ちゃふぐれねーどの地下室

言問支社 その舞台裏60 【55話の解説①】

2017/12/25 23:08 投稿

  • タグ:
  • A列車で行こう9
  • VOICEROID実況プレイ
  • 結月ゆかり実況プレイ
  • 紲星あかり実況プレイ
  • ニコニコ鉄道株式会社
  • 鉄道
  • 東北きりたん実況プレイ

【言問支社 その舞台裏とは】
ゲーム「A列車で行こう9」を使用した架空鉄道ワールド「ニコニコ鉄道株式会社(ニコ鉄)」内で展開される一シリーズ(支社といいます)であるところの「言問支社」シリーズの解説を行います。
動画という限られた時間で詳細な背景について解説し、皆さまからのコメントに対応することには限界があるため、あくまでも本編とは別に進めていくものです。

【55話について】

前回が10.19でしたから、ペースを落としたほうがいいという要請もあったりなかったりしたので2ヶ月あきました。

今回の話題は幻想郷開発鉄道の北京橋への編入です。

各自の制作がバラバラなところもあり、調整には相当苦労しました。文字通り列車ごと宙に投げ出してやろうかと思ったこともありますが、中央がそんなことをしていいわけがないので、直通開始発表に関しては、正調に同時うpで調整しました。


さて、本編紹介です。一度に書くと粗くなるので、3つぐらいに分けます。
【OP】
いつも通りの展開です。収録箇所は今回登場する稲荷公園駅付近。
車両は50系客車を緑皮に塗り替えたもの。

実は動画と反対側はこのように豆腐だらけになっていました。
【冒頭部】

「これでは万全を期したとは言えない」

ゆかりさんに人を信じろというほど酷なことはないです。
オーバーキルしないと生きた心地がしないのです。

「生存圏を東方に求めることにしました」

画像は毎度おなじみのHOI4のキャプです。
当然「東方生存圏」がセリフの念頭にありました。

「ポーランド分割」

事前に密約を結んで人のテリトリーを分割するということから着想。

「反乱軍の連中め、そこを動くな」

内容に他意はありませんが、セリフ自体は五共ネタです。


「戦車でお前らの首をふっ飛ばしてやる」の前に出てきます。

【各駅紹介】

背景画像はSLやまぐち号のグリーン車にある展望室です。
所構わず写真を撮られるので落ち着かないところでした。
撮影した写真をSNSにアップしないように規制したら静かになるでしょうけど。

「クレムリンの考えることなので」

幻想郷開発鉄道の主・四紅氏のHNがキリル文字で無知蒙昧の民たる小生には読み取れなかったので「ロシアかぶれならクレムリンと呼んでおけばよかろう」という乱雑な理由で彼が慣例的にクレムリンと呼ばれていることによります。
ぶっちゃけ彼が何を考えているかよくわからないことがあります。
【アイキャッチ】

\アッカリーン/は誰かがやると思ったのでやりました。
ジングルはゆるゆりから。
「全然わからん」

ジャガーマンの見すぎで全然わからんになりました。
東直門駅の配線がぐちゃぐちゃなわけ

特急等を止めつつ南側に車庫があるという特殊事情から、考えられる限りの連絡線を引きました。複々線が絡むと一気に複雑になります。

各駅の由来
どういうわけか今回は富山ネタです。
・稲荷公園
富山地鉄稲荷町駅の近くに実在する公園から。
・岩倉寺
これまた富山地鉄岩峅寺駅から。
・美女平
立山ケーブルカーの駅から。
・鹿島槍増
鹿島槍ヶ岳から。
・結衣ヶ浜
由比ヶ浜から。
・戸沢高原以北の各駅
クレムリンが命名したので彼に聞いてください。

【アイキャッチその2】
アッカリーンはアッカリーンなのですが、exVOICEに「はい」があったので、
Dustoidにくっつけてみました。

3:13付近をご覧いただければ何がしたかったかお察しいただけるかと。

今回はここまで。
後半部は近いうちに書きます。









コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事