ケアル唱えても癒されない

【ダブル】World Championships 2016 Day1【マスターカテゴリ】

2017/01/01 20:56 投稿

  • タグ:
  • VGC2016
  • WCS
  • ポケモン
  • ORAS
  • ダブル
第1弾から期間が空きすぎましたが,第2弾は今更のWCS2016 DAY1について.
表題の大会に参加しました。
結果は3-3のドロップ,振るいませんでしたが環境の考察が非常に甘かった自分の未熟さが招いたことなので仕方がないと考えています.後悔はありません.
■使用PT



PJCS2016予選の構築はあくまで同じ相手とは2回マッチしない想定で組んだため、少なくともそれをそのまま持っていくことは考えていませんでした.拘りであったゴチルゼル+クチートを軸にカイオーガを添えるところまでは確定させたものの、残りの3枠についてはなかなか決まらない足踏み状態が続きました.

■個別解説


特性
きもったま→おやこあい
個体

181-146-101-*-101-156(メガ進化前)

ねこだまし おんがえし グロウパンチ まもる



特性
ひでり→おわりのだいち
個体

175-*-160-152-111-156(ゲンシカイキ前)

だいちのちから ふんか 10まんボルト まもる



特性
かげふみ
個体
176-*-119-115-176-83

サイコキネシス マジックコート ちょうはつ トリックルーム



特性
あめふらし→はじまりのうみ
個体
205-*-134-198-161-85(非理想・ゲンシカイキ前)

ねっとう しおふき れいとうビーム まもる



特性
プレッシャー
個体
166-*-103-176-110-167(非理想)

10まんボルト でんじは ねっぷう めざめるパワー(水)



特性
いかく→ちからもち
個体
157-121-106-*-89-84(メガ進化前)

アイアンヘッド じゃれつく ふいうち まもる


■渡米前

直前はShowdownにて練習を行っていました.1808まで行き,上記構築で行くことを決断.

■現実
甘くなかった.対戦ログ的なのは時間があるときに追記できればしていきます.


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事