超熟トマトの墓場

[スパロボα]サルファまでにリストラされたキャラクターってどうなったの?

2014/01/08 18:43 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

[ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日(αのみ)]

ジャイアントロボに出演するキャラクターは、殆どが作者・横山光輝原作の漫画、アニメの主要人物がスピンオフで登場。
いわばこの作品自体が、横山光輝作品のオールスター的位置づけである。


その為、個々のキャラクターに対しての版権料の割合が高く、加えてロボットを操縦しない非戦闘員キャラクターが大半なので、
その後から2014年現在までのスパロボには一切出演していない。大人の都合が見え隠れする作品の一つだ。


「弱い」という印象を払拭できないまま退場となったシリーズなので、
今一度登場してもらい、強いジャイアントロボを見てみたい物である。


なお、ジャイアントロボが出演したスパロボは、αを除けば64のみ。
東方不敗と衝撃のアルベルトの生身殴り合い対決が見たい人は是非64をプレイしてもらいたい。(ステマ)


[機動戦士ガンダム0080(αのみ)]
ゲーム中のプレイアブルキャラクターはクリスとバーニィのみ。
しかもバーニィは若干面倒臭いフラグを立てないと仲間になってくれない。

おそらく、原作同様ミンチより酷い状態になってしまったのだろう。


[聖戦士ダンバイン(αのみ)]
バイストンウェルに居れば安全なので引きこもりを始めた。


[機動戦士Vガンダム(α、α外伝)]
未来世界での戦いを終え、ロンドベル隊と共に現代に戻るはずだったが、
何故かウッソだけは時間を遡り過ぎたらしく、江戸時代末期にタイムスリップしてしまう。

未来人である素性を隠す為、「新八」という偽名を使って生活している。


残るリガミリティアのメンバーも、シュラク隊を始めとした殉職者の法事が連日連夜続いており、
「戦争どころではない」と参戦を拒否しているようだ。


余談だが、昨今、日本のとある一軒家で、
カエルの着ぐるみを着てガンプラ作りに精を出すカテジナさんの姿が見受けられた。



[∀ガンダム、ガンダムX、戦闘メカ ザブングル(外伝のみ)]
ロンドベル隊が数万年後の未来へタイムスリップした際に出会った未来世界のメンバーなので、
以降の作品には出演していない。

唯一、ソシエお嬢様らしき人物がブレンパワードに乗っているとの情報があるが、定かではない。


[銀河旋風ブライガー(外伝のみ)] 
α外伝の新規参戦の中で、唯一現代編で加入するのだが、何故か以降のαシリーズで全く登場しない。

「お呼びとあらば即参上!」
の前口上と共に登場する彼らだけに、お呼びがかからなかったのだろう。


[魔装機神(α、α外伝)]
初代スパロボ~コンプリートボックスまでは、
スパロボの発売元はバンプレスト、開発元はウィンキーソフトであった。


魔装機神やラ・ギアスの構想もウィンキーが手掛けたので、
スパロボのオリジナルでありながら、版権云々が色々とややこしい状態になっている。


当時は会社間の不仲説も飛び交っていたが、最近になってPSPで魔装機神のリメイクや続編が作られたり、
第2次OGsではEX以来となるラ・ギアス編も導入され、今現在ではそれほどでもないと思われる。


そんな大人の都合的な話はともかく、シュウとの決戦もα外伝で終結してるし、
ラ・ギアスの情勢やら復興の問題で忙しいのではないかなと思う。(適当



[ブレンパワード(ニルファのみ)]
地球のエネルギーを根こそぎ吸い上げて宇宙へ飛び出そうとする物騒な飛行要塞オルファン。

αナンバーズのメンバーがオルファンと接触した際、
同タイトルのメインヒロインには、オルファンの姿が小さな少女の姿に見えたという。

「友達になってくれたらエネルギーを残してあげる」みたいな要求をしてきたらしく、
要求を飲まないと地球が危ないと判断したブレンパワードの乗組員たちは、

機体、一部は人員ごとオルファンと共に当てのない宇宙の旅へと旅立つ事になった。
そして、地球へ帰りたいと思っても帰れないので、やがて彼らは考えるのを辞めた。


[クロスボーンガンダム(ニルファのみ)]
ナウい人は戦いを辞め、ベラ様とイチャつく宣言をしちゃったが、その後の消息は不明。


トビアは戸籍も死亡扱いになって、海賊を生業にするしかないと諦めていたが、
後にシェリンドンに身柄を拘束され、平和主義ニュータイプ洗脳教育を受けている。


ビルギットはラフレシアが雑魚として大量生産されていたので、劇中のどっかで死んでる。


ED会話にすら出してもらえないアンナマリーさんは知らん。


ドレルなんていなかったんや。


[ロザミィ(Zガンダム)]
αのみ。 フォウとの2択なのだが、正史ではフォウが選ばれた事になり、名前すら出してもらえない。

カミーユの事を「お兄ちゃん」と呼ぶ彼女だが、公式ではカミーユもロザミィも17歳らしい。
どう見てもロザミアの方が年上に見えるんだが・・・おっと誰か来たようだ。


[アポリー&ロベルト(Zガンダム)]
カミーユと間違えられて精神を持って行かれたと思われる。
αのみ。


[タケル将軍(鋼鉄ジーグ)]
ニルファのみ。 ゼンガー編限定の隠しキャラクター。 1度だけ敵として対峙するが、鋼鉄ジーグで倒すと後に加入する。

サルファでは名前も出してもらえない為、正史はゼンガールートを通過していないか、
鋼鉄ジーグの主題歌通り、ハニワ幻人という事を理由に全滅させられたのであろう。

なお、スパロボではそれほどでもないが、アニメだとふとましい。


[キャプテンラドラ&武蔵(ゲッターロボ)]
ニルファのストーリー中盤、恐竜帝国の最終決戦の際、仲間を助ける為に武蔵は命を落とす。

・・・のだが、とある条件を満たせば恐竜帝国の将ラドラに助けられ、共に最後まで戦ってくれる。

しかし、この条件というのがスーパー系主人公限定、かつ、
「自力でこんなの気づくわけないだろ・・・」とぼやきたくなるような、とてもややこしい条件なので、
サルファでの正史では有無を問わず死亡扱いにされてしまった。合唱。


[ハマーン・カーン(ZZガンダム)]
プレイヤーの成果次第では敵として散るか、武蔵やタケル将軍同様、仲間として最後まで戦ってくれる。


しかし彼女の場合は別段難しいフラグがあるわけでもなく、
終盤の選択肢で協力関係を結ぶだけであっさり仲間になってくれる。


始めは一時的な休戦措置ではあるが、オルファンで見た人の心の光、シャアとの決着を経て、
ジュドー達と分かり合えたような描写もあるだけに、正史が死亡扱いとなるのは非常に勿体ない。


もし、サルファに前作データのコンバート機能があれば、ハマーンが生きていたシナリオとか作られていたかもしれないが、
序盤から味方でいるハマーン様がいる光景は、それはそれで嫌である。


[ウモン爺さん(クロスボーンガンダム)]
天寿。



以上が事実と推測を適度に混ぜた自分なりの回答。

時折、ゲーム中のキャラクターが昔の話を語る描写があるが、
版権という障壁を越えられない作品に関しては、人物、団体、事件に関して名詞を出せないので、

出演していない過去の戦友を一緒くたに「あいつら」で統括されてしまっている様は、
ゲーム的には仕方ないのだろうが、テキストを読んでて空しい気分になります。


コメント

アイコch!
No.1 (2020/04/26 05:00)
テキサスマックもαだけでリストラされてましたよね確か
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事