再生時間
142:54
再生数
134
コメント数
0

コメント不可

マイリスト数
2

韓米FTA・NAFTAからの警告─メキシコ・韓国・ニュージランドの論客たちが日本のTPP参加に警鐘を鳴らす

入会すると見放題になる動画です

THE JOURNAL

チャンネルに入会 ¥550/月 (税込) 入会で見放題になる他の動画をチェック
単品購入の方はこちらから

利用規約と視聴デバイスをご確認の上ご視聴ください。

視聴可能なデバイス
  • PC/Mac
  • iPhone・iPad・iPod Android・その他

タグ

5月末日、市民グループ「TPPに反対する人々の運動」はメキシコから一人の女性・マリカルメン氏を呼んだ。そして、各地をまわり、全国あわせて約1000人が彼女の話に耳を傾けた。「メキシコは2012年にTPP交渉に参加している。TPPはNAFTA(北米自由貿易協定)よりも悪い結果が待ち受けているだろう。日本には、メキシコの苦い経験から学んでほしい」彼女が訴えたのは、自由貿易協定(FTA)によって市民が、労働者が、そして農民が突きつけらてきた厳しい現状だった。メキシコは今から19年前、アメリカ・カナダとNAFTA(北米自由貿易協定)を結んだ。「メキシコは食料主権を失った」というマリカルメン氏。この約20年の間に起こったことは、主食のトウモロコシが国内からなくなり、農家は激減するという最悪の事態だった。「衝撃的な話だった」新潟県上越市でコメを作り、「TPPに反対する人々の運動」の共同代表をしている天明伸浩氏は、集会の終盤にメキシコや韓国、ニュージランドのゲストの話の感想を述べた。「TPPに入っても農業のブランド化を進めれば“強い農業”が残る」そんな話がTPP推進論者からは聞こえてくる。しかし、一足先にNAFTAや韓米FTAを結んだメキシコ・韓米のゲストの話から透けて見える日本の将来は、それとは真逆の世界だった。自由貿易が着々と進んでいくなか、どんな将来を自ら切り開いていけばいいのか。反対をしているだけでよいのか。映像の終盤では、TPPにどう対抗していったらよいのか、という話に発展していきます。この2時間に多くのヒントが隠されているはずです。【TPPをとめる!5.30国際シンポジウム─韓米FTA・NAFTAからの警告】ゲスト:【01:00】Jane Kelsey(ジェーン・ケルシー/ニュージランド/オークランド大学教授)【21:18】Maricarmen llamas Montes(マリカルメン・リャマス・モンテス/メキシコ/電信労組)【49:30】金鐘佑(キム・ジョンウ/韓国/弁護士)【60:13】権寧勤(クォン・ヨングム/韓国/韓国農漁村研究所副理事長)【76:50】朴錫運(パク・ソクウン/韓国/韓米FTA阻止汎国民運動本部共同代表)【97:15】天明伸浩(日本/星の谷ファーム・TPPに反対する人々の運動共同代表)【103:40】パネルディスカッション(メキシコ・韓国・日本から)【135:16】写真スライドショー

配信期間

2013年06月09日 20:05 から

2038年01月01日 00:00 まで

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

THE JOURNAL

THE JOURNAL

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細