中国産のご機嫌なブロマガ

対談

2014/03/25 11:45 投稿

  • タグ:
  • ご機嫌にあえぐな
  • 中国産
  • 中田英寿
  • 千石正一
  • いや、まいったね


スペシャル対談

中田英寿(元サッカー日本代表) × 千石先生(元動物奇想天外名物キャラ)



――――――――――――――――――――――――――――
ある意味最も人間らしい行為ですよね
――――――――――――――――――――――――――――















中田 英寿
1977年1月22日うまれ
山梨県甲府市出身の元サッカー選手
元日本代表
愛称はヒデ
FIFA親善大使
株式会社東ハト執行役員
一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」代表理事
観光庁「アドバイザリー・ボード」メンバー
今回の対談にかなりの意気込み







千石先生 「始めましてですよね?」

中田英寿 「いえ、以前プールで」

千石先生 「そうでしたね、失礼しました」

中田英寿 「はい」

千石先生 「早速ですけど戦争ってどう思いますか?」

中田英寿 「?」

千石先生 「戦争ってどう思いますか?」

中田英寿 「ある意味最も人間らしい行為ですよね」

   ボトッ (天井からヘビが落ちてきた)

千石先生 「ハァ…ハァ…」

中田英寿 「どうしました」

千石先生 「すいません大変珍しいヘビだったもので」

中田英寿 「そうですか」

千石先生 「ハァ…ハァ…」

中田英寿 「大丈夫ですか」

千石先生 「すいません、我慢します」(唇を噛みしめる)

中田英寿 「興奮してるんですね」

千石先生 「んギュー」(歯を食いしばる)

   (口から大量の出血)

中田英寿 「ちょっとちょっと」

千石先生 「ぢをべでおぼいばしまじだ、だかだだんにどっでぜんぞうどば」
      (血を見て思い出しました、中田さんにとって戦争とは)

中田英寿 「止めどないなこりゃ」


~20分中断~






――――――――――――――――――――――――――――
ウヘヘ
――――――――――――――――――――――――――――







千石 正一
1949年4月23日うまれ
東京都世田谷区出身の動物学者
主に爬虫類と両生類を扱う。
財団法人自然環境研究センターの研究主幹
東京環境工科専門学校講師
帝京科学大学、星槎大学客員教授
TBSテレビの『わくわく動物ランド』や『どうぶつ奇想天外!』に出演
2000年、「みどりの日」自然環境功労賞環境庁長官表彰(環境教育)を受賞
初代レッドカーペット賞を満点大笑いで受賞
2012年2月7日、がんのため惜しまれつつも62歳で死去
この日のために、奇跡の生還を果たしていただいた





千石先生 「ちなみに中田さん今のご職業は?」

中田英寿 「旅人です」

千石先生 「そうですか」

中田英寿 「千石先生は動物奇想天外が終わってから全くテレビで見ないですね」

千石先生 「かなり人気なかったですからね」

中田英寿 「そうですか」

千石先生 「戦争の話題ってなんだか悲しくなりますね」

中田英寿 「?」

千石先生 「戦争の話題って悲しくなりますね」

中田英寿 
「そうですね」

千石先生 「明るい話題にしましょうか」

中田英寿 「賛成です」

千石先生 「じゃあどうでしょう、なぞなぞなんかやってみません?ウヘヘ」

中田英寿 「なぞなぞ?」

千石先生 「ええ、交互にお題を出し合って答えられなかった方の負け」

中田英寿 「良いですね。では命を賭けましょうか」

千石先生 「乗った」

中田英寿 「お互い失うもの無いですもんね」

千石先生 「では私から」

中田英寿 「よしこい」

千石先生 「第一問。上は洪水、下は大火事、なーんだ?」

中田英寿 「バティストゥータ」

  (宙に舞う中田の首)

千石先生 「今日は貴重なお時間ありがとうございました。またよろしくお願いします」

中田英寿 「いや、まいったね」















コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事