チラシ之裏広告

キチガイさんといっしょ(ニコ生視聴の心得 おしまい)

2013/03/04 20:30 投稿

  • タグ:
  • ニコ生
  • 日記
  • 雑記


では、ニコ生でやってはいけないことの続きを。

ニコ生にはいろんなジャンルの放送がある。いろいろある中でアウトロー系生主(以下「チンパン」と呼ぶ)という存在がある。これは文字通り無法者、いわゆる犯罪者・前科者・(元)893といった者達である。体に書いた落書きを見せてるアホもチラホラ。そして日々お花畑な武勇伝を語っている。ただ、ニコ生に居るのは、犯罪に大小はないものの、しょっぱい犯罪者ばかりである。

ん!?俺の事disってんの?

このチンパン共は関わるメリットが一切無い。チンパン共に対しては、からかったり、怒らせたり、通報して遊ぶのは結構である。しかし、スカイプでコンタクトをとったり放送外で絡んではいけない

ニコ生上チンパンを信用したり関わったりする者は後を絶たない。それはなぜか。
チンパンはとにかく常に他の生主と揉めている。その放送上揉めている相手に対して「
おら、てめぇ、ぶっ殺すぞ!!」的な事を言いつつ、リスナーに対しては「今日はごめんね。来てくれてありがとね」と言って笑顔を見せる。他には、自分がいかにブチキレた存在かを話す一方で、困っている人を助けた的ないい話もしたりする。そんなギャップを巧みに利用するのである。いわゆるギャップ萌え・汚いツンデレである。単純な思考の人はこれに簡単に引っかかってしまうのだ。


べっ、別にあんたのために放送しとるわけやないんやさかいにな・・・よってに


これにより、「本当は優しい」とか「スジが通って男気がある」とか言う人もいる。しかし、この汚ツンデレは、チンパン共が頭の弱い人又は若い人達を取り込むための常套手段、彼らの処世術の一つなのである。そもそも「本当は優しい」人間がアウトローなんてやるはずがない。「男気がある」人間は、道を踏み外さず全うに生きている。
若い人はアウトローに憧れたりする傾向があるが、ニコ生のチンパンに関われば食い物にされるだけである。もし、「アウトローとして生きて行く」というおつむの弱い人が居るなら、ニコ生というちっぽけな世界でイキがってる人に憧れないで、もっと本物の世界を追求すべきである(今までの漢字読めるかな?)。

これは世間一般での話しだが、「本物はかたぎには手を出さない」とかいうアホな話がある。しかし、このチンパン共はかたぎにに手を出してこそ自分達の生活が成り立っているので、そんな話も信じてはいけない。麻薬や闇金を想像するとわかるであろう。


ニコ生の実質
ニコ生はテレビとは違う。アングラ感がある。」なんて言われる事がある。しかし、ニコ生にあるジャンルを見て欲しい。雑談・声真似・外配信・車載・料理・音楽系・動物系・喧嘩・・・など等。これらは、テレビやラジオでもやっていた、または実際やっている。全く新しいものは無い。そんなニコ生にテレビと違う新しさ・アングラ感というものをあえて付与するならば、結局「キチガイ要素」なのではないだろうか。前述のジャンル名の前に「キチガイの」と付けるとニコ生らしい。いっそ「ガイキチ生放送」とすればよい。


最後に

ここまで読んでくれた人はありがとう。まあ、肩の力を抜いて気楽に楽しめたらいいってこと。
最近いわゆる人気の生主は、あわよくば芸能界からお呼びがかかる最低でも運営からお呼びがかかることを目指してるのか素人らしさはなくなりプロっぽく振舞うようになってきている。ただの「おしゃべり」を「トークスキル」と言っている始末。その上、レコーディングでもするのかと思えるほどの、身の丈に合わない機材まで用意している者もいる。それでも、訓練するわけでもなく、また才能もないため、テレビ・ラジオの真似事の域を出ていない。キチガイらしさはどんどん少なくなり、テレビの劣化版化が激しい。あなたの貴重な時間を費やしてまで視聴する価値はない
これからの生主には是非、この現状を打破すべくその人生を削ってキチガイを惜しみなく発揮してもらいたいものである。



キチガイさんといっしょ  おしまい

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事