さるのブロマガ

三回目

2019/11/02 12:46 投稿

  • タグ:
  • プログレパワー
  • メタル
  • 音楽
Galneryus/Into The Purgatory,12枚目のオリジナルアルバムです。
一曲目Purgatorial Flame,いつものオープニングトラック、前回と打って変わって激し目に開幕。いつものごとくプログレパワーらしいキーボードとギターのユニゾンがステキですね。キーボードソロからのギターソロはいつもの展開。
二曲目My Hope Is Gone,ずっしりとしたオープニングからスラッシーな疾走パート、そしてメロディックなギターがいい雰囲気、そして静寂パートになり、小野さんのきれいな歌声。
サビはいつも通りのGalneryusらしさだが、ボーカル過去最高音域じゃないかと思うほどのハイトーン。キーボードソロでは新しい音色で聞かせてくれますが、少々音量が少ないのが残念なところ。あとは全曲でも思いますがライドの音が大きすぎる気も。
三曲目Fighting Of Eternity,雰囲気あるSEからの壮大なオープニング、二曲目もいつもの疾走曲ですね、サビ部分は一緒に歌えるキャッチーさがいいですね、ソロ前は曲展開が変わり、プログレらしさが垣間見えます。キーボードソロ部分ではバッキングが技巧を全面に出してます、そしてギターソロへ、キーボードとギターのユニゾンは打って変わってお互いにソリをしあう新しい展開、耳をひきますね!
四曲目Glory,ドラムから始まる正統派メタルのようなギターリフ、ビートダウンしていき、幻想的なキーボードと中音域のボーカル、BメロではシンガロングできるようなコーラスANGEL OF SALVATIONで入ってそうな曲ですね。ギターソロは泣きや、テクニカルを織り交ぜたらしいソロ、ソロ後のボーカルとベースソロがありますが、音が小さく少し残念。高いテンションを続き終幕。
五曲目Never Again,メロディックなユニゾンソロから始まる曲。そしてキャッチーなギターリフがいいですね。二番からはギターが途中途中でテクニカルなギターがはいります。そして様式美な展開が続きます、ソロ後はゆったりとしたパートがふと安心しますね。ラス前は皆でコーラスができるような展開。
六曲目The Followers、YouTube等で先行配信された曲ですね、全編英語の曲は久しぶりのような、キャッチーなキーボード、しっかりとしたギターリフが好印象。ボーカルはエフェクトを使い、オペラチックな様相。途中途中はいってくるハイトーンがいいですね、今までとは打って変わって一番プログレ色の強い曲。そしてベースソロ、早弾きやタッピングを駆使したテクニカルな演奏ですが、音が小さいのが残念なところ。ドラムもゴスペルチョップを駆使して一体感のあるソロがすごいところ。
七曲目Come Back To Me Again,スラッシーなオープニングから始まる。DreamTheaterのような刻むリフがいいですね。キーボードソロでは一体感のあるバッキングがまたかっこよい。建築をするような曲構成からのギターソロこれも泣きとテクニカルが合わさったソロ。
八曲目Remain Behind、今作一曲だけのバラード。ピアノから入ってくる優しいボーカルがいいですね小野さんの声を最大限生かした快作二番からはほかの楽器隊が入ります。Bメロでは独立したギターリフが入ります。テンションの高い曲が多い中でこういうバラードは一服の清涼剤のようなすっきりとして、耳をリセットできますね。
九曲目The End Of The Lineキーボードのきれいな展開から始まり、その後はテンション高めの疾走リフが耳をとらえます。リフに合わせたボーカルがいいですね、Bメロはミドルパートサビはいかにもな壮大な感覚。ギターソロの後はオープニングのキーボードと楽器隊が絡みあい、プログレらしい曲展開。これでもかとテクニカルを押した怒涛のソロパートやユニゾンがすごいところ。ラストはお得意の泣きのソロからキーボードで終幕。
十曲目Roaming In My Memory、エンディングらしいピアノとギターが絡み合う逸品。
総評80点。いい作品なのですが、内容が濃く途中でくどくなってくるのが難点。ですが12枚目とたくさん出しているバンドなので貫録は十分というところですかね。





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事