きゃんぱすのダベリング通信基地

R25ステッカーチューンとこれからのカスタム予定を(おまけあり)

2016/12/09 18:20 投稿

  • タグ:
  • 日記
  • バイク
  • カスタム
  • YZF-R25
  • YAMAHA


2年ぶりの更新だオラァ!












ブロマガを更新しなかった2年間でいろんなことが変わりましたね。
その中でも結構大きいバイクのことについて今日は一つ。
僕が今乗っているのはYAMAHAの250ccフルカウルスポーツモデル
YZF-R25

いろいろ手を加えてはきたのだが今回、
その買ったカスタムパーツについてきたメーカーのステッカーが溜まってきたので
その他も含めて一気にバイクに貼ってステッカーチューンを施しました。
(今までのカスタムについても後日記事を書くつもり)


仕上がりドン







XBOX ONE (本体はもう売ってしまったが貼る)
TECH SPEC
DAYTONA
fox capture plan (アーティストのステッカー)
PROGRIP
ワイルドスピード スカイミッションで配布された「ファミリーの証」



(見にくい写真しかなくて申し訳ない)

    Snap-on
同じく TECH SPEC
同じく DAYTONA
    LOSER (米津玄師さん新シングルの特典
同じく ワイルドスピード スカイミッションで配布された「ファミリーの証




こんな感じだ。なかなかレーシーな感じに仕上がったんじゃないかな?
もう一つヨシムラのステッカーもどこかに貼りたい。

そしてステッカーが貼り終わった辺りで何かが吹っ切れた。


(もっとカスタムしたい)

(あそこをもっと)

(もっとかっこよく)



パーツのカタログやウェブサイトを色々見て、大体ビジョン的なものが定まってきた。

紹介は手早く変えてしまいたい順に。
まずはここ


POSH「マシンドヒールガード」
POSH公式ページ


最初の写真を見てもらえれば分かるのだが純正の馬鹿でかいステップガードがダサい。
YAMAHAの正規販売店YSPの店員さん達も声を揃えるレベルでダサい。
メッキがすぐ錆びたりもする。正直いいところがない。
かと言ってバックステップキットは値が張りすぎる。
そう思ってた時に見つけたのがこれ。

ステップ自体は純正のままステップガードだけを変えるキット。
これなら比較的安価で引き締まった見た目になるだろう。


次!NEXT!


ZETA「ピボットストリートレバーセット」
ZETA公式ページ


ゼータじゃないのよ、ジータね。
今も前に買った黒赤のピボットレバーを使っているのだが、
実は5000千円で買った安物で、なんかガタガタするのよね。
それを定番のZETAに変えようかなと。見た目もスッキリ引き締まるしね。

今のも安物買いの銭失いって訳ではなく、
値段の割に結構頑張ってるクオリティだったと思う。
でもそろそろもっと信頼性高いのにステップアップしたいのね。


どんどん行きましょ


ワイズギア「スポーツスクリーン」
ワイズギア公式ページ


ワイズギア、つまりYAMAHA公式が出してる純正オプションのスクリーン。
純正のスクリーンはなかなかでかくてスクリーンだけ見ると
(どちらかと言うとツアラーか・・・?)みたいな印象を受ける。
それを小ぶりなこのスクリーンで、SSらしいテイストにするという訳だ。
薄めのスモークも相まってこれも引き締まった見た目になるだろう。

付けたいパーツとしてはとりあえずここら辺だろうか。



ここまで読んで、もしかしたら
(コイツいっつも見た目引き締めてんな)
とかみんなに思われてるかもしれない。

そうなのだ。僕が今からR25をカスタムする上でテーマみたいなもの、目指す所。それが
「スマートで引き締まっていて、レーシーな見た目」
まるで安倍首相の食レポみたいな響きだが、そんな感じで。









ここからはいつか必ず交換しなければいけなくなる
タイヤとその時一緒にいじりたい場所の話を。



このままのペースで走ってるとおそらく来年の夏辺りまでに
今のタイヤにスリップサインが出て、交換が必要になるだろう。

(せっかくだから次はいいタイヤ履かせたい)

バイク熱が暑い今この流れになるのはもはや必然といえよう。
今R25が履いてる純正のタイヤが
IRC 井上ゴム工業 の 「ROAD WINNER RX-01」
というバイアスタイヤ。


メーカーの名前こそメジャーではないが、同じタイヤが

HONDA CBR250R CB250F CRF250M

SUZUKI GSR250F GSR250S

KAWASAKI
 Ninjya250R Ninja250
Z250 D-TRACKER X

と、主な250cc車種の純正タイヤに採用される信頼性がかなり高いタイヤなのだ。
でも、でもだ。

ずっと純正なんて面白くないよなぁ!?





という訳で次のタイヤ、今一番の候補が


PIRELLI「DIABLO ROSSO II」
PIRELLI公式ページ


これだ。

ピレリがお好き?結構。ならますます好きになりますよ!
さぁさぁどうぞ、ピレリのハイグリップモデルです。
作りがラジアル。でもバイアスなんて重いしすぐ滑るわ燃費悪いわロクなことはない。
フルバンクエリアもたっぷりありますよ、どんな攻める方でも大丈夫。
どうぞ倒してみてください、いい食いつきでしょう。余裕のグリップだ、
コンパウンドが違いますよ



(無理やり合わせるためラジアルをボロクソに言う文章になってしまった。)
今の純正タイヤがバイアスだから次はラジアルにしようというとても安直な考えですね。

そしてこれタイヤパターンがかっこいい。タイヤパターン一つで印象ガラッと変わるから
これはなかなか好きだぞ。
(後ディアブロロッソ2とかいう名前もかっこいい)

そしてタイヤを替える時にやりたいのが
「ホワイトレター」
タイヤに入ってる名前やブランド名をペン等で白く塗るカスタムなのだが
これをすることでかなりレーシーな見た目になる。






とりあえず今はこの辺りだろうか。
もしこの記事にR25・R3乗りが来て他にオススメのパーツを知ってたら
教えてくれると嬉しい。コメントとかね。( 露 骨 )












おまけ


国道268号、熊本県水俣市から始まり宮崎県えびの市を経由。
宮崎市市内までをむすぶ道路。
かつては熊本から宮崎市内に抜ける主な幹線道路として多くの人が利用し、
とても賑わっていた。

しかし、1981年に高速道路宮崎自動車道が宮崎市まで全線開通。
多くの人が時間短縮のため高速に流れてしまい
268号線沿いには廃墟と化した店が増えていった。

ピクサー映画「カーズ」のルート66のような流れは、
けしてフィクションの中だけの話ではないのだ。



(はい、ちょっと脚色入りました今でも車通りは多いです。トラックが多い気もしますが。)




計器類の中に用紙が入っていた。どうやら平成8年より前には使用が停止されたようだ。
今からちょうど20年前になる。



綺麗に手入れすればまだ使えそうな雰囲気すら感じる。


こんな感じの建物が道路沿いにポツポツ点在しててもっと撮りたかったのだが、
この二枚目の写真を撮ったすぐ後に携帯の充電が切れたため
今回は泣く泣く帰ってきました。近々もう一回行こうかと。








今回はここら辺で。またここから更新し続けれたらいいですね。





大体バイクの事つぶやいてる気がするTwitter


いつもは生放送でGTA5というゲームをプレイしてます。
バイクの話題ももっと話したいと思ってたり。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事