作ったトッププレイヤーは凄いなと思いました。
自分も上述のようにメタデッキを作ったことありましたが実際メタ対象のデッキが相手に来た時にしっかり勝ちきれるかどうかってわからないですもん。
ルールで出来るとされていることは最大限利用する。
そこに対して文句はまったくありません。

ただ特定のデッキを確実に殺しにかかるデッキを使った対戦が面白いかと言われると正直面白くないなーと思います。
別にこれは一方的な展開になったからじゃありません。
自分が面白くないと思う一番の理由が普段見かける通常の全国のデッキから遠いものになってしまうから
OGR氏が決勝で使ったデッキはトリガーロストとして質が高いですけど《死神のランプ》x3など通常の全国で使った場合に明らかに効果が期待できない場面もあるカードも入ってる。


死神のランプ》が3積みされてるトリガーロスト。これで全国対戦します?

これは個人的な願望ですけど大会の優勝デッキはやはりCOJプレイヤーがしのぎを削る全国の対戦の延長線上にあってほしいと思うわけです。
対戦相手が誰なのかどんなデッキが来るかわからない状況で戦うのが全国対戦。流行りのデッキを読んで対策カードを入れるくらいは出来ますが、相手プレイヤーを絞ってメタることは通常出来ないわけですよ。そういうことが出来る状況での強さはやはり全国対戦での強さとはまた違う種類の強さだと思います。
なので次の大会はデッキ変更不可のルールでお願いしたいと思います。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事