ケアル唱えても癒されない

【ダブル】ライコウズルズキン

2016/05/15 21:42 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • ORAS
  • ダブル
  • ライコウマンダ
  • ライコウ
  • ズルズキン
  • ボーマンダ
前回記事のボーマンダズルズキンの改良型.シーズン15では現段階で55-20で1918.
数字の通り,大きい連勝を要求されないレーティングバトル向けのPTとなります.
本来,運要素を潰していく立ち回りが可能な構築が理想なのですが,本PTはその性質上,それに該当するとは言えない構築であるということをあらかじめ言及しておきます.
考えること,不確定要素に頼らないプレイイングを主眼に置いている方の参考になればと考えています.




①個体解説

[ステータス] 
165-*-95-167-116-183(非理想)
[性格] 
おくびょう
[特性]
プレッシャー
[持ち物]
ぼうじんゴーグル
[技] 
まもる 10まんボルト めざめるパワー(氷) バークアウト
[解説]
 私のPTコンセプトとして,特性のいかくを利用したサイクルによる対面有利の実現 というのがあります.電気枠として一般的に採用されやすいのはボルトロス,サンダーですが,そのどちらも今回採用しているボーマンダと弱点が被ります.サイクル戦において,弱点が被るポケモンの採用は控えた方がよいため,それを念頭に置いた時に素早さで2体を上回るライコウが浮かびました.プレッシャーの特性により,環境に特に多いランドロスのスカーフを判定できるのは便利ですし,持ち物の可能性を1つ削ることができるはサイクル戦では重要です.また,このポケモンはその素早さの高さからサイクル戦に役立つ多くの技を覚えることができます.まもると一致技の10まんボルトは確定として,真正面から決まるケースこそ少ないですが,ボルトロスランドロスに対して一貫するめざめるパワー,相手の特殊型を弱体化させるバークアウトを今回の構成としています.バークアウトの採用は,命中が100ではないのがネックですがライコウ自身がちょうはつをもらいやすいポケモンあることと,このポケモンをアタッカーのつもりで採用していることに起因します.
 次に持ち物のぼうじんゴーグルの採用についてです.アタッカーであるということは,単体技に関して可能な限り当てたい方向に攻撃を命中させること,眠り状態にならないことが大事です.つまり,ランドロス同様に環境に多いモロバレルのいかりのこなとキノコのほうしを意識しています.例えば,モロバレル+マリルリに対してキノコのほうし+はらだいこやいかりのこな+はらだいこのコンボを妨害することができます。これは極端な例ですが,相手の一方的な行動を許さないのは非常に強力です.ちなみに眠りといえばドーブルのダークホールの存在がありますが,ドーブルがいるときはそもそも選出しないことがほとんどなので考えないことにしました.


[ステータス] 
172-154-138-*-135-72
[性格] 
いじっぱり
[特性]
いかく
[持ち物]
ラムのみ
[技] 
ねこだまし ファストガード はたきおとす ドレインパンチ
[解説]
 サイクルで欲しい要素である,いかくの特性をもつポケモン.配分は防御<特防にする方が昨今増えたポリゴン2を強化させないためにもいいと思います.持ち物と技の採用については昔掲載した構築のズルズキンのそれとほとんど変わりません.自身を含めた味方の状態異常を交代することで防げるようにしたラムのみ.ねこだましでターン稼ぎをはじめとした行動妨害,エースが麻痺すると負けの確率がググーんと上がるのでそれ(ついでに先制技妨害も)を防ぐファストガード,ボルトランドクレセリアなどをターゲットにはたきおとす,サイクルでの存命意識のドレインパンチ.十分な働きをしてくれると思います.


[ステータス] 
171-187-100-*-100-167
[性格] 
ようき
[特性]
いかく→スカイスキン
[持ち物]
ボーマンダナイト
[技] 
まもる りゅうのまい おんがえし はねやすめ
[解説]
 PTのエース.有利対面での削り性能は申し分ないです.攻撃技はおんがえししかないものの,半減でもそれなりのダメージになるので十分に圧力になり得ます.ふいうち透かし,どくどくの時間稼ぎのためのはねやすめも強力です.いかくを有効利用するためにもメガ進化のタイミングを間違えない冷静さも必要です.


[ステータス] 
164-*-170-70-220-86
[性格] 
おだやか
[特性]
バトルスイッチ
[持ち物]
たべのこし
[技] 
キングシールド ワイドガード シャドーボール どくどく
[解説]
 いかに有利対面をつくれるかを考えるに当たり,このポケモンの受け性能は他のポケモンを守る点で非常に優秀です.しかしその一方でいかにこのポケモンがボルトロスやヒードランにまともに対面しないかということも併せて考えなければなりません.昨今のボルトロスはちょうはつやいばるという妨害技が入っており,ヒードランにはみがわりを張られやすいです.選択肢を自分から減らさない工夫をしていきましょう.採用技のどくどくはボーマンダのおんがえし圏内に入れることや相手の交代誘発も兼ねます.無償でうてればいい形で交代サイクルを決められて強力です.主にボーマンダが一方的に苦手な中速ポケモン(例:スイクン,ボルトロス,ミロカロス,クレセリア)や害悪構築の中心ポケモンにうっていきたいです.


[ステータス] 
202-*-136-115-110-82
[性格] 
ずぶとい
[特性]
マジックガード
[持ち物]
ゴツゴツメット
[技] 
てだすけ このゆびとまれ ムーンフォース つきのひかり
[解説]
 単体攻撃技の吸収ができるポケモン.氷弱点を避けるためトゲキッスではなくピクシーです.主な役割は以下につきますが,つきのひかりは一考の余地はあると思います.
 ・いかくを前提としたゴツゴツメットによる対接触攻撃に対する削り
 ・調整崩しのてだすけ
 ・このゆびとまれによるボーマンダのりゅうのまい補助及び害悪構築の自己暗示妨害
 ・対悪性能のムーンフォース


[ステータス] 
153-146-92-*-89-178
[性格] 
いじっぱり
[特性]
はやてのつばさ
[持ち物]
こだわりハチマキ
[技] 
ブレイブバード フレアドライブ おいかぜ(とんぼがえり) ねごと
[解説]
 半ば強引ですが,主に雨PTや滅びPTに対して選出し,ブレイブバードでゴリゴリ削ってボーマンダで突破を図っていきます.

②選出
②-1以外はあくまで例です.
②-1:基本

②-2:ミロカロス入り

②-3:キリキザン入り

②-4:滅び

②-5:ちいさくなる

②-6:雨






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事